2021年秋以降の作品ラインナップを一挙に発表する「Netflix Festival Japan 2021」<ライブアクションDay>が11月10日に開催された。60万部突破の大ヒット恋愛小説を映画化する『桜のような僕の恋人』(2022年3月24日よりNetflix全世界独占配信)からは、中島健人、松本穂香、深川栄洋監督が登壇。もともと原作ファンだったという中島が「本がビショビショになるくらい泣いてしまった」と原作と出会った時の感動を明かした。

『桜のような僕の恋人』は、中島演じる朝倉晴人と、「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症した有明美咲(松本)との恋をつづる儚くも美しいラブストーリー。

中島は「小説のなかですてきな恋愛ができないかなと思って、書店を巡っていた」そうで、「数ある本のなかでもっとも目を引いた表紙がこの本だった。いざ読んでみたら本当に感動。本がビショビショになるくらい泣いてしまった。こんなすてきな本に巡り会えたのは人生で初めてだなと思った」というくらい衝撃的な出会いを果たしたという。ファンだった原作の実写化のオファーが舞い込み、「びっくりしました。僕に桜が咲くんだと思いました」と笑顔を見せていた。

恋人同士を演じた中島と松本は本作が初共演。中島が「常に美咲さんとして現場に立ってくださっていた。晴人として見惚れながら…。3か月くらいの撮影で、ちょうど会えない期間がある。でもラブストーリーで大切なことって、会えない時間もいかに相手のことを思うかだと思うので。常に思いを馳せながら、その3か月間は生きていました」と撮影を振り返る。

松本は「普段の健人くんはプロという感じでとてもしっかりしていてキラキラしている。晴人くんの期間は、ずっと晴人くん。キラキラをなくして現場に立っていた。健人くんのおかげでとして生きることができた」とお互いに役柄にぴったりだったと語っていた。

またビートたけしの自叙伝「浅草キッド」を原作に、彼を敬愛する劇団ひとりが監督・脚本を務め映画化した『浅草キッド』(12月9日よりNetflix全世界独占配信)からは、大泉洋、柳楽優弥、劇団ひとり監督が登壇。本作は厳しさと愛情にあふれる師匠との日々、個性と才能を持つ仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描いた青春ドラマ。初共演となる大泉と柳楽が、“幻の浅草芸人”と呼ばれていた伝説の師匠の深見と、若き日の天才タケシ役を演じる。

日本中の誰もが知るビートたけしを演じることになった柳楽は、「プレッシャーも怖さもあった」と告白。「準備段階としてタップダンスをしっかりと習わなくてはならなかったり、たけしさんの癖を自然に演じるために、しゃべり方や言い回しなど松村(邦洋)さんにご指導をいただいた」と所作指導の松村への感謝を語った。大泉は「いかに柳楽優弥がすごいかとということがわかる。誰が見ても拍手を送りたくなる」と柳楽の演技を大絶賛で、「それを指導したのが松村さん。これは松村さんの映画です」と続けると、劇団ひとり監督は「違います!」と猛抗議して会場の笑いを誘っていた。

劇団ひとり監督は「過去に小説を2作書いていますが、それも根底に『浅草キッド』が好きということが込められている。次になにが撮りたいかといろいろと考えたんですが、『浅草キッド』がどうしても頭に入ってきてしまう」とたけしと原作への愛をあふれさせた。「これは『浅草キッド』を撮らない限りは他の作品に進めないと思って、7年前に脚本を書き始めました。時間がかかりました」と明かしていた。

そして大ヒット同名漫画を原作にしたNetflixシリーズ「金魚妻」(2022年全世界独占配信)からは、篠原涼子、長谷川京子、並木道子監督が出席した。本作は、夫からのDVやモラハラに苦しむ日々を送るさくら(篠原)が、偶然立ち寄った金魚屋で春斗(岩田剛典)と運命的な出会いを果たし、一線を超えてしまう禁断のラブストーリー。ある事情からさくらに挑むような態度を取るゆり葉に長谷川が扮している。

不倫を題材にした本作だが、篠原は「すごく大胆でエロティックなシーンも、みんなで体当たりさせていただいた」と自信をのぞかせつつ、「女性の作家だけあって、それがきれいに美しく表現されている。女性が観ても男性が観ても恥ずかしくない、期待していい作品。早く届けたい」と興奮の想いを吐露。篠原同様に不倫妻を演じた長谷川も「体当たりなシーンが毎回あるんですが、監督やスタッフ、キャストの方をとにかく信用して、いい作品に絶対になると信じてやらせていただきました」と意気込みを語っていた。

取材・文/成田 おり枝