「死霊館」ユニバース、「ソウ」シリーズの生みの親、ジェームズ・ワン監督による完全オリジナルストーリー『マリグナント 狂暴な悪夢』(11月12日公開)。このたび、同作よりホラー、サスペンス、アクションといったジャンル分け困難な見どころを収めた最終予告が解禁となった。

ある日を境に恐ろしい殺人を目撃する悪夢体験に苛まれるマディソン(アナベル・ウォーリス)。彼女が夢で見た幾多の殺人は現実の悲劇となり、マディソンは少しずつ自身の秘められた過去に導かれていく。そして、漆黒の殺人鬼の邪悪な手が彼女の元へ届く時、悪夢の真実が明らかになる。

故国映像は、「マディソン9歳の誕生日」という幸せそうな家庭の誕生日パーティを映したビデオを再生するシーンから始まる。ビデオには、姿は見えないものの“誰か”と会話する当時9歳の少女マディソンの姿が映る。母親が誰と話しているのか尋ねると、彼女は「ガブリエル」と答える。そして成長したマディソンは、幼いころに何かが起こったのでは?と当時の自分について母に尋ねると、「あなたはすごく傷ついていた。その痛みを癒やすために彼を創り上げたのね」と告げる。

恐ろしい悪夢体験で見た漆黒の殺人鬼が、幼い頃の“空想上のお友達”だったことを知ったマディソンは、記憶を蘇らせガブリエルの謎を紐解こうと催眠療法を試みるが…。はたして、殺人鬼の正体は?恐怖から熱狂へ変わる “新次元の恐怖”に期待が高まる。

監督は本作について「今までにないジャンルの映画を作りたかった。絶対に今までと同じようなホラー作品にしたくなかったんです」と語り、自身のキャリアの集大成として、観る者を翻弄するジャンル分け不可能な本作を作り上げたという。この作品がホラーなのか?サスペンスなのか?それとも…?という謎は、映画館で確認してもらいたい。

文/サンクレイオ翼