『シン・ゴジラ』(16)に続き、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(21)の庵野秀明と、「平成ガメラ」シリーズや『日本沈没』(06)の樋口真嗣という最強タッグが再度実現した空想特撮映画『シン・ウルトラマン』が、いよいよ本年5月13日(金)に公開される。メガホンを託された樋口監督は、いまどんな想いで本作に臨んでいるのか。鋭意製作中である樋口監督を直撃し、「ウルトラマン」との出会いからこれまでの道のりをたどると共に、『シン・ウルトラマン』への想いや情熱をめいっぱい語ってもらった新春特別インタビューをお届けする。

『シン・ウルトラマン』のキャッチコピーは「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」。特報では、もうもうと煙立つなかで、成田亨がデザインした初代を彷彿させるウルトラマンがスペシウム光線を放っている。どうやら本作は、世界に誇る「ウルトラマン」というコンテンツを手掛けた先人たちへのリスペクトが込められた作品となりそうで、その強いこだわりの“原点”についても深堀りしていく。

■「庵野から『初代ウルトラマンの世界観は、樋口向きなんじゃないか』と言われたことが始まりです」

――まずは『シン・ウルトラマン』の企画の成り立ちから聞かせください。

「『シン・ゴジラ』が終わって間もないころでしたが、庵野からまた一緒に映画をやらないか?という話をもらいました。おそらく庵野は、尻尾が生えたキャラクターよりも、人間形のキャラクターのほうに強く愛情を抱いてきたタイプなんです。そのなかでもウルトラマンは、自主映画時代に自分で演じたほどですから、ことのほか好きだったのではないかと。そんなウルトラマンを監督するのが、俺でいいの!?とも正直思ったのですが、庵野から『初代ウルトラマンの世界観は、樋口向きなんじゃないか』と言われたのが始まりです」

――確かに庵野さんは、自身がウルトラマンに扮した自主製作映画『DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン』(83)を監督されていますね。ちなみに樋口監督に向いているという初代ウルトラマンならではの世界観とはどういうものですか。

「初代『ウルトラマン』のドラマはとてもポジティブなビジョンの上に成り立っています。様々な怪獣や宇宙人が出てくるけれど、ウルトラマンや登場人物1人1人も含めて悲観的でない世界観がつむがれていたんです。そこが僕に合っていると思ったようです」

――それは『ウルトラマン』が放送された1966年〜67年という時代背景とも関係しているのでしょうか。

「そうですね。1964年の東京オリンピック後で、高度経済成長も続いていてどんどん日本が豊かになっていくという期待感がありました。1970年に大阪での万国博覧会が開かれることもすでに発表されていたので、『ウルトラマン』にも古代怪獣ゴモラが万博に出現するというエピソード(第26話、27話「怪獣殿下」)がありました。まだ人類が月に行く前でしたが、きっと数年の間に行けると、なんの疑問もなく思っていただろうし、そういう明るい未来が待っていることを子どもたちに伝えようとしていたんだと思います。

科学は使い方を誤ればいろんな悲劇が待っているけれど、正しく使えばいいのだと肯定する立場に立って物語が展開されました。陽性の登場人物が物語の中心にいて、科学に対して疑問を呈するという展開になったとしても、そういう陰の部分はウルトラマンにおいては反定立だった。そのコントラストも含めて、あの時代にしか作れなかったすばらしい作品だと思います」

――『ウルトラマン』には、企画の中心となった金城哲夫さんをはじめ、上原正三さん、佐々木守さんらが脚本を、円谷一監督、飯島敏宏監督、実相寺昭雄監督らが演出を手掛けるなど、後世に残る様々なクリエイターが携わっていますね。

