12月半ばまでに発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。「映画クレヨンしんちゃん」の最新作や湯浅政明監督作『犬王』など人気作に関する情報を中心にご紹介する!

■記念すべき「映画クレヨンしんちゃん」第30作目のタイトルが決定!

「映画クレヨンしんちゃん」最新作のタイトルが『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』(2022年4月22日公開)に決定。特報映像&ティザービジュアルがファンの関心を集めている。

「クレヨンしんちゃん」劇場アニメシリーズの記念すべき第30作目となる本作。監督を務めるのは『〜オラの引越し物語 サボテン大襲撃』(15)、『〜新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜』(19)の橋本昌和。脚本をこの2作に加えて、前作『〜謎メキ!花の天カス学園』(21)を担当したうえのきみこと橋本監督が共同で手掛ける。ギャグ満載の忍者アクション大作になっているほか、しんのすけの出生の真実が初めて明かされるという。

特報映像は、雨の日にひろしとみさえのかわいらしい赤ちゃんが誕生するシーンからスタート。「しんちゃんが、俺たちの子ども...じゃない!?」というみさえとひろしのセリフに続き、ニンジャのしんのすけが登場。謎の忍者軍団の襲撃を、分身の術ならぬ「分シリの術」でかわす往年のギャグを披露する姿も確認できる。

また、30作目にして両面ビジュアルという新たな試みも。解禁された両面チラシは、表面が“忍者しんのすけ”が手裏剣のようにチョコビを構える姿、裏面は月夜をバックにしんのすけと、くノ一のちよめとゴリラを配置したデザインになっている。「はじまりは『しんのすけ』の生まれた日。」、「オラは誰の子?忍者の子!?」といったそれぞれのコピーからも、野原しんのすけの誕生に重大な真実が隠されていることが暗示されている。

このニュースにファンは、「『雲黒斎の野望』や『嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』みたいなタイムスリップものではなくて、現代が舞台なのかな」や「ポスターを見た感じだと、野原家をテーマにした映画かな」、「キャッチコピーからしてしんのすけの誕生に関わる話か?」といった予想を巡らすコメントがSNSで見られた。

■荒木哲郎監督×虚淵玄によるタッグ作『バブル』が2022年5月に劇場公開!

「進撃の巨人」の荒木哲郎監督が「魔法少女まどか☆マギカ」の脚本家、虚淵玄とタッグを組む『バブル』が2022年5月13日(金)に劇場公開、Netflix版が4月28日(木)に全世界配信されることが決定。また、志尊淳、梶裕貴、宮野真守、畠中祐の出演が発表され、ビジュアルと特報映像も解禁となった。

本作は、世界に泡(バブル)が降り注ぎ、重力が壊れた東京を舞台に繰り広げられるグラビティ・アクション。荒木と虚淵に加えて、「DEATH NOTE」や「バクマン。」の小畑健がキャラクターデザイン原案、『プロメア』(19)などの澤野弘之が音楽を担当するなど、トップクリエイターたちが集結する。

ライフラインが閉ざされ家族を失った若者たちの遊び場となっていた東京。パルクールでビルからビルへと駆け回り注目を集めていたヒビキは、危険なプレイで重力が歪む海へ落下してしまう。不思議な力を持つ少女ウタに救われたヒビキは、やがて世界を変える真実へと近づいていく。

ティザービジュアルは、水没した逆さまの渋谷を背景に、空に浮かぶバブルにつかまる少女ウタの姿を描いたもの。特報映像では、バブルによって水没し、時が止まった東京が映しだされ、美しい景色を存分に堪能することができる。

このニュースにファンは、「予告映像で鳥肌が立ったのは久しぶりです。どんな物語で魅せてくれるのか期待が高まっています」や「観たい。予告映像の作画がめっちゃきれいだった…」、「絵が小畑先生!?と思ったら、本当にそうだった」といったコメントで反応。豪華なスタッフ陣や映像の美しさに高い期待感が寄せられている。

