10月末〜11月頭にかけて発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。「電脳コイル」監督の最新作や「フルーツバスケット」の劇場上映など人気作に関する情報を中心にご紹介する!

■「電脳コイル」監督の磯光雄が新たに手掛ける「地球外少年少女」が劇場上映!

2007年に放送されたテレビアニメ「電脳コイル」以来、磯光雄が15年ぶりに原作・脚本・監督を務めるオリジナルアニメ「地球外少年少女」。本作の劇場上映が前後編で、それぞれ2022年1月28日(金)と2月11日(金)より各2週間限定で行われることが決定した。あわせて、特報映像も解禁となった。

「電脳コイル」は、電脳メガネと呼ばれる機器が子どもたちの間で流行している202X年が舞台で、現代のAR空間を予見した内容で話題となった人気作。そんな“いま”を予見した磯が次に描くのは「AIの発達により、誰もが宇宙空間に行けるようになった2045年」。日本製宇宙ステーション「あんしん」で、月生まれの子どもたちと地球から宇宙旅行へやってきた子どもたちが出会う物語だ。メインアニメーターとして、『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(95)や『AKIRA』(88)を手掛け、数多くの後進に影響を与えてきた井上俊之の参加も決定している。

「電脳コイル」の映像から始まる特報には、宇宙空間でSNSの動画配信画面や、コミカルな雰囲気の宇宙ステーション、ステーション内を飛び回るドローン、そして「未来はセブンポエムで決まっていた」などの意味深なセリフが登場。ジュブナイルと未来感あふれる内容になっている。

このニュースにファンは、「『電脳コイル』大好き!磯光雄監督作品、久々じゃないですか?不思議な世界観と最新科学が融合する感覚が良い」や「『電脳コイル』は小説もアニメも最高だったから期待しかない!」、「ずっと待っていました!最初の『電脳コイル』のところ激アツすぎます」といったコメントをSNSに投稿。「電脳コイル」ファンからの高い期待を感じさせる。

■「フルーツバスケット」の最新作「フルーツバスケット −prelude−」が登場!

テレビアニメ「フルーツバスケット」の最新作「フルーツバスケット −prelude−」が、2022年2月18日(金)より全国ロードショー。原作者の高屋奈月描き下ろしビジュアルも公開され、このビジュアルを使用した前売券が、11月11日から開催されている「フルーツバスケットの世界展」ほかにて先行発売される。

「フルーツバスケット」は「花とゆめ」(白泉社)にて、1998年から2006年まで連載された大人気少女マンガで、全世界コミックスの累計発行部数は3000万部を突破。2001年に最初のテレビアニメ化がされ、2019年4月からは新スタッフ&キャストによって2度目のテレビアニメがスタート。2021年6月まで3シーズンにわたって本編のラストまでが映像化された。

「フルーツバスケット −prelude−」は2019年版のテレビシリーズ総集編に新作映像を加えたものに。新たに、主人公の本田透の両親である本田今日子と本田勝也の物語が描かれるほか、高屋が描き下ろす「透と夾のその後のストーリー」も上映されるとのこと。

■「SPY×FAMILY」のテレビアニメが2022年に放送予定

「少年ジャンプ+」にて2019年3月から連載され、「次にくるマンガ大賞2019」Webマンガ部門1位や「このマンガがすごい!2020」オトコ編1位など数々のマンガ賞に輝いた遠藤達哉の人気マンガ「SPY×FAMILY」。本作のテレビアニメ化が決定し、2022年に放送予定とのこと。主人公のロイド・フォージャー役を江口拓也が担当するほか、第1弾PVと2種のティザービジュアルも一挙に解禁された。

世界各国が水面下で熾烈な情報戦を繰り広げていた時代。東国<オスタニア>と西国<ウェスタリス>は十数年間にわたる冷戦状態にあった。西国の情報局対東課<WISE>所属である凄腕スパイの黄昏は、東西平和を脅かす危険人物である東国の国家統一党総裁ドノバン・デズモンドの動向を探るため、ある極秘任務を課せられる。それは1週間以内に家族を作り、デズモンドの息子が通う名門校の懇親会に潜入するというミッション。黄昏は精神科医のロイド・フォージャーに扮し家族を作ることに。しかし、彼が出会った娘のアーニャは心を読むことができる超能力者で、妻のヨルは殺し屋だった。

アニメーションは「進撃の巨人」シリーズのWIT STUDIOと「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」のCloverWorksによる共同制作で、監督を務めるのは「機動戦士ガンダムUC」の古橋一浩。キャラクターデザインは「約束のネバーランド」の嶋田和晃が担当し、劇中のBGMは(K)Now_NAMEが手掛ける。

第1弾PVでは、江口が声を吹き込むロイドのキャラクターボイスが確認できる。また、ティザービジュアルは嶋田による描き下ろしで、ロイドとアーニャ、ヨルの正体と、彼らが“仮初めの家族”を演じている姿がそれぞれデザインされている。

このニュースにファンは、「江口拓也をキャスティングした方は天才ですね。いままでぴったりな声がイマイチ想像できなかったのですが、聞いた瞬間に“ジャストフィット”でした」や「ロイの声めっちゃ合ってる!作画も綺麗でカッコいい!」、「最近読んでハマったマンガが早くもアニメ化とかうれしすぎる!」といったコメントで反応している。

■新人ADの実体験がベースの「オンエアできない!」がテレビアニメに!

テレビの裏側を描いた怪作「オンエアできない!」が、BSテレ東、テレビ東京、AT-Xにてテレビアニメ化されることが決定した。

本作は、現在BSテレ東に在籍する真船佳奈が、テレビ東京制作局時代にADとして働いた際のエピソードをモチーフに描いたコミックス「オンエアできない!」&「オンエアできない!Deep」が原作。時は2014年、東京の片隅に位置する「東京はじっこテレビジョン」に入社した新人ADまふねこ(23)。華やかでキラキラした世界に胸を躍らせて配属された制作局のお仕事は、「どんぐりを300個拾う」、「カメラに映り込んだ〇〇〇にモザイクをかけ続ける」など地味で謎すぎる業務の連続だった!?なんとなく知っている、でもほんとはよく知らない“AD”というお仕事、その驚きの実態に迫っていく。

まふねこ役の大地葉からのコメントも到着。「原作漫画を読みながら、自分とは異なる人生を選んでいるはずのまふねこと心がリンクした気がして、自分の声で台詞がスムーズに脳内再生できました。テレビの裏側でがんばるまふねこの赤裸々な叫びが満載です。そして、ショートアニメならではの怒涛のスピード感も見どころです!」と本作の魅力や注目ポイントを語っている。

このほか、10月に最終回を迎えたテレビアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」の続報が。テレビアニメ振り返り上映イベント「ラブライブ!スーパースター!! 結ヶ丘のみんなで振り返り上映会☆③」にて、テレビアニメ2期の制作決定が発表されたこともアニメファンの関心を集めている。

文/サンクレイオ翼