1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始され、全世界で累計発行部数4億9000万部を突破する超人気コミックを実写ドラマ化したNetflixシリーズ「ONE PIECE」のメインキャストがついに発表。あわせて原作者&エグゼクティブ・プロデューサーの尾田栄一郎直筆のコメントが到着した。

伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーが残したという「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」をめぐり、主人公のモンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す本作。脚本&製作総指揮に「エージェント・オブ・シールド」のマット・オーウェンズ、ショーランナー&脚本&製作総指揮に「LOST」のスティーブン・マエダと、海外ドラマシリーズの実力派スタッフが結集したことでも大きな注目が寄せられている。

そしてこのたび、全世界が注目していた“麦わらの一味”を演じる5人のキャストが発表に。ルフィ役を演じるのはNetflixオリジナルシリーズ「そしてサラは殺された」のイニャキ・ゴドイ。ロロノア・ゾロ役には「聖闘士星矢」のハリウッド実写版で主演を務めることも発表されている新田真剣佑。そしてナミ役にはエミリー・ラッド、ウソップ役にはジェイコブ・ロメロ・ギブソン、サンジ役にはタズ・スカイラーと、世界各国の新進気鋭俳優たちが勢ぞろい。

このキャスティングについて尾田は「世界各国のスタッフと議論を重ね、決定しました!彼らこそ“麦わらの一味”になりうる人達です!!」と太鼓判。先日コミックスの100巻が発売となり、11月21日(日)にはテレビアニメ第1000話が放映されるなど、記念すべき節目が相次いでいる「ONE PIECE」。世界中のファンが熱視線を送るこの実写ドラマシリーズにも期待は高まるばかりだ!

<コメント>
●尾田栄一郎(原作&エグゼクティブ・プロデューサー)
「Netflix、Tomorrow Studiosと共に進めてます巨大プロジェクト『ハリウッド実写ドラマ版 ONE PIECE』製作発表から何年だよ!ホントだよねー。でもちゃんと進んでるんですずーっと!文化の違う人達とチームを組むんだから簡単じゃないよ!でも、だからこそ生まれるものが必ずあるはず!!ひとまずメインキャストを発表できる事となりました!つーかさっさと発表しないとリークされるんだって!ウケる笑
顔、口の大きさ、手の大きさ、雰囲気、所作、声質、演技力、身長、仲間同志のバランスetc…!世界各国のスタッフと議論を重ね、決定しました!彼らこそ“麦わらの一味”になりうる人達です!!完成まではまだ少し時間がかかりますが、世界中のみなさんに手放しで楽しんで貰える作品を送り出せるようがんばります!続報にご期待ください!!」

●スティーヴン・マエダ(ショーランナー・脚本・製作総指揮)&マット・オーウェンズ(脚本・製作総指揮)
「私たちは、この素晴らしい才能豊かなキャストと航海に出られることにとても興奮しています!『ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)』を探すのと同じように、アイコニックな『麦わらの一味』の外見、性格、動作を引き出せるのに最高のキャストを見つけることは、長く、そして困難な(でも楽しい!)道のりでした。しかし、私たちは役にぴったりのキャストをやっと発掘したのです!すでに、みんな、全身全霊を込めて役作りを始めています。原作ファンの皆さんも、きっと漫画のキャラクターと同じように、彼らを知って、そして大好きになると確信しています。完成した作品を皆さんに披露することが待ちきれません。さあ、冒険の始まりです!」

文/久保田 和馬