日本初のホラー映画専門コンペティションとして開催され、12月26日に授賞式を終えた「日本ホラー映画大賞」。その関連イベントとなる「3夜連続名作ホラー上映&トークイベント」の第3夜が29日にEJアニメシアター新宿にて行われ、日本ホラー映画大賞で選考委員長を務めた清水崇監督の『呪怨(ビデオオリジナル版)』(00)が上映。上映前のトークショーに清水監督と伽耶子役の藤貴子が登壇した。

東映Vシネマとして製作された『呪怨(ビデオオリジナル版)』は、清水監督の記念すべき長編デビュー作。不登校の佐伯俊雄の家に家庭訪問にやってきた小学校教員の小林俊介は、そこで俊雄の母・伽耶子の日記を見つけ、彼女が大学時代の同級生であることを知る。そして時間が流れ、佐伯家が暮らしていた家に住む村上家の長女・柑奈の家庭教師をしていた従姉の由紀は、2階の部屋で奇妙な物音を聞いてしまう。

清水監督が映画美学校時代に課題として制作した「家庭訪問」を皮切りに、「学校の怪談G」に収録された「片隅」、そしてビデオオリジナル版の『呪怨』『呪怨2』、劇場版の『呪怨』(03)、『呪怨2』(03)。さらにはハリウッド版の『THE JUON/呪怨』(04)、『呪怨/パンデミック』(06)と、清水監督が手掛けた「呪怨」シリーズすべてで伽耶子役を演じている藤。その起用のきっかけや裏話、演じる上での心構えなどを語っていった。

■「舞台を見てピンときて、お願いできないだろうかと」(清水)

清水「映画美学校の課題で、階段を這いずり降りてくる幽霊というか化け物というかの役を探していた時に、僕の大学の同級生に女優さんをやってる人が何人かいて、その人の舞台を見に行ったんです。そこに藤さんが出演していて、なんとなくピンときて、あの人にお願いできないだろうかと同級生に紹介してもらったのが始まりでした」

藤「その演劇はちょっとアングラ寄りだったんですけどホラーでもなくて、家政婦かなにかの役で台詞も少なくて。ただ真っ白な衣装を着ていたので、そこでピンときたんですかね(笑)」

清水「僕もなににピンときたのか全くわからないんです(笑)」

藤「当時はどんな役でもやってみたいと思っていて、お化けの役はなかなかやる機会がないのでお引き受けしました。でも撮影の日に大遅刻してしまって…。監督のご友人のお宅をお借りして撮影したんですがとても遠いところにあって。でもものすごい待たされたので全然大丈夫だったという思い出が」

清水「早めに入ったつもりが散々待たされるというのは、僕の現場ではいまでも一緒です(笑)」

藤「それで撮影が終わったのは、たしか夜中でしたよね?」

清水「…」

藤「覚えてないんですか!?(笑)血塗れだったのでお風呂も借りて、階段の血糊をみんなで拭いて帰ったんです。幽霊の役だってことは最初から聞いていたんですけど、階段を降りるというのは聞いていなくて。あとメイクも監督がこういう感じで、と言ってその場で見ながら。メイクさんとは結構難しいね、って話で」

清水「僕は自主映画のサークルにも顔を出していて、メイクさんもそこで知り合った同い年の人で。スタッフやキャストから機材まで全部自分で揃えるというのも課題の一つだったんです。それは多分人を集める力やコミュニケーション能力とか、作品に仕上げる力を測る狙いがあったんだと思いますね」

藤「ただカツラはパーティグッズのを使っていたんで、長い髪というよりはボワッと広がっていて」

清水「それがVシネから映画になって、ハリウッドと。だんだん良くなっていって最終的には人毛のカツラを用意してもらえるようになりましたね」

■「作品を重ねるたびに監督の注文が多くなりました」(藤)

藤「伽耶子のバックグラウンドがここまで複雑だっていうのは、最初はまったく知らなくて」

清水「元々はサイコサスペンスだったんですよ。でも書き直していくうちに、2階で死体になっているお母さんが動きだしたらおもしろいかなとなって、だんだんホラーになり、劇場版やハリウッドにも行って、僕もすっかりホラーの人に…。作品を重ねるうちにバックグラウンドはだんだん追加されていったりもしました」

藤「やってる時はわからなくて、後々ムック本を読んで知るみたいなこともありましたね(笑)

清水「当時から僕のなかにはあったのかもしれないんですけどね(笑)。いまだったらちゃんと前もって説明していると思います」

藤「演じるうえではとにかくダイエットは絶対でしたね。後は監督が『こうやって』という注文があって、それをこなすのが大変で」

清水「階段を逆さで降りるのって大変なんですよね。こんな話をしたらもう怖くなくなってしまうかもしれないんですが、俳優さんとはいえ普段やらない動きをやってもらうというのは抵抗をもたれてしまう。それでまず僕がやってみれば入りやすいと思ってやってみせるんですが、『なんでそんな方向に手が曲がるんですか?』とか『そこまでできそうにないです』って言われたり…」

