“顔なきポップスター”として世界的な注目を集めるシンガーソングライターのSiaが監督、原案、脚本、製作を務め、第78回ゴールデン・グローブ賞のコメディ/ミュージカル部門で作品賞と主演女優賞の2部門にノミネートされた『ライフ・ウィズ・ミュージック』(2月25日公開)。このたび本作の予告映像とWEB限定ビジュアル、そしてアーティスト&著名人からの絶賛コメントが一挙に到着した。

Siaの実体験をベースにした本作は、孤独に生きてきたズーがイマジネーション豊かな自閉症の妹ミュージックや、優しい隣人のエボとの穏やかな日々を通して孤独や弱さと向きあっていく姿を描いた物語。ズー役を演じるのは『あの頃ペニー・レインと』(00)のケイト・ハドソン。ミュージック役をSiaの楽曲「シャンデリア」のMVに出演したマディ・ジーグラーが演じ、エボ役を『あの夜、マイアミで』(20)で第93回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたレスリー・オドム・Jr.が演じる。

このたび解禁された予告映像では、主人公のズーが久しく会っていなかった妹のミュージックと再会するところから始まる。周囲の変化に敏感なミュージックとの生活に戸惑い、途方に暮れるズーに手を差し伸べる隣人のエボ。そしてズーは、周囲の助けによって未来を語るようになり、次第に希望を見いだしていくように。また、あわせて解禁されたWEB限定ビジュアルには、光を浴びて歌うミュージックと、苦悩の表情を浮かべるエボの狭間で凛とたたずむズーの姿が写しだされている。

さらに本作をいち早く鑑賞したアーティストや著名人からの絶賛コメントも到着。Siaの大ファンを公言する俳優の加藤諒や、Siaと同じく素顔を隠す歌い手のAdo、芸人のヒコロヒーや野性爆弾のくっきー!に夏木マリと、さまざまなフィールドで活躍する人々が相次いで本作を絶賛。是非とも劇場で、エモーショナルで美しい音楽に彩られた珠玉のドラマを体験してほしい。

<コメント>

●加藤諒

「登場人物の抱える問題は大変な事ばかりなのに、この映画の世界には平和が広がっているような気がしました。観た後にSia様のいままでの曲を聴くとまた違った歌に聴こえ、踊りだしたくなるような作品でした」

●Ado

「音楽シーンはとても色鮮やかで、役者さん達の表情や動きによってより輝いていました。音楽シーンからリアルシーンにパッと切り替わるところは、シーンの予測ができなくておもしろかったです。『ライフ・ウィズ・ミュージック』を通して、Siaが見ている世界、感じている音楽に刺激を受けました。ミュージックは私たちを照らしてくれる存在ですね」

●YUUKI(CHAI)

「人生に起きるどんな事も、想像力があればポジティブにクリエイティブし直せる。そして音楽は、心の一番近くまで来てくれるアイデアなのかも。そんなことを思った映画でした」

●牛丸ありさ(yonige)

「そういえば、いつからかなにかに依存したりすがったりすることがなくなった。それは大切な人や守るべき人がそばにいるからなのだな、とこの映画を見て気づいた。人は人のために優しくも強くもなれる」

●Keeenue

「現実世界では表現しきれない複雑な登場人物の感情を、アーティストならではの音楽と演出で解放的に描いた、カラフルな音楽シーンの世界観が印象的でした」

●塩塚モエカ(羊文学)

「待ちに待った、Sia初監督作品の日本公開。ひたむきで暖かい愛の物語と、最高のポップミュージックたちにポジティブなパワーをもらいました。奇抜でカラフルな音楽シーンはインスピレーションにあふれていて、映画館のスクリーンで体験すれば、Siaの音楽世界にどっぷり浸ることができるでしょう!」

●夏木マリ

「素顔をみせないSia
頭の中をみせたSia
彼女の音楽が映画になったの……
Bravo!Life with music with Love ♪♪」

●くっきー!(野性爆弾)

「御美しい御色に御美しい御ストーリー御美しい友愛情に御美しい御歌声幾多の御美しいを極めた極上ムービーでございました。アタクシの様な蟲下人間ですら心揺さぶられるほどのMAX至極映画でございます。そのマナコと耳でとらえ脳シワにゾッソリと御刻みくださいっ。見ないは無いっ」

●ヒコロヒー

「私たちは誰かに自分が理解されない時の苦しみを知っているはずなのに、誰かを理解できない時に否定したり邪魔をしたりなにかを押し付けたりしてしまう気がしています。大切なことは理解したりされることよりも、さまざまな種類の優しさを持っておくことである気がしました。音楽と彩りと優しさにあふれたユニークな映画でした」

●山岸聖太

「自分を試したかった。劇中のほんのふとしたセリフだが、この作品を紡いだSia監督に想いを重ねてしまった。自分を試してる。誰も皆、きっとそうなんだろうと思う。これからもずっと自分を試し続けたいと思わせてくれる映画でした」

文/久保田 和馬