仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)のポスタービジュアルとWEB予告映像、そして劇場版のゲストキャストが解禁となった。

ポスタービジュアルでは2071年の未来で誕生した謎のライダー“仮面ライダーセンチュリー”の姿が圧倒的な存在感を放つ。1971年に誕生した仮面ライダー1号の解剖図を、そして現代の仮面ライダーセイバーと仮面ライダーリバイスを、まるで仮面ライダーの歴史を切り割くかのように破る姿が衝撃的なビジュアルとなっている。さらによく見ると、切り裂かれた破片には、仮面ライダーゼロワンや仮面ライダーBLACK RXなど、様々な仮面ライダーのクレスト(紋章)が見受けられる。

WEB予告は、まず悪魔に支配され、荒廃した50年後の2071年の様子が映し出される。そして仮面ライダーセンチュリーは解禁済のビジュアルとは様子が違い、禍々しさを感じさせ、リバイスやセイバーに襲い掛かる。彼はなぜ戦うのか?目的は一体何なのか?謎も明かされぬまま場面は50年前の1971年に。そこに映るのは時空を超え再会を果たす父と息子の姿。センチュリーと同じく時を超え2021年にやってきた謎の研究者、百瀬龍之介を中尾明慶が演じ、龍之介が2021年で再会する息子の秀夫を古田新太が演じる。

中尾は「現場では特撮ならではの初めて経験することも多くあり、とても勉強になりました」と撮影を振り返り、古田は「ライダーに出演することで『ロボコン』『スーパー戦隊』と、 東映特撮、3本制覇だぜ」とコメントを寄せている。なお本作の主題歌はDa-iCEの「Promise」に決定し、12月17日(金)より配信開始、12月22日(水)発売のCD『liveDevil』にも収録される。

世代を超えて昭和、平成、令和の錚々たるレジェンドライダーが集結する本作。立ちはだかる仮面ライダー王蛇、仮面ライダーエターナルらヴィランの立ち位置を担うライダーたちと繰り広げる仮面ライダーの歴史を賭けた壮大な戦いに期待は高まるばかりだ。

<キャストコメント>

●中尾明慶(百瀬龍之介役)

「お話をいただいた時は、自分が特撮の世界 呼んでいただけるとは考えた事もなくまさか自分が!?という感じでした。このチャンスを逃すと、もう出演できる機会はないと思い、是非やらせて下さいという気持ちでいっぱいでした。現場では特撮ならではの初めて経験することも多くあり、とても勉強になりました。息子と 2 人で映画館に行こうと思います」

●古田新太(百瀬秀夫役)

「おいらが小学校1年生の時にそれは始まった。センセーションだった『変身』これはもうエポックだった。それまでのヒーローは宇宙人かロボットだった。カッコ良かったなぁ、もう50年も経つのか。そりゃ年もとるはずだ。しかしライダーに出演することで『ロボコン』『スーパー戦隊』と、東映特撮、3本制覇だぜ」

文/タナカシノブ