「半沢直樹」「下町ロケット」の人気作家、池井戸潤の小説「アキラとあきら」が、竹内涼真と横浜流星のW主演、2022年夏公開予定で映画化されることがわかった。あわせて、竹内、横浜、原作の池井戸、監督を務める三木孝浩のコメントが到着した。

原作は2017年に文庫が発売されるや否や、全国書店、ネット販売にて小説部門売上1位を記録。50万部を突破。同年、WOWOWにて向井理&斎藤工主演で映像化された連続ドラマ版は、第34回ATP賞テレビグランプリを受賞し高い評価を得た。さらに、2020年8月には集英社から文庫が再販され、現在の累計発行部数約70万部を突破。その勢いはとどまる所を知らず、満を持しての映画化となった。

メガバンク。産業中央銀行に入社した山崎瑛=アキラと階堂彬=あきら。同期の中でもズバ抜けて優秀な2人だが、その性格は正反対。ライバルとして日々しのぎを削っていたが、ある案件で信念を押し通した結果、瑛は左遷。一方、順調に出世していた彬には、血縁というしがらみが立ちはだかる。やがて、何千人もの人生が懸かった巨大な危機が巻き起こった時、2人の宿命が重なり合い、アキラとあきらの奇跡の逆転劇が始まる。

父の町工場の倒産、夜逃げと貧しい幼少時代を過ごし、人を救うバンカーになるという理想を胸にどんな融資先にも全力でぶつかる瑛=アキラを竹内が、冷静沈着で頭脳明晰な銀行員だが、老舗海運会社、東海郵船の御曹司まがら、自ら後継ぎの座を退いた彬=あきらを横浜が演じる。竹内は「全国の働くみなさんにエールを送れるような映画になっていると思います」とアピール。横浜は「竹内くんとは見つめ合うシーンが多く、『照れるね』と笑いながらも熱く意見を交わし合い、2人の関係性を作っていきました」と撮影を振り返っている。

原作の池井戸は「人生の荒波に漕ぎ出す『アキラとあきら』に、スクリーンで出逢える日を心待ちにしています」と期待のコメントを寄せ、三木監督は「矜持の違いを火花を散らしながらぶつけ合う姿は、竹内涼真と横浜流星という今まさに勢いある二人の俳優の熱量とシンクロして現場で何度も心滾る瞬間がありました」とライバルの2人を演じた竹内、横浜の演技を絶賛している。

解禁となったティザービジュアルには、華麗にスーツを着こなし、鋭く、力強い目線で銀行員としての威厳を感じさせる竹内、横浜の姿が。宿命に抗い、過酷な運命に立ち向かう男たちの熱い人生を力強く演じる2人に期待したい。

<キャスト&スタッフコメント>

●竹内涼真(山崎瑛役)

「池井戸さんの作品に出演させて頂くのは3度目で、ご縁があるなと感じています。過去2作では企業側の立場でしたが、今作で初めて銀行マンを演じさせて頂きます!大きな壁にぶち当たり、苦しんで、時にぶつかり合って奮闘するリアルな姿を表現することにこだわり、現場で三木監督や流星君と話し合いながら、気持ちを込めて撮影しました。全国の働くみなさんにエールを送れるような映画になっていると思います。是非スクリーンでご覧いただけたら嬉しいです!」

●横浜流星(階堂彬)

「池井戸さんの作品は以前から好きだったので、参加することができ、嬉しいです。大企業の御曹司でありながら銀行員ということで、姿勢や立ち振る舞い、堂々とした存在感を意識していました。銀行員としても一から学びました。竹内くんとは見つめ合うシーンが多く、『照れるね』と笑いながらも熱く意見を交わし合い、2人の関係性を作っていきました。生まれも育ちも違い宿命を背負い、運命に抗って生きてきた2人が出会い、お互いを認め合い、刺激しあいながら苦悩と向き合い、手を取り合う。
そんな2人のライバルでもあり硬い絆で結ばれている関係性は台本を読んで、素敵だなと思ったし、心が熱くなりました。スピード感がありラストにかけて高揚感を感じてもらえると思いますのでお楽しみに」

●三木孝浩(監督)

「この作品は、出自の異なる二人の青年がそれぞれの宿命を背負いながらもお互いライバルとして認め合い、意識し合い、トップバンカーを目指して成長していく物語です。矜持の違いを火花を散らしながらぶつけ合う姿は、竹内涼真と横浜流星という今まさに勢いある二人の俳優の熱量とシンクロして現場で何度も心滾る瞬間がありました。この熱きカタルシスをぜひ映画をご覧になる皆さんにも味わっていただけたら嬉しいです!」

●池井戸潤(原作)

「これは、良きライバルであり、友人でもあるふたりの青年が、それぞれの運命にあらがい、
様々な試練に立ち向かう青春の物語です。貧しい家庭で育ちながら愛情深く真っ直ぐで力強い『アキラ』を竹内涼真さんが、裕福な一族の御曹司ゆえに過酷な運命を背負う『あきら』を横浜流星さんが、
どのように演じ魅せてくれるのか楽しみでなりません。人生の荒波に漕ぎ出す『アキラとあきら』に、スクリーンで出逢える日を心待ちにしています」

●青木泰憲(企画、プロデュース)

「対照的な宿命を背負った二人の青年の試練と成長を描いた本作は、銀行を舞台にしながらも“青春小説”としても楽しめる作品だけに映像化にあたってはキャスティングがとても重要でした。父の会社の倒産、夜逃げなど“運命”に翻弄され続けながらも理想を捨てなかった男、山崎瑛役については、ひたむきな情熱、真っ直ぐな誠実さ、正義感。名家の御曹司ゆえ約束された次期社長という“宿命”に抗い続ける男、階堂彬役については、クールな中に秘めた優しさ、聡明さ、清潔感。それらを意識しながらキャスティングしました。また二人に共通しているのは、最後まで諦めない芯の強さだと思います。熱い感情を持った役柄を数多く演じ、内から溢れ出る情熱を感じさせる竹内涼真さん、武道で身に着けた美しい所作に加え、醸し出す雰囲気に芯の強さを感じる横浜流星さんなら間違いなく山崎瑛と階堂彬を体現し、池井戸さんがこの作品に込めた思いを観客に届けてくれると確信しました。人はなぜ生きるのか。何に情熱を傾け、何を成し遂げるのか――。二人の主人公が苦悩しながらも成長していく過程を見守ってほしいと思います」

文/タナカシノブ