「リーガルハイ」シリーズの脚本家、古沢良太が手掛ける「コンフィデンスマンJP」シリーズの劇場版第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』(2022年1月14日公開)。本作より瀬戸康史、真木よう子ら新キャスト6名の出演が明らかとなった。

本作は、欲望にまみれた人間たちから、様々な手段で大金を騙し取るコンフィデンスマン=信用詐欺師の活躍を描く人気シリーズ。美しきコンフィデンスウーマンのダー子に長澤まさみ、若きコンフィデンスマン、ボクちゃんに東出昌大、百戦錬磨のコンフィデンスマン、リチャードに小日向文世が扮し、本作では地中海に浮かぶ国マルタを舞台に騙しあいを繰り広げる。

今回新たに追加となったキャストは計6名。ダー子たちの前に立ちはだかるエリート捜査官、マルセル真梨邑役に「ルパンの娘」シリーズなど話題作への出演が続く瀬戸。“インターポールの狼”と呼ばれ独立捜査権を与えられた国際犯罪のエキスパートが、ダー子たちを追い詰める。同じく新キャストの真木が演じるのは、マルタに訪れた観光客らしき役名不明の人物。彼女がどのように絡んでくるのかも気になるところ。

このほか、スペシャルドラマ「運勢編」で初登場し、前作に続いて3度目の出演となる広末涼子がハニートラッパーの韮山波子役に。そして劇場版第1作『ロマンス編』(19)で初登場したダー子の一番弟子モナコを織田梨沙が演じ、“初代コンフィガール”となった彼女が本作でも大活躍を見せる。また、2代目コンフィガールであるコックリ役の関水渚も再登場。さらに、海上自衛官役として徳永えりが初登場し、地中海の治安を守るべく奮闘する。

豪華キャストが顔をそろえ、ますます期待が高まる本作。さらなる続報に注目したい!

文/サンクレイオ翼