『明け方の若者たち』が現在公開中だ。人気ライターであるカツセマサヒコの同名デビュー小説を映画化した本作では、東京の明大前や下北沢を中心に原作に出てくる実在の場所も多く登場し、忠実に再現されたこだわりも大きな魅力になっている。

そこで今回、原作者のカツセと本作を手掛けた23歳の新鋭監督、松本花奈、そして主人公の“僕”と“彼女”を見守る親友の尚人を演じた井上祐貴の3人で想い出のロケ地巡りを敢行。“僕”と“彼女”が出会った日に寄った明大前の「くじら公園(玉川上水公園)」をはじめ、初デートで立ち寄った下北沢の「ヴィレッジヴァンガード」(以下、ヴィレヴァン)に、観劇した下北沢の「ザ・スズナリ」、“僕”と“彼女”が出会った場所であり、社会人になって再び訪れた「宮古2号店」、飲み明かした高円寺の「極楽屋」までを巡った。世代も近く気の合う3人は、終始和気あいあい。作品への想いや撮影裏話までたっぷりと語ってくれた。

本作は俳優や歌手など幅広く活躍する北村匠海が主人公の“僕”を、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(2022年放送開始)でヒロインを務めることでも話題の黒島結菜が“彼女”役を、そして新入社員の“僕”の同期で後に親友となる尚人役を「ウルトラマンタイガ」(19)などの井上が演じている。なにものにも代えがたい自由を謳歌できる“人生のマジックアワー”と、社会人になって突き付けられる人生のリアルが交錯する青春映画だ。

■「映画になることで、その場所が映像として一生残るのは感動」(カツセ)

――下北沢、明大前、高円寺と、半日かけて様々なロケ地を巡っていただきました。

井上「楽しかったですし、すでに撮影が懐かしいって気持ちになるものですね!」

――撮影は2021年の2月だったんですよね。今日久しぶりに巡ってみて、特に印象深かった場所は?

カツセ「僕は宮古2号店です。大学時代によく通っていた場所なので、まさかそこで映画を撮ってもらえるとは思っていなかったです。今回このような企画でそこに戻ってきてこうしてロケをしているのも、すごく不思議な感じがしています。映画になることでその場所が映像として一生残るというのも感動しますし、だいたいのものがいつかはなくなっていく世界で、あのカウンターで飲み交わすシーンはずっと残るんだって思うと、ちょっと涙ぐみそうになります。今日も久々に女将さんと話したら全然変わっていなくて、安心しました」

井上「僕も宮古2号店。宮古2号店で撮影した映画のシーンはすごく意味深いシーンだったので、一番印象に残っています」

松本「私はヴィレバンですかね。撮影では、商品を2012年当時のものに差し替えたりもして、時代を感じられる場所だと思っています」

カツセ「あと下北沢のザ・スズナリは、原作では本多劇場なんですよ。でも、劇中で“僕”と“彼女”が観劇し終わったあとに、ザ・スズナリから出て通りを歩くシーンはすごく印象的で。映画のほうがより“下北沢”って感じのするシーンになりましたね」

松本「ザ・スズナリの名前が入った電飾看板とか、ずっとあのままであってほしいですよね」(笑)」
カツセ「あの文字、超いいですよね!」

松本「一部、電気がつかないんですけど、それもまた味があって良くて。直さないでほしい(笑)」


――「私と飲んだ方が、楽しいかもよ笑?」とメールをもらった“僕”が、飲み会を抜け出して“彼女”と意気投合する大事なシーンで登場する「くじら公園」は、実際に松本監督が高校の通学路でよく通られていたと伺いました。

松本「そうなんです。ダンス部だったんですけど、よく放課後に皆で自主練したりしてました。で、疲れたらまさにあのくじらの遊具やベンチに座って駄弁るという」

――劇中では夜のシーンなので、昼間に来てみると、また印象が違いますね。いまは高円寺の「極楽屋」で皆さまにお話を伺っていますがここは、“僕”と“彼女”と尚人、3人での楽しい飲みのシーンでも登場します。

井上「まさにこの席で撮影したんですけど、そのシーンは同世代と普通に会話している感覚で、最初から最後までカメラが回っている時もいない時も同じようなテンションだったんです。それがすごく心地よくて、きっとその楽しさがレンズを通しても伝わっているんじゃないかなと思います」

カツセ「尚人が行きつけの店としてここの極楽屋を紹介するんですけど、その店が、めっちゃこじゃれた狭いカウンターだけの店とかだったら、多分“僕”と“彼女”は引いちゃうんですよ。そうではなくて、こういうオープンな店なんだっていうのがいいんですよね」

井上「そのお店のセレクトに、また尚人の人間味が出てきますよね」

■「映画で『あのシーン、よかったよね』っていうシーンが原作にないものだったら悔しいけど嬉しいです(笑)」(カツセ)

――もともとカツセさんご自身、この原作を書こうと思われた原点は?