「例えば、のちに実相寺監督と佐々木守さんが手掛けられた『シルバー仮面』は第1話から変化球で、アウトコースすぎて多くの人には観てもらえなかったのですが、『ウルトラマン』のエピソードは、金城さんや円谷監督のように直球勝負を仕掛ける話があったうえで、実相寺監督や佐々木守さんがカウンターパンチを打つような幅の広さがあり、間口が広かったです。守るべき約束さえ守れば、あとはなにをしてもいいという、円谷英二監督の懐の深さが前提にあり、そういった幅に対応できるキャラクターの自由闊達な描かれ方も良かったです。自分が作る側になった時に、改めて『ウルトラマン』を見返してみると、本当にきちんと作られているなと感じます」

■「『ウルトラマンパワード』では、アメリカから根拠のない自信だけを持ち帰りました」

――樋口監督の「ウルトラマン」原体験を聞かせてください。

「僕は1965年生まれなので、原体験としては『ウルトラマン』の本放送ではなく、最初にリアルタイムで観たのは(特撮シーンの再編集回と、アトラク用着ぐるみの新撮回で構成された帯番組)『ウルトラファイト』でした。それこそ『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』の再放送があり、それを観たあとに『帰ってきたウルトラマン』が新番組としてスタートするという流れでした。『ウルトラマン』は、友達の兄ちゃんたち世代のものだったかと。ただ、『帰ってきたウルトラマン』のあとに続く第2期ウルトラシリーズの頃には、だんだんと上の世代が卒業し始めたので、やはり“俺たちのウルトラマン”といえば、『帰ってきたウルトラマン』だったりします。レンタルビデオが徐々に普及し始めて、初期作品の全体像を把握していくのは、高校生ぐらいのころですね」

――『帝都物語』(88)や『ウルトラQザ・ムービー 星の伝説』(90)で絵コンテを担当された実相寺監督を始め、空想特撮シリーズに携わった先輩と多くお仕事をしてこられたかと思いますが、特に印象深い出来事を教えてください。

「僕が下っ端のころは『ウルトラマン80』以降長らく実写テレビシリーズの新作が制作されておらず、ウルトラシリーズ冬の時代で。実相寺監督の作品や、実相寺さんの『コダイ』という会社が受けた仕事を手伝わせていただいているなかで、木下プロダクションの常務だった飯島監督が『ウルトラマン』のドラマをやろうと声を掛けてくれました」

――それはどんなドラマですか。

「『ウルトラマン』を作った方たちのメイキング的なお話で、『ウルトラマンをつくった男たち 星の林に月の舟』という作品でした。当時、実相寺さんが書いておられた『星の林に月の舟 怪獣に夢見た男たち』という自身をモデルにした小説のドラマ化です。この作品のヒットを受けて、ウルトラマンのスーツアクターになりたい男を描いた、武田鉄矢さん主演の『ウルトラマンになりたかった男』というドラマも制作されたのですが、ちょうどそのころに『ウルトラマンパワード』のお話をいただいたんです」

――『ウルトラマンパワード』はハリウッドで制作されたシリーズですね。樋口監督は前田真宏さんや三池敏夫さんと怪獣やメカニックのデザインでクレジットされていました。

「『ウルトラマン』のリメイクをやりたいということで参加しました。バンダイの渡辺繁さんがプロデューサーなので、バンダイビジュアル主導で制作するということで。ですから、『ウルトラマンになりたかった男』の特撮演出に入ってくれないか?と誘われた際にも、円谷に縁のあるスタッフの方々に対しておおっぴらに『アメリカでウルトラマン撮ってきます!』ということができず、『そのころはたぶん、別の仕事で海外に行ってます』とはぐらかすしかなくて(苦笑)。心が引き裂かれるような思いでいました」

――その後、どうなったのですか。

「結局アメリカに行ったら、そこは我々が思い浮かべるようなハリウッド大作の現場とはほど遠かったです。スタジオに行灯みたいなビルのミニチュアが並んでいたので、『すごい!アメリカではカメラテストにもこんなものを作るのか!』とおどろいたら、本番でもそのままでした(苦笑)。これはマズいと思い、渡辺さんに『このままだと大変なことになります』とスタッフ入りを頼み込んだのですが、ハリウッドには労働組合などの問題があり、なかなか難しくて。結局、スポンサーからの横槍という形で渡辺さんに介入してもらい、行灯みたいなミニチュアは、ロサンゼルスのダウンタウンにありそうなビルに改造させてもらいました」

