テレビアニメ、舞台、劇場アニメーションも展開された「文豪ストレイドッグス」。シリーズ初の実写版映画『映画 文豪ストレイドッグス BEAST』の初日舞台挨拶が1月7日に横浜ブルク13で開催され、橋本祥平、鳥越裕貴、谷口賢志、田淵累生、植田圭輔、坂本浩一監督が登壇。橋本が「今年は文豪イヤーにしたい」と意気込むなど、それぞれが今後の目標を明かした、

本シリーズは、ヨコハマを舞台に中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の文豪の名を持つキャラクターが繰り広げる“異能”アクションバトル。 「仮面ライダー」「ウルトラマン」などの特撮シリーズを手掛けた坂本浩一が監督、原作者の朝霧カフカが脚本を務めるほか、キャストには舞台版の俳優陣が集結した。

横浜での舞台挨拶がかなったこの日。上映後の会場を見渡した芥川龍之介役の橋本は「皆さん、新年明けましておめでとうございます」と挨拶し、「いよいよ皆さんに映画をお届けする日が来た。朝起きてからずっとそわそわしていました」とにっこり。中島敦役の鳥越は「寅年ですね。楽しみすぎて白虎の目、借りてきました」と瞳のモチーフが入った衣装をアピールして、会場を盛り上げていた。

舞台で絆を育んできたキャスト陣。鳥越が「舞台で4年間やらせていただきましたが、それまで植ちゃん演じる中也とは、芝居をしたことがなかった。映画で初めて芝居をした。すごく新鮮で、中島敦としても鳥越裕貴としても楽しんだシーンです」と語ると、中原中也役の植田も「ドキドキして涙出てた。うれしすぎて」と喜びの一言。橋本は「外であの衣装で会うというのが不思議な感じがした。でも文ステファミリーは、どこで会おうとも接し方は同じ。現場はだいたい鳥越くんといたんですが、撮影が終わって休憩で携帯を見ると、フォルダに鳥くんの自撮りの写真がめちゃめちゃ入っていた」と楽しそうに“ファミリー”での撮影を振り返っていた。

織田作之助役の谷口は「監督が、2.5次元をいかにリアルにするかとても工夫してくれた。僕らも信用してできた」と坂本監督に感謝。「みんなでやってるぞという気合と緊張感と、いままでみんな繋いできたという自信がかみあった、いい雰囲気の撮影現場だった」と充実の表情を見せた。坂本監督は「出来上がっているチームのなかに、僕が新参者として入っていく立場だった。緊張しましたが温かく迎えていただいて、現場自体すごく楽しかった」と笑顔で語っていた。

さらに今年の目標を聞かれた一同。橋本は「映画も始まりましたし、アニメの第4期も予定されている。今年は文豪イヤーにしたい。僕らとしても映画からまたさらに新しい場所へ行けるような1年にできたら」と抱負を吐露。鳥越は「この映画はどうなるんだろうという(終わり)。僕ら自身がなにかが起これば、なにかがあるんではないかと…。そのなにかを期待しております」、谷口は「アンチエイジングかな。今回の特典でもらえる小説版もやれたら。そんな期待も込めつつ、もうちょっと若くなりたいな」と希望。

本作の撮影で遅刻してしまったことをいじられていた太宰治役の田淵は、鳥越に耳打ちをされて「僕は遅刻しないように頑張ります」と苦笑い。植田が「昨年は舞台も映画もやらせていただいて、中原中也を演じている時間が長い1年だった。それを超えるくらいの熱量で作品と役を愛せる年になれば」と願うと、坂本監督は「アニメの第4期があって、舞台も定期的にある。実写映画も定期的にできるよう、支援していただければ。応援よろしくお願いします!」と訴え、大きな拍手を浴びていた。

取材・文/成田おり枝