カツセ「いろんな物語を書きたいと考えていたんですけど、最終的に説得力やリアリティを持って描けるのは、自分の過去のことから引っ張ってくるしかないなと思いました。それでどの時代の話だったら書けるのか、みんなに当てはまるのかと考えた時に、一番くすぶっていた時期を残しておきたいなとすごく思ったんです。そういう時代があったからこそ書けた話で、あのくすぶっていた気持ちはそのまま表現できましたし、映画にもそれが出ていてよかったなと思います」

――松本監督は原作を読まれて、どんなふうに感じましたか。

松本「原作で描かれている世代が自分とドンピシャの世代、かつ、そこからもうちょっと大人になった世界観というのもあったので、これからこういう気持ちを味わうのかなっていう一種の期待感と、少しばかりの恐怖感が入り混じったような感覚になりました」

カツセ「僕は今回完成した映画本編を観た時に、やっぱり書いたものがそのまま映像化された時の喜びと、書いていないシーンが映画になっていた時の新鮮さ、『こいつら、ちゃんと生きてたんだな』みたいに思うのがどちらもうれしかったので、それが一番ハッピーなことだなと思います。原作者が原作にないシーンを嫌うことはよくあることだと思うんですけど、僕はむしろ映画のオリジナルシーンのほうが好きで、お客さんが『あのシーン、よかったよね』っていうシーンが原作にないものだったら、悔しいけど嬉しいです(笑)」
――カツセさんは、撮影現場には足を運ばれましたか?

カツセ「下北沢のヴィレバンでの、“僕”と“彼女”の初デートシーンだけ立ち会ったんですけど、そこで『大丈夫かも』って素直に思えたんです。美術さんの気合いの入れようや、北村さんと黒島さんの自然な演技とか、結構忠実に再現されている場面をたまたま見たこともあるんですけど、『こんなに再現度が高いんだ』って驚きました。すごく安心して、『お任せします』と言ったのを覚えていて。楽しみでしかなかったです。小説の映画化について先輩たちに話を聞いていると、コロナも大変な時期でそんなスムーズにいかないだろうし、実現しても発売してから4、5年後とかになっちゃうかもしれないなって思っていたなかで、クランクインの報告連絡をもらって、奇跡のような話だなと思いました」

――井上さんが演じた尚人は、本当に理想的な親友ですよね。

井上「今回のお話をいただいて、僕はとにかく演じられるのが楽しみで仕方なかったです。本当に幸せな撮影期間だったんですけど、初めて台本を読んだ時に、例えば尚人の『これを機に、いい男になろうぜ』っていうセリフの『ぜ』とかは、普段なかなか使わないので、そういうところに最初は少し違和感を持っていました。でも僕にも尚人みたいな親友がいるので、彼にあてはめて自分のなかに役柄を落とし込んでいくにつれて、『尚人だったら、これを言うな』ってすべてのセリフを思えるようになりました。尚人なりの格好のつけ方や弱いところを隠して強がるような部分は意識したりしました」

――そして劇中では、“僕”と“彼女”のまさに沼のような5年間が描かれます。青春を描くにあたって松本監督がこだわった部分や意識した部分はあったのでしょうか?

松本「言葉にできない感情を大切に、作りました。“僕”が抱いている気持ちってきっと、しっかりした言葉にしようとすると、難しい。なんで“彼女”のことが好きかと聞かれても好きなものは好きだし、なんで毎日モヤモヤしてるのかと聞かれてもその理由は一つじゃないし、一言じゃ言えないし。でもその未熟さこそが、人生のマジックアワーの体現でもあるんじゃないか、と思いました」

■「キャストの3人が一緒にいることがとても自然に感じられたんです」(松本)

――現場で役作りについてはなにか話されたりしましたか?

松本「初めて北村さん、黒島さんと井上さんが揃った本読みの時から思っていたのですが、“僕”と“彼女”、尚人はなんというか、纏っている空気感が近くて。この3人が一緒にいることがとても自然に感じられたんです。だからその空気感を壊さないようにしないと、という想いがありました。北村さんとは、『とにかく自然体でいる』という共通認識を持ちました。黒島さん、井上さんとは原作には描かれていない“彼女”、尚人の一面も見せられるよう、人物像を深堀りしていきました」

――井上さんは、北村さんと黒島さんと本作でご一緒されていかがでしたか?

