キャサリン妃が1月9日に40歳の誕生日を迎え、例年通り、日付が変わる数時間前にケンジントン宮殿の公式サイトやInstagramなどで、ポートレート写真をお披露目した。

通常では、これまでの公務などで撮影された、お披露目済みのラフな装いのポートレート写真が公開されていたが、今年は40歳の節目とあってか、いつもとはまったく違う装い。エリザベス女王や故ダイアナ妃の写真など、歴代英王室メンバーのポートレートが飾られている、ロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーに飾られる永久保存版として撮影されたものだという。

「Hello!」などによれば、ディオールなどを手掛けるイタリア人フォトグラファー、パオロ・ロヴェルシによる3枚の写真は、キャサリン妃がパトロンを手がけるナショナル・ポートレート・ギャラリーのプロジェクト「Coming Home」 の一環で、11月に世界遺産である王立植物園キューガーデンで撮影されたもの。モノクロ2枚とカラー1枚の計3枚の写真のドレスは、どれも、キャサリン妃がウェディングドレスでも着用したアレキサンダー・マックイーンのものだという。

最初に投稿された写真でまとっているオフショルダーのヴィンテージ風シフォンドレスは、未来の王妃を彷彿させる、伝統を重んじつつも現代の英王室を象徴する装いで、身に着けているパールのドロップイヤリングは故ダイアナ妃のものだ。また左サイドから撮影されたショットでは、同じく故ダイアナ妃の形見であるサファイアの婚約指輪を着けていることがわかる。写真では見えないが、右腕にも同じく故ダイアナ妃の形見の3連のパールのブレスレットをしており、義母にオマージュを捧げているという。

2枚目の、パフスリーブとポケットが現代風の赤いワンショルダードレスは、まるでハリウッドスターのような装いだが、ダイヤモンドのイヤリングはエリザベス女王から借り受けたもので、しっかり伝統を継承。

また3枚目の優しい笑みを浮かべたアップの写真で着ているワンショルダーのシフォンドレスは、過去のコレクションの端切れ布から作られたアップサイクルのドレスで、ウィリアム王子と共に推奨している環境問題を意識した、サステイナブルな装い。現在、そして今後を見据えたテーマ性のある写真に仕上がっている。

「BBC」などによれば、これらの写真は、現在3年がかりで改装中のナショナル・ポートレート・ギャラリーの再オープンまで、キャサリン妃が幼少時代を過ごしたバークシャー、ウィリアム王子と出会った大学時代を過ごしたセント・アンドリューズ、そしてウィリアム王子と結婚前後に短期間生活していたアングルシー島という、キャサリン妃ゆかりの地でお披露目されるという。

文/JUNKO