1991年に日本初公開された『ホーム・アローン』(90)。クリスマス休暇に、自宅でたった一人過ごすはめになったいたずらっ子と、泥棒2人組との爆笑必至の攻防が描かれる本作は、クリスマスシーズンの風物詩とも言える作品となった。本年12月24日、30周年で「金曜ロードショー」放送されたバージョンで主人公のケビン(マコーレー・カルキン)の日本語吹替えを務めたのは、テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の初代野原しんのすけ役で人気を博した声優の矢島晶子で、生意気で小憎らしいけど、かわいくもあるケビンを魅力たっぷりに演じている。そこで本稿では、ませた子どもを演じさせれば右に出る者がいない矢島の吹替声優としての活躍を、本作との深い関わりを中心に振り返りたい。

■「ホーム・アローン」の日本語吹替えは、矢島晶子なしでは語れない!

『ホーム・アローン』のケビンと言えば、矢島の声をイメージする人が多いだろう。しかし、そう思ってパッケージを購入した人は、ケビンの声が彼女の声でないことにおどろくはず。実は、本作には複数パターンの日本語吹替版があり、1992年に発売されたソフト版と1998年の「日曜洋画劇場」で放送されたいわゆるテレビ朝日版では声優の折笠愛が、フジテレビ版と呼ばれる1994年の「ゴールデン洋画劇場」での放送回では矢島がケビン役を務めているのだ(機内上映版では大谷育江が担当)。

DVDやBlu-ray、Disney+で配信されているものはソフト版に準拠しているが、本年12月24日の「金曜ロードショー」など民放で再放送される際はフジテレビ版の音源を使用しているため、お茶の間には矢島バージョンのケビンが定着することとなった。ちなみに、ソフト版にも矢島は参加しており、ケビンの従弟でおねしょグセが治らないフラーの声を担当している(演じているのは、マコーレーの実弟キーラン・カルキン)。

余談だが、フジテレビ版では矢島のほかに、ケビンの次姉ミーガンをならはしみき、同じく次兄のジェフを伊倉一恵、ケビンの母を手助けするポルカバンドのリーダーを屋良有作が演じているなど、「クレしん」声優が集まっているのも見逃せないポイントだ(それぞれ、みさえ役、ふかづめ竜子役、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』の井尻又兵衛役など。ソフト版のバンドのリーダーはアクション仮面の玄田哲章が担当)。

ケビンを演じる矢島の声は、しんのすけの声と比べるとキーが高くなっているのが特徴で、知らずに聞くと同じ人物だとはわからないかも。どちらかというと、より子どもらしい印象を受け、いじわるな長兄バズとケンカをした時に、周囲が自分だけを責めることにむくれたり、突然家族みんながいなくなったのを知ってはしゃぎ回ったり(ケビンは神様が家族や親戚を消したと思っている)、家に侵入しようとする泥棒を様々なトラップで撃退した際のガッツポーズなど、観る者をいろいろな声色で楽しませてくれる。一方で、家族を消してほしいと願ったことを後悔したケビンが、サンタクロースの格好をした男性に「サンタさんに伝えて。今年のクリスマスプレゼントを欲しがらないから、家族を帰してください」とお願いする言葉には心を打つものが。

■“矢島吹替えの真骨頂”と語り継がれるフジテレビ版第2作

続編『ホーム・アローン2』(92)でも、ソフト版は折笠がケビン、矢島はフラーを担当。1997年の「ゴールデン洋画劇場」で放送されたフジテレビ版では、再び矢島がケビンを演じるなど前作を引き継いだ布陣になっている。なお、1996年の「日曜洋画劇場」での放送では、テレビアニメ「東京リベンジャーズ」でマイキーこと佐野万次郎を演じてブレイクした林勇が同役を担当していた。

『ホーム・アローン2』でのケビンは、たかりグセのある叔父のフランクに向かって、「1セントも出さないドケチがよく言うよ」と発言して周囲を凍りつかせるなど、生意気さもグレードアップ。ファンの間でもフジテレビ版は、“矢島吹替えの真骨頂”と語り継がれているので、こちらの再放送も心待ちにしたいところ。

シリーズはさらに続き、1997年にはスタッフ&キャストを一新して『ホーム・アローン3』も製作。ストーリーのうえでも前作とのつながりはなくなったが、本作にも矢島は主人公アレックスの吹替えで続投している。しかも、ソフト版と、2001年の「ゴールデンシアター」で放送されたフジテレビ版の両方で!さらに、2019年の「金曜ロードSHOW!」放送で寺田心がアレックス役を担当して新録された際にも、矢島はオウムの声でカメオ出演していた。これらのことから、「ホーム・アローン」シリーズと彼女の結びつきが、いかに強いかがわかっていただけるだろう。

■「ホーム・アローン」以外でも子役の吹替えで大活躍!

「ホーム・アローン」シリーズ以外でも、矢島は数多くの日本語吹替えを担当し、その作品ラインナップもそうそうたるもの。バージョンについては割愛するが、『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』(99)での、のちのダースベイダーことアナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)や、『シックス・センス』(99)の幽霊が見える少年(ハーレイ・ジョエル・オスメント)、リメイク版『ベスト・キッド』(10)のジャッキー・チェン演じるカンフーの達人に弟子入りする少年(ジェイデン・スミス)などなど。このほか、『ジュマンジ』(95)や『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(94)、『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(84)、『インデペンデンス・デイ』(96)、『モールス』(10)、『ダーク・シャドウ』(12)といった様々なヒット作、話題作でも彼女の声を聞くことができる。

一方で、子どもらしいキャラクターのイメージがある矢島だが、『パニック・ルーム』(02)ではクリステン・スチュワート演じるどこか擦れた少女の声をクールに表現。リメイク版『オーメン』(06)の悪魔の子、ダミアン(シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)や『エスター』(09)に登場する周囲の大人を翻弄する謎めいた少女エスター(イザベル・ファーマン)も担当しており、その不気味な空気感には戦慄させられる。

「ホーム・アローン」シリーズをはじめ、日本語吹替えでもその豊かな演技力を発揮してきた矢島晶子。『ホーム・アローン』をきっかけに、彼女が担当してきた作品にあらためて触れてみてはいかがだろうか。

文/サンクレイオ翼