2021年12月30日、31日に実施された、世界最大規模の同人誌即売会「コミックマーケット99(略称:コミケ99)」。2年ぶりの開催ということで多方面から注目された同イベントだが、今回は安全面を考慮して参加人数を大幅に制限。それでも2日間で11万人が来場し、“コミケの復活”を印象づける盛り上がりを見せた。こちらの記事では、「コミケ99」の見どころの一つであるコスプレエリアをクローズアップ。会場を彩ったハイレベルなコスプレイヤーたちの写真を、連載形式で数回に分けて紹介しよう。

第1弾となるこちらの記事では、2021年にヒットしたアニメ、映画、ゲーム、コミックなどのキャラクター(に扮したコスプレイヤー)を多めにピックアップ。

屋外に設けられたコスプレエリアを覗いてみると、現在“遊郭編”が放送中の「鬼滅の刃」や、興行収入102億円を突破したシリーズ完結作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、2021年に15周年を迎えた「コードギアス 反逆のルルーシュ」など、さまざまな話題作のキャラクターたちが勢ぞろい。

ほかにも、ゲーム&アニメが大ヒットした「ウマ娘 プリティーダービー」や、“コスプレ”を題材にした漫画作品「2.5次元の誘惑」、同年に実写映画の第2弾か公開された「賭ケグルイ」、さらには日清「どん兵衛」のCMでお馴染みの“どんぎつね”などが人気で、これらのキャラクターに扮したレイヤーが続々と集結。

屋上エリアには伊織もえさん、霜月めあさん、misacoさんといった人気コスプレイヤーも駆けつけ、大勢のカメラマンがきちんと距離を保ちつつ、撮影のための列を作っていたのが印象的だった。

もちろんこれら以外にも、コスプレイベントではお馴染みの作品のコスプレで参加するレイヤーも多く、同日に開催された「となりでコスプレ博2021冬(略称:となコス)」にも、大勢のコスプレイヤー&カメラマンが参加。

なかには「2019年の年末に実施された『コミックマーケット97』以来、2年ぶりに再会しました!」というメンバー同士で集まり、写真撮影を楽しんでいたグループもいて、それぞれが思う存分、2021年最後のコスプレを満喫していたようだ。

取材・文/ソムタム田井