森絵都の名作小説「カラフル」を実写映像化したAmazon Original映画『HOMESTAY(ホームス テイ)』が2022年2月11日(金)より世界同時配信。Amazonが製作する初めての日本映画である本作の特別ビジュアルが解禁となった。

本作は、高校生の小林真の身体に乗り移った主人公、シロの魂が、家族との葛藤や淡い恋を通し、人との絆や生きる意義を見出す青春映画。真が死んだ原因を100日以内に見つけられなければ、または、真の家族や友人に正体がバレてしまうと、本当の死が訪れると宣告されているシロを演じるのは、なにわ男子のメンバーとしてデビューを控え、本作が映画初主演となる長尾謙杜。本作では、自身の記憶を失くし、他人の家族や友人らと関わりながら別人格、真の人生を歩み、成長していくという難しい役どころに挑戦しており、繊細な演技力で俳優として飛躍する姿に期待が高まる。

長尾は「世界の皆さんに知ってもらえるチャンス」とし「『HOMESTAY(ホームステイ)』が良い作品だなと世界の方に感じていただけるように頑張っていきたいと思います」と意気込みを語っている。

真に淡い恋心を抱く幼馴染の晶には『ひらいて』(公開中)や来年に公開が控える『彼女が好きなものは』などの若手実力派、山田杏奈。原作について「生きる上で大事にしたいなと思うことに気づかせてくれる作品」とコメントし、「普遍的なテーマを描いたこの作品が多くの人に届くのは素晴らしいことだと思います」と語っている。真が密かに憧れていた高校の先輩、美月役は八木莉可子。今年、雑誌『Seventeen』の専属モデルを卒業し、ドラマ「僕たちがやりました」や「アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜」などに出演し、女優として注目を集めている。八木は「ファンタジー 要素やミステリー要素をポップに描いているので、楽しんでいただきたいです」と作品の魅力を伝えた。

監督は『ジオラマボーイ・パノラマガール』(20)やドラマ「セトウツミ」の瀬田なつき。瀬田監督は「自分自身も、この作品を通して、主人公のシロのように、新たな発見や挑戦の多い、忘れられない旅を体験できた気がします」と振り返っている。

感受性豊かな高校生の心の旅路と再生をユニークな視点で描き、普段気づくことのできない人の想いや絆の大切さを綴った、日本のPrime Video初のオリジナル映画。の身体にホ ームステイすることになったシロの不思議な運命に注目だ。

<キャスト・スタッフコメント>

●長尾謙杜(シロ役)

「初の主演作品ということで、不安や緊張と楽しみが混ざっています。世界配信というのは、実感が湧いていないですが、世界の皆さんに知ってもらえるチャンスですし、『HOMESTAY(ホームステイ)』が良い作品だなと世界の方に感じていただけるように頑張っていきたいと思います」

●山田杏奈(藤枝晶役)

「私が中学生の時、原作を国語の先生に薦められました。生きる上で大事にしたいなと思うことに気づかせてくれる作品だと思います。普遍的なテーマを描いたこの作品が多くの人に届くのは素晴らしいことだと思います。同時に、いろんな人の目にとまると思うと緊張しますが、ワクワクもしています」

●八木莉可子(高坂美月役)

「作品の見どころは共感性の高さにあると思います。いわゆるハッピーエンドのお話ではなくて、社会の矛盾や色んな人の想いが交差する世の中を嘘なく描いている作品なので、すごく共感する部分が多いと思います。ファンタジー要素やミステリー要素をポップに描いているので、楽しんでいただきたいです」

●瀬田なつき(監督)

「長尾謙杜くん、山田杏奈さん、八木莉可子さん、眩しく新鮮なコラボレーション、そして、スタッフ・キャスト、みなさんの、力や知恵を合わせて、多彩な要素、感情をぎっしり詰めこんだ作品になりました。自分自身も、この作品を通して、主人公のシロのように、新たな発見や挑戦の多い、忘れられない旅を体験できた気がします。そして、この旅が、世界中のいろいろな場所で見てもらえることが嬉しく、ドキドキしています。たくさんの人に届きますように」

文/タナカシノブ