有村架純主演、森田剛共演の映画『前科者』(2022年1月28日公開)より本予告映像が解禁され、追加キャストのビジュアル入りのポスターも到着した。

原作はテレビドラマ「監察医 朝顔」の原作や『羊の木』(18)など映画の脚本も手掛ける香川まさひとが、罪を犯した「前科者」たちの更生、社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた作品で、2019年「第3回さいとう・たかを賞」の最終候補に選ばれた社会派ヒューマンドラマ。映画公開に先立ち、11月20日(土)より連続ドラマがWOWOWにて放送、配信される。

有村演じる主人公の阿川佳代は、罪を犯した「前科者」達の更生、社会復帰を目指し、彼らと向き合い奮闘していく保護司という役どころ。佳代の元で更生し社会復帰へ近づいていたが、ある日忽然と姿を消し再び警察に追われる身となる男、工藤誠を6年ぶりの映画出演となる森田が演じる。共演には、磯村勇斗、リリー・フランキー、木村多江、若葉竜也、マキタスポーツ、石橋静河、北村有起哉、宇野祥平ら個性派、演技派俳優が集結。石橋、北村、宇野は、ドラマ版からの続投となる。監督、脚本は『あゝ、荒野』(17)の岸善幸が務める。

解禁となった映像は、引き込まれるような有村や森田の熱演に加え、磯村、若葉、石橋など脇を固める若手演技派キャストたちも登場し、重厚感が溢れる。「寄り添えば、救えるのか?」と幕を閉じ、人々が社会から居場所をなくしてしまわないよう寄り添い続けている保護司という人間、そして過去の傷を抱えながらも一生懸命に生きようとしている人々へ向け問いかけている。あわせて磯村、リリー、木村、若葉、石橋らのビジュアルが追加された本ポスターも解禁となった。

ドラマでは新人保護司の阿川佳代が様々な「前科者」と向き合い成長する様を描き、映画では、佳代が保護司として凶悪犯罪やままならぬ現実に立ち向かう姿が描かれる完全オリジナル作品となっている。ドラマの放送後にはAmazon Prime Videoでの見逃し配信も予定。本格社会派エンターテインメントが人々に問いかけるものとは?ドラマ、映画を通して、その問いかけ、メッセージをしっかり受け止めたい。

文/タナカシノブ