井上「この主人公の“僕”という役は、もう匠海くん以外考えられないですよね。匠海くん本人も、行くところ行くところロケ先で『ここはこういう思い出がある、ここはこんな時に…』みたいに言ってたんですよ。たぶん想い入れのない場所はないんじゃないかっていうくらい。匠海くんが、カツセさんに『もう自分の人生を見透かされているような気持ちになった』って言っていたじゃないですか。撮影で一緒に過ごしていて、本当にその言葉のまんまだなって思いました。黒島さんも掴めそうで掴めないというか、あの唯一無二の雰囲気というか…。特に明け方まで飲み明かした3人のシーンで思いましたね。朝日を背に彼女が先に走っていって呼ぶところは、“彼女”にしか見えないですよね!」

カツセ「あれは、勝てんってなりますね(笑)」

井上「最高な2人だなって思います」

カツセ「3人とも、よくここまでやってくださったなと。それに尽きますよね。ご本人たちがどこまで意図していたのかわからないような細かな所でよさが出ていて、主人公なら確かにそういう表情しそうとか、“彼女”ならその仕草しそうとか、尚人ならこう言い切りそう、みたいなところがはっきり出るから、観ていて気持ちよさがすごかったですね」

――明け方の高円寺を駆け抜けるシーンは、まさにこの映画を象徴しているようでした。

カツセ「実に映画的ですよね。原作にはないシーンなんですけど、あそこは満場一致で映画のなかでも非常に大事なシーン。幸せの絶頂もあそこがピーク」

井上「曲も最高ですよね!」

カツセ「主題歌もやってくれた、マカロニえんぴつの『ヤングアダルト』が、あのタイミングでかかるのはズルいですね(笑)。」

井上「ちょっとスローになって、エンディングやん!っていう(笑)。あそこからまたガラッと変わるのも、いいんですよね」

松本「原作にいくつもの名曲が出てくるので、どこでどの曲を使おうかと悩みましたが、心情や時代性を表せるようにしたいなと」

カツセ「相当強いラインナップだったからどうなるかなと思っていたんですけど、いいシーンでいい曲がかかるのでうれしかったです」

■「僕自身が“僕”と尚人に背中を押されて、諦めずに前に進んでいけるような生き方をしたいです」(井上)

――先ほどのマジックアワーのシーンもですが、特に好きなシーンを教えてください。

カツセ「主人公と“彼女”が風呂場で歯磨きしているシーンがすごく好きです。カップルが一緒にお風呂に入るシーンはほかの映画にもたくさんあると思うんですが、あのアングルで歯磨きしてて口から“ペッ”て出すシーンまで撮ってるのは、あまり見たことがなくて。あの“ペッ”を恥じらいなくできるってことは、そこまで2人が打ち解けた関係であることを証明していると思うんです。松本監督は長回ししてセリフの応酬をさせている時が、グッとくるシーン多いとも思います」

井上「僕は尚人のシーンではないんですけど、“僕”と“彼女”が『王将』を出て、さあここからどうする?というシーン」

カツセ「一番むずがゆいやつ(笑)」

井上「あの『どうする?』みたいな時間帯、あるじゃないですか(笑)。うわっ、いまからどうするこの2人みたいな。そこで“僕”なりに押すんですけど『朝まで一緒にいたいです』っていう言葉しか言えないっていうのを、最後まで観ればわかるんです。その一瞬の“僕”の迷いをすごく感じて、あそこはたまらなく好きなんですよね」

松本「私は、“僕”と尚人のバッティングセンターのシーンが好きです」

井上「バッティングの練習、めちゃくちゃしました(笑)!球技のなかで一番と言っていいくらい苦手というのもあったし、打ちながらセリフを言わなきゃいけなかったので大変でした。しかもあのシーンは核になるシーンのひとつだったりもするので」

松本「あと、バーで“僕”と尚人と同期の黒澤が、“エチエチ山手線ゲーム”をやるシーン。あのノリも良かったです」

井上「現場はまあまあカオスで、この作品で一番NGが出たシーンですよ!」

松本「やればやるだけ良くなっていったので、『もう一回』『もう一回』と」

井上「 一瞬“エチエチ”に聞こえるけど、よく考えたらそんなことないという言葉をテーマに山手線ゲームをやるんですけど、『いやそれ、完全に“エチエチ”じゃん!』っていう言葉を僕が言っちゃったんですよ。みんなから『それアウト!』って言われまして」

松本「現場が固まりましたよね(笑)」

――ロケ地はもちろん、いろんな楽しみ方が出来る作品です。お話も尽きませんが、どんなふうに観てもらいたいか最後にメッセージをお願いします。

カツセ「最初は恋愛映画のように思えて、次に青春映画のように思えて、最後に友情映画のように思えるっていうのが、この作品だと僕は思っています。その最後の気持ちで思い浮かんだ友達とかと、ずっと続くような関係であったらうれしいなと思うので、若い世代の人たちに見てもらいたいです」

井上「僕自身、特に“僕”と尚人に背中を押されて、どんなに理想通りにいかなくても、諦めずにちょっとずつでも前に進んでいけるような生き方をしたいなと思ったんです。正解のない、観る人それぞれに感じ方が違う作品だと思いますし、どの世代の方も共感してもらえる作品になっていると思います」

松本「好き、の気持ちを継続させるのって、すごいことだと思うんです。何かを堪らなく好きになるって面倒くさいし、しんどいことも傷つくこともあるけれど……それでも悪くないかも、と思ってもらえるキッカケになれば嬉しいです」

取材・文/富塚沙羅