現在公開中の原田知世×田中圭W主演のミステリー『あなたの番です 劇場版』。本作のベースとなる2019年放送のドラマ「あなたの番です」は、日本中に“あな番”ブームを巻き起こし、最終回の総合視聴率では驚異の25%を叩きだした大ヒットドラマ。横浜流星や奈緒ら出演陣の演技合戦が話題となったが、とりわけ耳目を集めたのがキーパーソンを演じた西野七瀬の怪演だ。そこで今回は、アイドル時代から女優として活躍し、フォトジェニックな魅力を放つ彼女にフォーカスしてみたい。

■あざとかわいい&スポ根美少女役に胸キュン!「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」、『あさひなぐ』(17)

まず出演作として外せないのは、2018年に土曜ドラマ24枠で放送された「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」の天野アイ役だろう。桂正和の人気SF恋愛漫画を原作に、その25年後の物語が紡がれる。高校生の弄内翔(野村周平)は叔父の家に住むことになり、そこで意味深なビデオカセットを発見する。そして壊れたビデオデッキを修理して再生すると、画面から奇妙な衣装に身を包んだ美少女が現れて…。西野が演じたのは、このビデオガールの天野アイ。本来のビデオガールは穏やかな癒し系のはずだが、デッキの不具合によってちょっぴりがさつで料理下手になってしまったという設定だ。一人称が「オレ」のアイが翔をお風呂に誘い、ドアップで迫る “あざとかわいい”姿はまさに悶絶もの。彼女は本作のために髪を20cm切る役作りをして撮影に臨んだという。

そしてこのアイ役とは対極にいるスポ根美少女に扮したのが、映画初出演にして初主演作となった『あさひなぐ』だ。二ツ坂高校に入学した東島旭(西野)は、“なぎなた部”に入部し、インターハイ予選敗退での雪辱を果たすため、メンバーたちは過酷な練習に励む。本作での役柄は、元美術部で運動音痴だが変わりたいと思っている“メガネっ娘”。仲間たちと共に一つの夢へと懸命に向かっていく旭に、当時の彼女の姿が重なる。乃木坂46のメンバーも多数参加した本作の初日舞台挨拶では、感激の涙を流し、「私たち自身の青春も詰まった作品」と撮影を振り返った。

さらにこの後も西野は出演作を重ねていくが、所属していた乃木坂46を2019年2月をもって卒業。同年4月にはドラマ版「あなたの番です」がスタートし、女優としてブレイクする。

■新境地となる役柄に挑戦!『孤狼の血 LEVEL2』(21)、「言霊荘」

今年8月に公開された白石和彌監督作『孤狼の血 LEVEL2』で、西野はこれまでのイメージにない新たな役柄に挑戦している。本作は作家、柚月裕子の「孤狼の血」シリーズ3部作を原作に、映画オリジナルストーリーで展開していく暴力と狂気に彩られたバイオレンスドラマ。松坂桃李が広島の裏社会を治めるマル暴刑事の日岡、鈴木亮平が圧倒的な“悪”である上林組組長の上林に扮し、彼女は日岡が通う「スタンド 華」のママである近藤真緒を演じた。映画公式サイトでは「オファーをいただいた時はなにかの間違いなんじゃないかと、とてもびっくりしました」とコメントしていたが、日岡の策略により上林組にスパイとして潜入することになった弟の“チンタ”こと幸太(村上虹郎)を心配する姉役を熱演。髪をブリーチして呉弁、喫煙、ビンタと様々な“初めて”に果敢に挑み、その姉弟愛あふれる柔らかな佇まいを白石監督も絶賛していた。

また新境地という点では、“底辺ViewTuber”という、ある意味彼女とは真逆の女性、歌川言葉を演じたドラマ「言霊荘」にも注目したい。「発した言葉が現実になる」という不思議なアパートを舞台に、恐怖に苛まれる女性たちの姿を描く新感覚ホラーである本作。西野演じる歌川は、言葉の力を信じ、人々の幸せを願う天真爛漫な天然女子。決して派手な見た目ではないが、人目に映る仕事だけにきちんと行き届いたファッションがかわいらしい。そんな底抜けに明るいイマドキ女子な歌川が、アパートの怪奇に飲み込まれた際に見せる演技ぶりは狂気的。ゾッとさせられてしまうほどの豹変ぶりを見せつけた。