■スタジオポノック制作の『屋根裏のラジャー』が2022年夏に公開

『メアリと魔女の花』(18)以来5年ぶりとなる、スタジオポノック制作のアニメーション映画『屋根裏のラジャー』の公開が2022年夏に決定。特報映像とティザービジュアルも解禁となった。

『かぐや姫の物語』(13)、『思い出のマーニー』(14)などのプロデューサー、西村義明が立ち上げたスタジオポノックの最新作となる本作。原作は、イギリスの優れた児童文学に授与されるカーネギー賞ノミネートなどで高い評価を得るイギリス人作家、A.F.ハロルドの「The Imaginary」で、『もののけ姫』(97)や『千と千尋の神隠し』(01)などに携わった百瀬義行が監督を務める。

主人公は、少女の想像から生まれた“イマジナリ”という誰にも見えない存在である少年、ラジャー。人の想像が食べられてしまう世界で、ラジャーとその仲間たちが、大切な人の未来と運命を懸けて“誰にも見えない戦い”に挑む。

特報映像では、スタジオポノックの手描きアニメーションならではの映像が展開。繊細なタッチで想像への入口が描かれ、本編での壮大なストーリーを予感させる内容となっている。また、一見すると普通の少年のように見えるが、イマジナリという見えない存在であるラジャーの表情も印象的だ。ティザーポスタービジュアルは、蛍のような黄色い光が舞うなか、幻想的な木へラジャーやイマジナリの町に暮らす仲間たちが集まっていく姿がデザインされている。

このニュースにファンは、「絶対観に行きたい!」や「キャラデザ等スタッフの詳細が早く知りたい」、「メアリがおもしろかったので今度も期待」といったコメントを寄せている。

■湯浅政明監督作『犬王』が海外の映画祭で続々と上映!

湯浅政明監督による最新アニメーション『犬王』(2022年初夏公開)のティザービジュアルが公開。加えて、ロッテルダム国際映画祭にて湯浅監督の特集上映が行われ、アングレーム国際漫画祭では仏プレミア上映&アート展が開催されることもわかった。

本作は、室町の知られざるポップスター“犬王”から生まれた物語を、変幻自在のイマジネーションで描くミュージカル・アニメーション。古川日出男の小説「平家物語 犬王の巻」を原作に、室町時代に活躍した実在の能楽師である犬王(声:アヴちゃん)と、盲目の琵琶法師である友魚(声:森山未來)の友情が描かれる。松本大洋がキャラクター原案、野木亜紀子が脚本を務める。

ティザービジュアルは、琵琶を奏でる友魚と楽しげに踊る犬王の姿を切り取ったもの。幻想的なビジュアルに加えて、「ここから始まるんだ。俺たちは」というキャッチコピーも記されている。

ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭、釜山国際映画祭などの海外映画祭や、東京国際映画祭に続き、第51回ロッテルダム国際映画祭でも本作がラインナップ。さらに、同映画祭のFilmmakers in focus部門では「湯浅政明監督特集上映」として、「四畳半神話大系」や『夜は短し歩けよ乙女』(17)、『きみと、波にのれたら』(19)などの湯浅監督作品が一挙上映される。

また、第49回アングレーム国際漫画祭でのプレミア上映に加えて、アート展ではフランスでも絶大な人気を誇る松本による『犬王』キャラクターデザインの原画が世界で初めて展示されることに。同映画祭で日本映画のプレミア上映とアート展が併催されるのは初めてとなる。

このほか、「週刊少年ジャンプ」にて2018〜20年にかけて連載された藤本タツキによる人気漫画「チェンソーマン」の第2部が、2022年初夏より漫画アプリ「少年ジャンプ+」で連載開始、さらに本作のテレビアニメが2022年に放送予定であることも話題を集めた。

文/サンクレイオ翼