12月後半に発表され、話題になったアニメ関連のニュースをファンの声と共におさらい。新海誠監督による待望の最新作『すずめの戸締まり』や「機動戦士ガンダム」、「宇宙戦艦ヤマト」の新作情報など人気作に関する情報を中心にご紹介する!

■新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』は、少女の“ロードムービー”

新海誠監督の『君の名は。』(16)、『天気の子』(19)に続く3年ぶりとなる最新作のタイトルが『すずめの戸締まり』であり、2022年秋に公開予定であることが発表された。

物語の主人公は、九州の静かな町で暮らす17歳の少女、鈴芽(すずめ)。彼女が“扉”を探しているという旅の青年に出会ったことから、山中の廃墟で古ぼけた扉を見つけ、引き寄せられるようにそれに手を伸ばそうとする。やがて、日本各地で次々と扉が開き始め、その向こうから災いが訪れてしまう。日本各地の廃墟を舞台に災いの元となる“扉”を閉めていく、鈴芽の解放と成長を描くロードムービーになるとのこと。

キャラクターデザインは『君の名は。』『天気の子』に引き続き田中将賀、作画監督は土屋堅一、美術監督は丹治匠が担当。制作プロデュースをSTORY inc.、制作をコミックス・ウェーブ・フィルムが務める。

このニュースにファンからは、「『すずめの戸締まり』めちゃくちゃ気になる!」や「地方にも行くみたいだけど、今度はどんな聖地ができるのかな?」「廃墟好きには堪らなさそうな聖地巡礼ができそう」といったコメントが上がっている。早くも物語の舞台がどこになるのか気になっているといった様子だ。ちなみに、新海監督も監督作で何度も描いてきた新宿のドコモタワーを写した画像を自身の公式Twitterにアップし、「この電波塔はほんの少しだけ映ります(たぶん)」と投稿していた。

■テレビアニメ「BLEACH」が10年ぶりに帰ってくる!「千年血戦篇」が10月より放送

「週刊少年ジャンプ」で連載され、シリーズ累計発行部数が1億2000万部を超えるなど、完結後も世界中で根強い人気を誇る剣戟バトルアクションコミック「BLEACH」。本作の約10年ぶりとなるテレビアニメ「BLEACH 千年血戦篇」が10月より放送されることが明らかになり、ティザービジュアル&ティザーPVが解禁となった。

“千年血戦篇”はシリーズの最終章にあたるエピソードで、尸魂界(ソウル・ソサエティ)に侵攻してきた滅却師(クインシー)の始祖、ユーハバッハ率いる「見えざる帝国(ヴァンデンライヒ)」に、主人公の黒崎一護や護廷十三隊の死神たちが立ち向かう物語。千年の長きにわたり死神たちが背負っていた因縁、その宿業と秘められた真実がひも解かれていく。

ティザービジュアルは破れた死覇装を身にまとい、斬魄刀・天鎖斬月を手にした一護が描かれており、覚悟を決めた表情で戦場に立つ姿が印象的なデザイン。PVでは、これまでのシリーズでおなじみの一護のテーマ「Number One」と共に、一護と彼の仲間である石田雨竜、井上織姫、茶渡泰虎が虚(ホロウ)に立ち向かうシーンから始まり、朽木ルキアや阿散井恋次、浦原喜助、四楓院夜一に続き、朽木白哉や日番谷冬獅郎をはじめとする護廷十三隊の隊長陣、そして“千年血戦篇”最大の宿敵であるユーハバッハの姿も確認できる。

このニュースにファンは、「俺の青春が帰ってくる!」「『千年血戦篇』が楽しみすぎて眠れません」「PVかっこよかった!」といったコメントで反応している。

■「機動戦士ガンダム」の「ククルス・ドアンの島」を安彦良和監督が新たな切り口で劇場アニメ化!

テレビアニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザイン&アニメーションディレクターなどで知られる安彦良和監督による新作映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』が2022年初夏に公開されることが決定。ティザービジュアルと特報映像が解禁となった。

1979年に放送された「機動戦士ガンダム」の第15話「ククルス・ドアンの島」を新たな切り口で再映像化する本作。主人公のアムロ・レイと、彼と敵対するジオン軍の脱走兵で、戦災孤児たちと共に孤島で暮らす元MSパイロット、ドアンとの交流を通して戦争の哀愁が描かれるなど、ファンの間で名作として語り継がれてきた。

安彦監督自らが描き下ろしたティザービジュアルには、アムロの搭乗機RX-78-02 ガンダムとザクの姿が描かれており、まっすぐこちらに眼差しを向けるアムロと、ザクがガンダムを見下ろすように配置されたデザインが特徴的。特報映像では、ガンダムが大地に立つ様子が映しだされているほか、輸送機ガンペリーが物語の舞台となる島の上空を飛行しているところも確認できる。

このニュースにファンは、「これは観に行かねば!」や「ついにTHE ORIGINのRX-78-02 ガンダムが登場!」、「あの伝説の『ククルス・ドアンの島』が劇場へやって来る」といったコメントをSNSに投稿している。

■『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章 -STASHA-』が2022年2月に期間限定で劇場上映

1979年に高視聴率を獲得したテレビスペシャル「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」以降の要素を結集し、「ヤマトの次世代クルー」や「銀河レベルでの星間戦争」を核として再構築した新解釈版の「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」。前後編で展開される本作の後編『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章 -STASHA-』が2月4日(金)より期間限定で劇場上映されることになり、メインビジュアルと予告映像も解禁された。

物語の舞台は西暦2205年。寿命を迎えつつある母星を離れ、新天地ガルマン星への移住を開始したガミラスの人々。しかしその最中、ガミラス星は正体不明の敵から攻撃を受け、無惨にも破壊されてしまう。一方、暗黒の大艦隊を率いるデザリアムは衝撃で軌道を逸脱した双子星イスカンダルを牽引し、持ち去ろうともくろんでいた。生き残った10万人あまりのガミラス人と、イスカンダルに残るスターシャ女王を救出すべく、デスラーはかつての仇敵である宇宙戦艦ヤマトと共にデザリアムに戦いを挑もうとする。

本作のキャラクターデザインを務めた結城信輝による描き下ろしのメインビジュアルは、主人公の古代進とデスラー、スターシャをデザインしたもの。さらに、予告映像のなかには、『宇宙戦艦ヤマト 2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』(21)ではシルエットでしか登場しなかった最後の敵メルダーズの姿が映しだされている。

このニュースにファンは、「早く観たい」や「旧作も見たし、小説も読みました。楽しみです!」、「コスモパイソンがどう変形するのか楽しみ」とコメントしている。

このほかでは、アニメーション界のアカデミー賞と呼ばれる、第49回アニー賞の各賞ノミネーションが発表され、インディペンデント長編映画部門に、細田守監督の『竜とそばかすの姫』(公開中)、渡辺歩監督の『漁港の肉子ちゃん』(公開中)、平尾隆之監督の『映画大好きポンポさん』(公開中)の3本がノミネート。さらに、『竜とそばかすの姫』関連では最優秀FX(アニメーション効果)賞、長編アニメ美術賞に加えて、細田監督の監督賞と長編アニメ脚本賞と計5部門の候補になったことも話題となった。

文/サンクレイオ翼