オーストラリアのクイーンズランドでジョージ・クルーニーと共に『Ticket to Paradise』を撮影中に、ジョージの妻アマルとディナーを楽しんでいたジュリア・ロバーツの元にも、クリスマスブレイク中に家族が訪ねてきた様子。2002年に結婚した夫のダニー・モダー、双子のフィニアスとヘーゼル(17)、次男のヘンリー(14)が、家族でシドニー旅行をしている様子を「Daily Mail」にパパラッチされている。

Instagramでも私生活、とりわけ子どもたちをお披露目することはほとんどなく、昨年11月に、自身と赤ちゃんの頃のフィニアスとヘーゼルの写真を投稿して話題となったほど。昨年7月には、ヘーゼルが撮影監督の父モダーと一緒に、第74回カンヌ国際映画祭でレッドカーペットデビューを果たし父親似と話題になっていたが、彼らの成長した姿、とりわけフィニアスとヘンリーについては謎に包まれていた。

しかし今回は珍しく、ブランドの公式Instagramでも紹介されている、ロンドン発のリキソーの水色のトップスに白いショートパンツとサングラスという装いのジュリア、そして黄緑のニット帽に紺のパンツとデニムシャツとサンダルというラフな出で立ちのダニー。そして、紺のズボンにグレーのTシャツという装いのヘンリー、カーキ色のチノパンに白いTシャツという装いのフィニアスと、ほぼ同じ身長の男性陣が一緒に歩いている様子や、ポニーテールにTシャツ姿のヘーゼルの姿などがばっちり捉えられている。

なかでもラフながらも両手に無数のブレスレットや指輪といったアクセサリーを着けたヘンリーが、ブロンドの髪をかき上げている大きな写真は顔がはっきりと認識できることから、「カッコイイ!」「彼は俳優とかになってもいいレベルのイケメン」「将来が楽しみ」といった声が寄せられている。

文/JUNKO