『復讐者たち』(20)や『アウシュヴィッツ・レポート』(20)など、今年はナチスによるユダヤ人の迫害を題材にした力作が多いが、『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』(公開中)もそんな映画の一つ。第二次世界大戦期、ナチス統治下のワルシャワを逃れ、得意のヴァイオリンの腕を磨くためにロンドンに疎開したユダヤ人の少年ドヴィドル。引受先の息子マーティンは、最初は彼に反感を抱いていたが、しだいにドヴィドルと兄弟のような絆で結ばれていく。

終戦後、成長したドヴィドルは音楽界で注目を集めるようになり、マーティンの父の主催でコンサートの初舞台に立つことに。ところが開演の直前、彼は忽然と姿を消してしまう。それから35年後、音楽業界に身を置いていたマーティンは、偶然にドヴィドル捜索の鍵を得て、その消息をたどり始める。なぜ、彼はマーティンの前から消えてしまったのか?

■「ロード・オブ・ザ・リング」3部作やデヴィッド・クローネンバーグとのコラボレーションで知られる名作曲家、ハワード・ショア

ドヴィドルの真実を探るミステリーに、歴史上の痛ましいまでの悲劇が絡んだドラマは歯応え十分。『レッド・バイオリン』(98)の名匠フランソワ・ジラールの丹念な描写や、ティム・ロス&クライブ・オーウェンの演技派競演、子役たちの繊細で生き生きとした演技も好評を博しているが、加えて注目したいのが映画音楽界の名手、ハワード・ショアによる劇中の音楽だ。本作ではバッハやベートーベン、パガニーニらのクラシックの名曲がフィーチャーされており、いずれも物語に美しく色を添えている。一方で、ショアの音楽も本作の重要なエッセンスとなっているのだ。

それについて語る前に、ショアについて改めて紹介しておこう。1946年、カナダのユダヤ教の家に生まれた現在75歳の彼は、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作で3つのアカデミー賞を受賞したことで広く知られている。バークリー音楽大学で作曲を学んだあとに映画音楽の世界に飛び込み、『羊たちの沈黙』(91)や『セブン』(95)、『ディパーテッド』(06)など、多くの作品にスコアを提供してきた。とりわけ、デヴィッド・クローネンバーグとのコラボレーションは有名で、『スキャナーズ』(81)以降、ほぼすべてのクローネンバーグ監督作品の音楽を手掛けている。

「私から彼に、“こういう音楽にしてほしい”と注文をつけることはない。脚本を渡し、撮影現場を見てもらうだけ。そのうえで、彼がどんな音楽を出してくるのか知りたいんだ」と、クローネンバーグはコラボレーションについて語るが、この発言はショアに対する信頼の深さをよく表わしている。

クローネンバーグ作品でのショアの音楽は映画ごとにスタイルを変える。オーケストラを重視する作品もあれば、シンセサイザーを主体にしたもの、ギターの複雑なアレンジによるものなど、実に多彩。引き出しの多さに驚かされる。

■強制収容所で命を落とした人々の生きた証を残す「名前たちの歌」

そんなショアが、『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』では、どんな役割を担ったのか?スコアは基本的にオーケストラ形式で、主人公がヴァイオリン奏者ということもあり、弦楽が強調されている。しかし、なにより印象に残るのは、中盤にシナゴーグ(ユダヤ教の教会)で歌われる「名前たちの歌」だ。73万人以上のユダヤ人が命を落としたといわれるナチスのトレブリンカ強制収容所では、収容所のユダヤ教徒たちが亡くなった者の名を記録するため、歌にその名を乗せ、語り継いだという。

劇中では司祭が祈りとともに故人の名を詠唱するが、この「名前たちの歌」を作曲したのもショアだ。当時シナゴーグで実際に歌われていた曲を集め、それを参考にしながらショアは、この曲を作っていった。この楽曲は、映画の最も緊張する場面でフィーチャーされ、深い感動を呼び起こす。

■ハワード・ショアが『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』に込めた美しくも激しい音楽

クライマックスのコンサートの場面で演奏される曲は、その発展形だ。このシーンを作るうえで、ショアは脚本にも意見を寄せた。彼のアイデアは、公演でのドヴィドルのヴァイオリンの演奏に、トレブリンカでの演奏、劇中でドヴィドルのライバルとなる若きヴァイオリン奏者の演奏、さらにシナゴーグでの司祭での詠唱を重ね合わせるというもの。そしてショアは、このコンサートでの曲を、演奏するには技巧が要る曲として作り上げ、ドヴィドルの“天才ヴァイオリニスト”ぶりを強調してみせた。実際に、これを演奏しているのは台湾出身の世界的なヴァイオリン奏者、レイ・チェン。「レイは全身全霊で打ち込み、時代を超える音楽を生みだしてくれた」と、ショアは語る。音楽が感情を揺り動かす、このクライマックスも本作の名場面だ。

幼いころからシナゴーグに通っていたというショアが、ホロコーストを題材にした作品に心を動かされないはずがない。結果、彼は魂を揺さぶるような、美しくも激しい音楽を作り上げた。『天才ヴァイオリニストと消えた旋律』は、ある意味、音楽が主役ともいえる。映画を力作にしたショアの手腕に注目しながら、感動を味わってほしい。

文/有馬楽