2019年に公開され、大ヒットを記録した映画をスケールアップさせたNetflixシリーズ「新聞記者」が、2022年1月13日(木)に全世界同時配信決定。米倉涼子が主演を務める同作より、綾野剛、横浜流星ら第二弾キャストと予告映像&ティーザーキーアートが到着した。

近年の政治事件やスキャンダルに正面から切り込み、タブーに挑戦したといわれた藤井道人監督作、シム・ウンギョン×松坂桃李出演の『新聞記者』(2019年)。その衝撃作を全6話のNetflixオリジナルドラマとして描く本作。 “新聞業界の異端児”と呼ばれる東都新聞社会部記者の松田杏奈を米倉が務め、映画版に引き続き藤井監督がメガホンをとる。

理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚の村上真一を綾野、新聞配達をしながら大学に通う就活生の木下亮に横浜が扮し、政府が起こした公文書改ざん事件を軸に一般市民とりわけ若者の視点から物語を描く。さらに、自分の意思に反し改ざん作業を強いられる公務員の鈴木和也とその妻の真弓を吉岡秀隆と寺島しのぶが演じるほか、吹越満、田口トモロヲ、大倉孝二、田中哲司、萩原聖人、柄本時生、土村芳、小野花梨、橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア、佐野史郎と個性豊かな実力派俳優陣が脇を固めている。

予告編は「ここには都合が良くないものが存在している」という気になるセリフから幕開けする。ある国会答弁を引き金に、エリート若手官僚の村上や官邸記者会見で忖度なしの質問をする松田、改ざんに直接関わったことで悩み苦しむ鈴木とその妻らが次々と登場する。それぞれの正義がせめぎあうなか、自分の仕事を全うしたことでジレンマに陥る村上や、政治には興味も知識もなかった大学生の木下が真実を知るために動きだす様子が映しだされ、興味を掻き立てられる。また、あわせて解禁されたティーザーキーアートでは、正面をまっすぐに見据える松田とともに、鋭い眼差しをした村上と木下の厳しい表情が切り取られている。

孤軍奮闘する女性記者は真実を暴くことができるのか?豪華キャストでつむぐ新たな物語に期待しよう。

文/足立美由紀