10月下旬に日本でも新ブランド「スター」が追加されるなど、大きな進化を遂げたディズニーの定額制公式動画配信サービス「ディズニープラス」。その全米提供開始から2周年を記念し開催された「ディズニープラス・デイ」において、今後配信される注目の新作ラインナップが一挙に発表。全44タイトルを6つのブランドごとにチェックしていきたい。

■「ディズニー」には大ヒット映画の続編など18作品!
今回最も多い18作品が発表された「ディズニー」ブランドでは、人気作品の続編やスピンオフシリーズなど多彩なラインナップがずらり。まず年内には、ピーター・ジャクソン監督が手掛けたザ・ビートルズの時空を超えた“ライブ・ビューイング・ショー”「ザ・ビートルズ:Get Back」(11月25日、26日、27日、3話連続配信)と、実写映画化もされた人気児童書をアニメ化した『グレッグのダメ日記』(12月3日配信)の2タイトルが配信開始。

そして2022年初旬には「アイス・エイジ」シリーズの人気キャラクター、バックを主人公にした『アイス・エイジ バックの大冒険』(2022年1月28日配信)、「シンデレラ」の男女逆転バージョンともいえるオリジナルミュージカル映画『スニーカーシンデレラ』(2022年2月18日配信)、人気アニメシリーズの新シーズン「全力!プラウドファミリー」(2022年2月配信)、名作ファミリーコメディを再映画化した『12人のパパ(仮題)』(2022年3月配信)。チップとデールのハイブリッド映画『チップとデールの大作戦(仮題)』(2022年春配信)、ティム・フェデリー原作の『ベター・ネイト・ザン・エバー(原題)』(2022年春配信)がラインナップ。

2022年後半には『ベイマックス』(14)のオリジナルシリーズ「ベイマックス!」(2022年夏配信)、『魔法にかけられて』(08)の続編となる『ディスエンチャンテッド(原題)』(2022年秋配信)、1990年代のカルト的人気作の続編『ホーカスポーカス2』(2022年秋配信)、ロバート・ゼメキス監督とトム・ハンクスがタッグを組んだ『ピノキオ(原題)』と、ディズニー作品ファン必見のタイトルが続々待機。

さらに『グレッグのダメ日記:ロドリック・ルール(原題)』(2022年配信)や、『ズートピア』(16)の短編シリーズ「ズートピア+」(2022年配信)、『プリンセスと魔法のキス』(09)のスピンオフシリーズ「ティアナ(原題)」(2023年配信)。他にも「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」のシーズン3や、ベストセラー小説を映像化する「ザ・スパイダー・ウィック・クロニクル(原題)」、ラテンアメリカで初めて制作されるオリジナルシリーズ「ディズニー・インターワインド(原題)」も発表に。

■「ピクサー」初のオリジナルアニメシリーズも登場!

2006年に公開され、その後シリーズ化やスピンオフ作品も数多く作られてきた「カーズ」。その最新作として、メーターとマックイーンがロードトリップに出発するアニメシリーズ「カーズ・オン・ザ・ロード(原題)」が2022年に配信。

そして、ピクサー史上初となるオリジナルアニメーションシリーズ「ウィン・オア・ルーズ(原題)」が2023年配信。同作は中学校のソフトボールチームの優勝決定戦までの1週間を、1話20分のエピソードごとに、優勝を目指して練習を続ける中学校のメンバーひとりずつの視点で描かれていくとのこと。

■今後のドラマシリーズ&アニメシリーズもずらり

11月24日(水)より配信となる「ホークアイ」を皮切りに、オスカー・アイザック主演の「ムーンナイト(原題)」(2022年配信)、タチアナ・マズラニー主演の「シー・ハルク(原題)」(2022年配信)、イマン・ヴェラーニ主演の「ミズ・マーベル(原題)」(2022年夏配信予定)と、立て続けにドラマシリーズが制作されていく「マーベル」ブランド。このたび今後新たに制作・配信される10作品の情報も発表に。

「ホークアイ」にも登場するアラクア・コックス演じるマヤ・ロペスを主人公にした「エコー(原題)」、ドミニク・ソーン主演の「アイアンハート(原題)」、「ワンダヴィジョン」に登場したキャサリン・ハーン演じるアガサを主人公にした「アガサ:ハウス・オブ・ハークネス(原題)」、ニック・フューリーの新たな戦いを描く「シークレット・インベージョン(原題)」と、4つのドラマシリーズ。

また「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズからは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル(原題)」とグルートのオリジナル短編シリーズ「アイ・アム・グルート(原題)」の2作品。そして「X-MEN'97(原題)」、「ホワット・イフ…?」のシーズン2、「スパイラーマン:フレッシュマン・イヤー(原題)」、「マーベル・ゾンビーズ(原題)」とアニメーションシリーズもラインナップ。いずれも配信時期は発表されておらず、続報が待たれるところ。

■スピンオフドラマを前に、ボバ・フェットの特別番組が登場

「スター・ウォーズ」ブランドから今回アナウンスされたのは3作品。12月29日(水)に配信がスタートする「ボバ・フェット/The Book of Boba Fett」の前にシリーズの人気キャラクターであるボバ・フェットの誕生秘話や、その“遺産”を紹介する特別番組「ボバ・フェットの伝説 アーマーに隠された素顔」(配信中)。

そしてジョージ・ルーカス原作&製作総指揮、ロン・ハワード監督のファンタジー映画『ウィロー』(88)の続編となるドラマシリーズ「ウィロー」(2022年配信)と、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(05)の10年後の世界を舞台にしたユアン・マクレガー主演のオリジナルシリーズ「オビ=ワン・ケノービ」(2022年配信)。ディズニープラスでは「ウィロー」のキャスト紹介映像、「オビ=ワン・ケノービ」の撮影の舞台裏映像も公開されているので是非ともアクセスしてチェックしてほしい。

■「ナショナル ジオグラフィック」には人気俳優出演作も!

「ナショナル ジオグラフィック」ブランドでこのたび発表されたのは3タイトル。ウィル・スミスと地球の不思議をめぐる体験を味わえる全6話のシリーズ「ウェルカム・トゥ・アース あなたの知らない地球』が12月8日(水)から配信。また2022年にはアメリカ大陸の神秘をたどる全6話の「美しきアメリカ大陸」、クリス・ヘムズワースが人間の体の限界に挑戦する全6話のオリジナルシリーズ「リミットレス ウィズ・クリス・ヘムズワース(原題)」がラインナップ。

■「プレデター」の最新作も!「スター」には注目の映画作品が目白押し
新たに日本でもスタートした「スター」ブランドでは、大人も楽しめるドラマや映画が続々配信される。今回発表されたのは4つの新作映画。

ジョーイ・キング演じる若き王女が恐ろしい敵から王国を守ろうとするアクション映画『ザ・プリンセス(原題)』(2022年夏配信)、「プレデター」シリーズの最新作となるアクション・スリラー『プレイ(原題)』(2022年夏配信)。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をコメディタッチに解釈したラブストーリー『ロザライン(原題)』(2022年配信)。そして激しいブリザードに巻き込まれ、サービスエリアで身動きが取れなくなるというサスペンス・スリラー『ノー・イグジット(原題)』(2022年配信)。

またすでに、今年夏に日本や世界中で大ヒットを記録したマーベル・シネマティック・ユニバース作品『シャン・チー/テン・リングスの伝説』や、ディズニーランドのアトラクションから生まれた『ジャングル・クルーズ』など、話題作が続々見放題で配信中。豊富なラインナップとともに今後ますます進化していくディズニープラスから目が離せなくなりそうだ!

文/久保田 和馬