東京、有楽町マリオン内の映画館「丸の内ピカデリー1,2」が11月26日(金)にリニューアルオープンすることが決定。このたび、リニューアル後の施設の詳細が発表された。

新しい館内は、ピカデリーブランドのイメージカラー「ピュアホワイト」と、レッドカーペットをイ
メージした「赤」が織りなす 華やか なロビーと、エンターテインメントの新しい楽しみ方を提案する2つのシアターから構成。まず、ピカデリー1には「可動式3面スクリーン」を関東で初導入。従来のスクリーンでは再現が困難だった音楽ライブやミュージカル、スポーツ中継などが、その会場全体を余すことなく映し出すことができるように。1面300インチの可動式スクリーンが3面に配置されることで多彩な表現が可能となり、迫力の映像とデジタル音響システムにより、あたかも実際の会場にいるような臨場感を体感できる。

一方、ピカデリー2には、多彩なライブパフォーマンスを目の前で堪能できるライブ イベントステージをスクリーン前に設置。奥行約3ⅿ×横幅約15ⅿの大型ステージは最大40人ほどの登壇が可能。大人
数での舞台挨拶、ライブパフォーマンス、e-sportsなど多彩なイベントに対応できる。この2つのシアターに、2019年にマリオン別館にオープンした「ピカデリー ドルビーシネマ」をあわせ、丸の内ピカデリーは、次世代のエンターテインメントの発信拠点として生まれ変わる。

新たなエンタテインメント体験が満喫できる空間へリニューアルを遂げる「丸の内ピカデリー」。今後の映画の枠にとらわれないラインナップ、イベント展開を大いに期待したい。

文/サンクレイオ翼