■白衣姿が可憐でかわいい…『一度死んでみた』(20)、「アンサング・シンデレラ」

『一度死んでみた』の社長に塩対応をする製薬会社の社員という役どころも新鮮だった。広瀬すずが父親嫌いのデスメタル女子の七瀬、その父親の野畑計を堤真一、父親が社長を務める野畑製薬の存在感の薄い社員を吉沢亮が扮するドタバタコメディ。総出演時間としては短いが、社長に忖度しない物言いをする姿は印象的で、西野は予想外のコメディエンヌぶりを見せつけている。また、前髪を七三にきっちり分けた、いかにも“リケジョ”な雰囲気も、ほかにはあまりないビジュアルだったと言えるだろう。

同じく白衣姿であった2020年放送のドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」も記憶に新しい。西野演じる相原くるみは、主人公の葵みどり(石原さとみ)と同じ萬津総合病院薬剤部に勤務する新人薬剤師。序盤では、薬剤師という職に対しやや後ろ向きでドライな印象を感じさせた相原。しかし、葵をはじめとした周囲の人々の働きぶりを見て徐々に変化していくという、等身大な若者を演じて見せた。『一度死んでみた』とは打って変わって、ヘアスタイルが毎話変わるなど、見た目にはこだわりアリな相原。“相原くるみ”としての公式インスタグラムも立ち上がるなど、ビジュアル面でも非常におもしろみのある役柄となった。

■存在感そのものが“癒し”のキャラクターを好演!『鳩の撃退法』(21)、「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」

本年度西野は3本の映画に出演しているが、前述の『孤狼の血 LEVEL2』に続いて公開されたのが、直木賞作家である佐藤正午のベストセラー小説を映画化した『鳩の撃退法』(21)である。天才小説家の津田伸一(藤原竜也)を中心に、小説と現実世界が交差する謎解きエンタテインメント。西野は津田の行きつけのコーヒーショップで働く店員、沼本役を務め、ぶっきらぼうだが人との距離は近いという一種捉えどころのない役柄をチャーミングに演じ切った。藤原とのシーンが多く緊張していたという彼女は、監督からのアドバイスで「“お姫様抱っこ”をしてもらって距離を縮めた」とのちに語っているが、このエピソードも含めてほっこりさせられる。

そして、戸田恵梨香×永野芽郁主演のドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」で演じた、捜査一課の刑事である牧高美和役もユニークな癒し系キャラだ。牧高は女子高育ちのため男性が苦手で、ザ・男社会の刑事課になかなかなじめない。さらに“新選組オタク”というキャラ設定が濃い役どころであるが、職業柄ジャージでラフに整えたヘアスタイルと見た目はやや控えめな印象。しかし、そんな目立ちすぎない感じもまた牧高の魅力の一つ。新選組も顔負けの熱い闘志を胸に秘める彼女を、西野は等身大で演じてリアリティを与えた。

近年は多面的で複雑なキャラクターを演じることが増えてきた西野。幅広い役柄に自分の持ち味を活かして違和感なく成立させていることに驚くが、彼女の優しい声とおっとりとした雰囲気が作品に温もりを与えているのは間違いないだろう。

■逃れられない悪夢のパーティへ出航!『あなたの番です 劇場版』

そんな西野の最新出演作が『あなたの番です 劇場版』だ。ドラマ版では菜奈(原田知世)と翔太(田中圭)がマンション“キウンクエ蔵前”に引っ越し、菜奈が住民会に参加したことで殺人事件に巻き込まれていくが、劇場版では「もし、交換殺人ゲームが始まらなかったら?」という、“もしも”の世界が描かれる。

キウンクエ蔵前に転居して2年。菜奈と翔太は晴れて結婚し、住民たちを招待して船上ウエディングパーティを開催する。しかし幸せな時間も束の間、逃げ場のない船上で連続殺人事件が勃発し、2人は謎解きに乗りだす。

西野は引き続き理系の大学院生である黒島沙和を演じているが、ドラマ版の途中までは清楚かつかわいらしかった沙和の微笑みが、最後には狂気をはらんだものへと豹変する恐怖を覚えている人も多いはず。はたして、交換殺人ゲームが始まらない世界が描かれる劇場版で、沙和はどんな役割を担うのか?様々な役を経た西野が、その表情や所作で醸し出す雰囲気や魅力と共に注目したい。

文/足立美由紀