――そのシーンの撮影にも参加されたのですか。

「いえ、ビザが切れてしまうので撮影自体には参加できなかったのですが、こう撮ればいいですよと教え、外の駐車場にミニチュアを並べて記念に写真を撮りました。いわば思い出作りです(笑)。その時の経験を通して、日本の特撮マンはすごいことをやっているんじゃないか?と根拠のない自信だけを持ち帰りまして、その後『平成ガメラ』3部作のミニチュアワークに反映されたこともあると思います」

■「『シン・ウルトラマン』は僕がいまやれる、先人たちへの恩返し」

――令和の時代に『シン・ウルトラマン』を制作していくうえで、どのような課題に直面しましたか。

「当時の『ウルトラマン』の世界観とキャラクターたちを、現代社会に落とし込まなくてはいけなかったので、そこには摩擦がありました。1966年当時からは科学が大きく進歩していますから、過去と現代を紐づけるにあたり本をたくさん読んでみたり、専門家の方に説明してもらったりもしました。本作の狙いは、初代をそのままリメイクするというだけではなかったので、庵野からはハードルの高い台本が上がってきました。お芝居や演出でどう具体化するかということに関しては、『シン・ゴジラ』の時よりも難しかったです。ゴジラは巨大生物1体ですが、こっちは複数の巨大生物たちに加えて、銀色の巨人ですから(笑)。『ウルトラマン』におけるリアリティってなんだろうかと考えるところから始まりました」

――ビジュアル面では、これまで発表されている映像のなかでも、初代を踏襲しつつもかつてないウルトラマン像が話題になっています。

「本作では、(初代ウルトラマンのデザインを手掛けた)成田亨さんが、当初描かれたデザインに忠実であろうと試みています。僕は成田さんが亡くなられる直前に別のプロジェクトでご一緒させていただいたので、成田さんの初期デザインに立ち返ることは僕からのご恩返しというような意味もあります。いま残っている資料やプロップをすべてかき集め、参考にしながら作っていきました」

――ウルトラマンがスペシウム光線を発する画も、昔ながらの表現にこだわられた感じですね。

「『ウルトラマン』で光学作画を担当されていた飯塚定雄さんは、いまでも現役で『ウルトラ』シリーズや『仮面ライダー』シリーズなどで光線を描いているぐらいお元気なので、昔取った杵柄ということでお願いしました。しかも昔と同じやり方で。ちょっとへそ曲がりな頑固じいさんでしたが(笑)、すごい枚数を描いてくれました」

――最後に、『シン・ウルトラマン』に備えたい読者に向けて、ぜひ観ておいてほしい初代「ウルトラマン」のエピソードをいくつか教えて下さい。

「それを僕が言ってしまうと、みんな勘ぐりますよね(苦笑)。『ウルトラマン』のすばらしさは、作劇の振り幅にこそあると思います。そういう意味で3本選ぶならば、まずは脳波怪獣ギャンゴが出てくる第11話『宇宙から来た暴れん坊』かな。陽気な感覚がすごくいいんです。また、四次元怪獣ブルトンが出てくる第17話『無限へのパスポート』のSF性とコミカルさのバランスも『ウルトラマン』らしさだと思います。高原竜ヒドラが登場する第20話『恐怖のルート87』は、子どもを主人公にした悲しい物語が印象的です。この3本をおすすめしますが、ほかにも第19話『悪魔はふたたび』や、第30話『まぼろしの雪山』なんかも非常に魅力的です。

バルタン星人やレッドキングが登場する王道のエピソードや、実相寺監督の回ももちろんすばらしいのですが、それとは別に、みんなが観るかどうか迷っている回について背中を押してあげるほうがいいかもしれないというのが僕のチョイスです。『ウルトラマン』のすばらしさを説明できる3本じゃないかなと思いますので、ぜひ観てみてほしいですね」

取材・文/山崎伸子