第34回東京国際映画祭(TIFF)会期中の11月2日(火)〜6日(土)に開催される第18回文化庁映画週間。これは文化庁が日本映画の振興や発展の一環で行っているイベントだが、どんなことが行われているかは知らずに、素通りしていた人も少なくないはずだ。

だが、過去17回の開催では、金子修介と大森一樹の2大“ゴジラ監督”が対談する「怪獣からKAIJUへ」や、「呪怨」シリーズの清水崇監督らがパネリストの「コロナ禍を経てからの映画制作」など、ここでしか聞けないその年ならではのシンポジウムを開催。しかも誰でも無料で参加できる(事前予約制)のだから、こんな機会を逃したらもったいない!

18回目を迎える今回も、11月4日(木)16時(開場は15時30分)から丸ビルホールにて、「1990年代の日本映画から現代への流れ」にスポットを当てた興味深いシンポジウムを2部構成で実施。ここでは登壇する豪華ゲストを紹介すると共に、2つのシンポジウムの見どころを解説したい。

■北野武や黒沢清が海外で高評価を獲得、“Jホラー”ブームに湧いた90年代

その前に、まずは今回のシンポジウムのテーマになる「90年代の日本映画」をざっとおさらいしておこう。バブルがはじけた後の90年代の日本映画界は、ジブリ映画や『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)など日本の大作娯楽映画が輝かしい興行記録を打ち出しながらも、全体的にはハリウッド映画が中心の洋画が優位だった時代。だがその一方、80年代に起きたミニシアターブームによって、チェン・カイコー、アッバス・キアロスタミ、エドワード・ヤン、エミール・クストリッツァ、マイク・リー、ダルデンヌ兄弟、アキ・カウリスマキなど作家性の強い世界の名監督の傑作が次々に公開され、多くの映画ファンを魅了していった。

そんな時代の流れのなかで、日本映画も作家性の強い作品が海外の映画祭などで話題に。『パルプ・フィクション』(94)のクエンティン・タランティーノ監督が絶賛したこともあって脚光を浴びた、北野武監督の『ソナチネ』(93)はイタリアのタオルミナ国際映画祭でグランプリに輝き、『HANA-BI』(98)はヴェネチア国際映画祭のグランプリ、金獅子賞を受賞。河瀬直美監督が最初の商業映画『萌の朱雀』(97)で日本人初のカンヌのカメラドール(新人監督賞)を獲得し、是枝裕和監督も長編初監督作『幻の光』(95)でヴェネチア国際映画祭の金オゼッラ賞(脚本賞)に輝いたのをきっかけに、世界的な評価を高めていった。さらに、黒沢清監督の『CURE』(97)もフランスの夕刊紙「ル・モンド」の映画評論家ジャン=ミシェル・フロドン氏の高評価を皮切りに欧米で注目を集め、米誌「TIME」でこれからが期待される非英語圏監督の一人に選ばれた三池崇史監督の作品群も、前記のタランティーノ監督を筆頭に海外の映画ファンを魅了し続けた。

また、北野監督のあとを追うように、撮影所での下積み経験がない、異業種の映画監督が次々に誕生したのもこの時代。俳優の竹中直人が初監督した『無能の人』(91)がいきなりヴェネチア国際映画祭の批評家連盟賞を受賞し、テレビドラマの演出家だった岩井俊二監督の『Love Letter』(95)や『スワロウテイル』(96)が多くの若い映画ファンの心をつかんで大ヒット。中田秀夫監督の『リング』(98)によって“Jホラー”ブームに火がついたのも記憶に新しい。

■“90年代日本映画”の勢いを評論家と制作者、それぞれの視点から分析する第1部

さて、ここからは今回のシンポジウムの詳細に触れていきたい。第1部の「私と90年代日本映画のディスタンス」では、黒沢監督の才能を『CURE』を通して欧米の映画ファンに伝えた、前記の映画評論家フロドン氏と、黒沢監督の『スパイの妻』(20)の脚本を『ドライブ・マイ・カー』(公開中)の濱口竜介監督と共に担当し、最新作『三度目の、正直』(21)が今年のTIFFのコンペティション部門に選出された野原位監督が登壇。勢いのあった90年代の日本映画を、同時代を感覚で知るフロドン氏がどのように見ていたのか?一方、当時はまだ10代で90年代の日本映画を後追いで鑑賞し、「90年代に低予算で作られたVシネマのあの熱量に心動かされた」と語る野原監督が、先輩たちの映画をどう分析するのか?そんな年の離れた2人のクロストークが、相米慎二監督の撮影現場やカンヌ国際映画祭にも取材で訪れたことのある、90年代の日本映画に精通した映画ジャーナリストの金原由佳氏の司会で展開される。フロドン氏と野原監督、それぞれの位置や関わり(ディスタンス)から見つめた、現在の日本映画にもつながる楽しい話が聞けそうだ。

■インディペンデント映画の躍動から当時のカルチャーまでを語り合う第2部

そして第2部の「インディペンデント映画が躍動した90年代」では、『苦役列車』(12)や『オーバー・フェンス』(16)などの山下敦弘監督と、山下監督とは旧知の仲で、山下監督の短編も収めた「実験4号 伊坂幸太郎×山下敦弘」の編集にも携わったライターで編集者の門間雄介氏との対談が実現。90年代の山下監督はまだ大阪芸術大学芸術学部映像学科の学生で、先輩だった熊切和嘉監督の『鬼畜大宴会』(97)などの作品にスタッフとして加わり、99年の『どんてん生活』で長編監督デビュー。一方の門間氏は東京で大学生活を送っていたそうなので、2人のトークはその時代の実体験を中心に、90年代のカルチャーにも及ぶ話になりそう。同年代の2人だけに、同時期に同じ作品で盛り上がっていたに違いないが、大阪と東京とで微妙なズレが出たりするかもしれない。そのあたりも含めて、90年代の映画やカルチャーのブームを知ることができるまたとない機会。2人のトークを聞けば、日本映画への興味がさらに高まるのは間違いないだろう。

なお、シンポジウムへの参加希望者は、最初にも書いたように文化庁映画週間の公式サイトから事前予約が必要。本記事を呼んで、「おもしろそう!」と興味を持った人はぜひ申し込んで、ここでしか聞けない「90年代日本映画」の魅力満載なトークに耳を傾けてみてほしい。

文/イソガイマサト

※記事初出時、一部情報に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。