言動はもちろんファッションに至るまで、なにかと注目される英国ロイヤルファミリー。その人気を裏付けるように本国イギリスではこれまで王室を題材にした映画が多数製作され、2022年もクリステン・スチュワート主演作『Spencer』やドキュメンタリー映画『Diana』が公開予定となっている。そこで今回は、人間ドラマとしても秀逸な英国発のロイヤルファミリー・ムービーを、年代を遡りつつ紹介しよう。

■最新作はダイアナ元妃をつづる人間ドラマ&ドキュメンタリー/『Spencer』『Diana』
イギリスの名門貴族であるスペンサー伯爵家の三女として生まれ、亡くなったいまでも憧れのアイコンとして絶大な人気を誇るダイアナ。スチュワートが髪をブロンドにしてダイアナ妃を体現した『Spencer』では、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(16)を手掛けたパブロ・ラライン監督のメガホンでチャールズ皇太子との別居を決断するクリスマスシーズンの数日間が描かれ、ドキュメンタリー『Diana』では36歳という早すぎる死を迎えたダイアナの生涯をアーカイブ映像によって振り返る。

■現代〜20世紀:エリザベス2世が抱える栄光と苦悩/「ザ・クラウン」『ダイアナ』『クイーン』
ウィンザー朝第四代女王にして、現在、英国史上最高齢の君主として統べるエリザベス2世。すでに第4シーズンまで配信されているNetflixオリジナルドラマ「ザ・クラウン」は、1940年代後半〜1990年の英国王室50年に迫るヒューマンドラマだ。フィリップ王子と結婚したエリザベス王女(クレア・フォイ)は、父である国王ジョージ6世(ジャレッド・ハリス)の崩御によって25歳でエリザベス2世として即位する。政界有力者とのタフな交渉や様々な王室スキャンダルを乗り越え、女王の子供の世代であるチャールズ皇太子(ジョシュ・オコナー)とダイアナ (エマ・コリン)との結婚&破綻までの知られざるエピソードが、細部までこだわり抜かれた宮殿内部や衣装と共に忠実に再現されている。


そしてナオミ・ワッツがタイトルロールを演じた『ダイアナ』(13)は、世界中で愛されながらも孤独だったダイアナ妃が、心臓外科医のハスナット・カーンと出会い、皇太子との離婚を期に1人の女性として自立していく再生の物語。一方、ダイアナ妃が交通事故で亡くなってからの王室を舞台とする『クイーン』(06)では、ヘレン・ミレンがエリザベス2世に扮してその苦悩を浮き彫りに。この2作品は地続きとなる内容であり、加えてワッツ&ミレンともに再現度が高いと評判になった作品なので、ぜひこの機会にあわせて観てみてほしい。

■19世紀:大英帝国の繁栄を築いたヴィクトリア女王の情熱と癒し/『ヴィクトリア女王 世紀の愛』『Queen Victrioa 至上の恋』『ヴィクトリア女王 最期の秘密』

植民地化政策を推し進め、大英帝国として繁栄を極めた時代の統治者となったのが、在位約64年のヴィクトリア女王。『ヴィクトリア女王 世紀の愛』(09)では、18歳で即位したヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)が、権力争いに巻き込まれながらも、母方の従弟であるアルバートとの激しい恋を貫く姿が描かれる。
しかし夫となったアルバートが42歳の若さで亡くなり、心に深い痛手を負った女王は長期の喪に服す。ジュディ・デンチが二度に渡りヴィクトリア女王を演じ、『Queen Victrioa 至上の恋』(97)では最愛の人を失い意気消沈した女王と彼女に寄り添う使用人ジョン・ブラウンとの絆が、そして『ヴィクトリア女王 最期の秘密』(17)では、晩年期に入った女王と自身の即位50周年記念式典にイギリス領のインドから記念品の献上者として遣わされた青年アブドゥル・カリムとの年齢を超えた交流が語られる。


■16世紀:イングランドの黄金期を築いたエリザベス1世の数奇な人生/『エリザベス』『エリザベス ゴールデン・エイジ』『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

生涯独身を貫き、国にすべてを捧げてイングランドの黄金期を築き上げたエリザベス1世。ケイト・ブランシェットが“ヴァージン・クイーン”を演じた『エリザベス』(98)とその続編『エリザベス ゴールデン・エイジ』(07)では、ともにヘンリー8世を父に持つプロテスタントのエリザベスとカトリックの異母姉メアリー1世との勢力争いと、即位後に強国スペインの無敵艦隊に果敢に挑み、時代を切り拓いていく彼女の勇猛果敢な様子が格調高く描かれる。

そして『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』(18)では、スコットランド女王であるメアリー・スチュアートとエリザベスに焦点をあてて、2人の女王の波乱万丈の生涯を活写。『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』(2022年1月28日公開)が控えるシアーシャ・ローナンがメアリー、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(21)のマーゴット・ロビーがエリザベスに扮した。


なおヘンリー8世のローマ・カトリック教会からの分離については『ブーリン家の姉妹』(08)が詳しい。後にエリザベス1世の母となるアン・ブーリンをナタリー・ポートマン、妹のメアリー・ブーリンをスカーレット・ヨハンソンが演じた。ヘンリー8世の寵愛を競い合う姉妹の嫉妬と葛藤が渦巻く人間ドラマも必見だ。

まるでおとぎ話のような華やかな世界を垣間見せてくれる英国ロイヤルファミリー・ムービー。絢爛豪華な歴史スペクタルでありながら、彼らが抱える悩みや葛藤、孤独が等身大に描かれ、その人間ドラマが観る者の心を捉えて離さない。最新作『Spencer』『Diana』ではどんな感動を与えてくれるのか?2作品の公開を期待して待とう。

文/足立美由紀