藤「それでシリーズを重ねるたびに監督からの注文が多くなるんですよね(笑)。本当に細かく指示が出されるので、苦しい顔をしているのは伽耶子になっているとかじゃなくて、芝居が難しいと思っている顔なんです」

清水「『伽耶子の殺された恨みじゃなくて、藤貴子のつらさが見えてるのでもう一回やりましょう』と言ったこともありましたね」

藤「ハリウッド版の時に、このビデオオリジナル版の階段降りのような凶悪な顔に持っていけませんかって言われた時には『え?』ってなりましたね。この時はただ必死にやってただけなので…」

■「俊雄は母を求めていて、伽耶子は息子を求めている」(清水)

藤「あの“声”は清水さんの声だっていうのは有名な話ですよね」

清水「でも藤さんにもお願いしたことありますよね。出してないと後で不自然になるからと」

藤「オーディションもありましたよね」

清水「オーディション?覚えてないです(笑)」

藤「劇場版の前に、この声をいろんな人にやってもらって、一番いい人にって。私も録った覚えがありますが、結局清水さんになったり。あと伽耶子と俊雄くんが一緒に出ているシーンって実はあんまりないんですよね」

清水「劇場版の2作目で、過去の生きていた頃の光景が見えるシーンぐらいじゃないですかね。『学校の怪談G』でも短編を2本やりましたが、白い男の子の話と女の幽霊の話はバラバラなんですよね。僕のなかでは2人は死んだ時期が違っていて、同じ家で亡くなっているけどお互いが冥界を彷徨っていて、母を求めている、息子を求めているというのがあったんで」

藤「ハリウッド版でようやく親子のシーンがあったり、俊雄くんを一番長く演じていたのは尾関優哉くんで、彼のお母さんともおしゃべりしましたし、いまだに年賀状のやりとりもしています」

清水「何代目もいますからね。まるでマルコメ味噌のCMの子みたいな感じです(笑)」

■「違う人が伽耶子を演じると、やっぱり違う」(清水)

清水「撮りつづけている時にも感じたんですが、藤さん以外の人に同じ動きや同じ表情をさせてもやっぱり違うんですよね。『貞子vs伽耶子』とか、ほかの監督が撮った作品では違う人が演じていますが、僕のなかではその表情じゃないだろうと。伽耶子はやっぱり藤さんなんです」

藤「ありがとうございます」

清水「こんなにずっとお化け役の印象になるとは思わなかったでしょう。それは僕のせいです。すいません。でも最初は知らなかったんですが、Vシネの長編で決まった時に改めて藤さんにお願いしたいと所属事務所のプロフィールをいただいたんです。そこで気が付いたのは、僕と同い年で誕生日まで一緒だったということです」

藤「運命的ですよね」

清水「毎年同じ夏の日に一つずつ年を重ねていき、シリーズを追うごとに電話をかけて、筋トレしておいてねとか」

藤「言っていましたね。でも筋トレはすごく難しくて、やりすぎるとムキムキになってしまいますし、もう階段降りは筋肉とかじゃないんですよね。その時の気合いです(笑)」

清水「肉体的に一番大変ですよね。お化けだから物理的な大変さが表情に出ないようにしなきゃいけないし、逆さになった時とか青ざめてきちゃって『一回降りて!』とか」

藤「かなり気を遣っていただいたんで危険なことはなかったんですけど、とにかくいろんなことをやっていましたね」

清水「やらせちゃいましたね」

藤「でもとても楽しかったです。かなりアナログだったので、大人たちがあーでもないこーでもないって仕掛けを考えているのを見てておもしろくて」

■「自分の人生のネタとして最高におもしろい」(藤)

藤「いまでも若い方とか、『呪怨』を観たことがない人がいても伽耶子のことは知っていて。伽耶子役やっていると言うとみんな楽しんでくれる。それは自分の人生のネタとして最高におもしろいことで、本当にありがとうございます」

清水「アメリカだとジェイソンやブギーマンもダークヒーローとしてファンがたくさんいて、サイン会に長蛇の列ができるんですよね。ハリウッド版のプロモーションの時に、藤さんが来られなかったけれどロサンゼルスのホラー専門の書店でサイン会をやることになって、日本に大量にポスターを送ってサイン書いて送ってもらったことがあったじゃないですか。それに僕のサインも足したら、サラ・ミッシェル・ゲラーのサイン会よりも列ができて大変なことになって。ここに藤さんを呼べたらなあって思いました」

藤「海外の人たちは元々ホラー好きな方も多いですし、Instagramをやっていると、みなさん自分で仮装してタグ付けして見せてくれたり。すごいなって思ったりしています。でも私自身はホラー映画を自分から積極的に見ることもないし、霊感もないですし。まあ霊感がなかったのはお化け役をやるうえで良かったかなと。敏感な方で、この家が怖いって言っていた子もいましたよね」

清水「いたいた!」

藤「そういうのを全然感じないからこそ、この役をやりつづけられたんだろうなと思います(笑)」

取材・文/久保田 和馬