2019年のカンヌ国際映画祭のある視点部門やアヌシー国際映画祭など、世界各国の映画祭で上映され、話題を呼んだアニメーション映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』が公開中。20世紀イタリア文学を代表する作家ディーノ・ブッツァーティが生んだ、半世紀以上にわたって読み継がれてきた童話を、フランス在住のイタリア人アーティスト、ロレンツォ・マトッティがアニメ化。幻想的な色彩とユーモラスなキャラクターたちが織りなす、生命力あふれるアニメーション映画に仕上がり、フランスの公開時には「華やかな色彩が詰まった、宝石のような映像詩」と絶賛された。

本作の吹替え声優を担当したのは俳優の柄本佑と伊藤沙莉。柄本は語り部となる旅芸人のジェデオン、魔術師デ・アンブロジスという2役に、そして伊藤はジェデオンの助手アルメリーナ、クマの王の息子トニオの幼少期、劇中に登場する大人トニオの友人の少女アルメリーナという3役にそれぞれ挑んでいる。クマと人間が共生した世界という寓話を通じて、自分自身のアイデンディを見つめること、異なる文化との共存、そして共生の難しさと大切さを描きだしているが、数多くの作品に出演しながらも、意外にも本作が初共演となる柄本と伊藤は、この詩情あふれる物語になにを感じたのか。そのアフレコを振り返ると共に、声の仕事に挑む思い、好きなアニメなどについて語り合った。

■「伊藤さんといままで共演していなかったのは不思議な感じ」(柄本)

――お2人、実は今回が初共演となるそうですね。

柄本「伊藤さんは柄本家との共演はどうなの?」
 
伊藤「(弟の)時生さんは『全裸監督』など、よく一緒にさせていただきました。(父親の)明さんはCMだけですね」

柄本「そうか! CMで共演してたね」

――今回共演してみてどうでしたか?

柄本「今回は吹替えですので、お芝居のやりとりがちょっと特殊な状態でしたからね」

伊藤「そう。掛け合いをできたのがテストの時だけだったんですよ」

柄本「でもテストしかしてないんですけど、一緒に声のやりとりをしている感じでは、非常に合うものがあるのかなという印象がありました。伊藤さんとは昔から知っていたし、たまたま同じスタジオにいた時にごあいさつさせてもらったこともありましたから。ただ時生との共演が多いから、いままで共演していなかったのは不思議な感じですね」

伊藤「佑さんはいつもフランクに話してくださるので、会えば会うほど、時生さんのお兄ちゃんだな!という感じがします」

柄本「そりゃそうだ。アニキだもん(笑)」

伊藤「優しいし、おもしろい家族だなと思います」

柄本「時生は本当に年下の役者さんの面倒見がいいんですよ。俺は逆に面倒見はまったくよくないから。そういった意味では時生のほうが非常にちゃんとしてる。人をあまり疲れさせないし。だからすごく偉いなと思います。さっきから時生の話しかしてないね(笑)」

■「“みんな仲良くしよう”ということだけでも、子どもたちに伝わると思う」(伊藤)

――映画をご覧になった感想はいかがでした?

柄本「とにかく老若男女、楽しめるアニメファンタジーだなと思いましたね。キャラクターや色がかわいいんですよ。なんと言っても伊藤さんの演じていらっしゃる女の子がいちいちチャーミングで、素直で、明るいんですよ。だからちょっと物語的にダークなところがあっても、そういったところで救われる感じがあって。単純におもしろいなと思いました」

伊藤「私もめちゃくちゃかわいいと思いました。お話もおもしろいですし、考え方によっては結構残酷な内容だったりもするけど、それをすごくポップに描いています。だからこそ伝わるものがあるのかなと感じましたし、とても優しい映画だなと思いました」

――大人だけではなく、子どもでもささるストーリーですね。

伊藤「物語に入りやすかったですね。絵のタッチもそうですけど、柔らかい感じがするから、きっと子どもたちが観ても、なにかが届くんじゃないかなと。内容を深く考えようと思ったらいろいろなテーマはあると思いますけど、もっと単純に、“みんな仲良くしよう”ということだけでも伝わると思うから。そういうところがすごくいいなと思いました」

柄本「わりと小さい子どものほうがそのテーマをすんなり受け入れますよね。子どもたちのほうが柔軟じゃないですか、難しく考えずに。だからたくさんのお子さんに観てもらいたいですね」

■「『クレヨンしんちゃん』は、毎年娘と観に行っている」(柄本)

――ところでお二人は普段、アニメはご覧になられますか?

伊藤「私はどちらかというと、昔に観ていたものをリピートしてる感じですかね。そんなに新しい作品は追いかけてないです。『トイ・ストーリー』とか、そんなんばかり見ていますし、『魔女の宅急便』も何度も観てしまいます。それから『赤ちゃんと僕』というアニメも大好きで。そういう昔のアニメが時々見たくなったりします」

柄本「なつかしい!俺も観てました」

伊藤「それこそ『おジャ魔女どれみ』や『美少女戦士セーラームーン』とか。そういう子どもの時にハマってたものが突如観たくなる瞬間があるんです」

柄本「『おジャ魔女どれみ』も観てたね」

伊藤「本当ですか!」

柄本「『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』くらいまで見てたんじゃないかな。そういえば最新の映画は観た?俺、見逃しちゃって…」

伊藤「『魔女見習いをさがして』ですか?めっちゃよかったですよ。百田夏菜子をはじめ3人の声優さんが、めちゃくちゃ役に合ってるんですよ。だからすごく集中して観られましたね」

柄本「やっぱりいいんだ。絶対いいだろうなと思ってた。映画館で見逃して、すごい悔しかったんだよな」

――柄本さんもアニメはご覧になるんですか?

柄本「僕も観ますね。でもゲームもそうなんですけど、ハマっちゃうと仕事が手につかなくなっちゃうんです。大人になってからは、適度な距離感で観てますね。だからアニメにハマるっていう本来の楽しさを最近は失っている気がします」

――子どものころはどんなアニメを観ていたんですか?

柄本「僕が小さい時から好きだったのは『ガンバの大冒険』や『未来少年コナン』とかですね。やっぱり何度観てもすばらしいですよね。『ガンバの大冒険』を観ますと、あのイタチに勝てると思わないですもん。(イタチの)ノロイはトラウマ級に怖いですよね、あれは本当に傑作だと思いますね」

――最近はお子さんと一緒にアニメを観たりするのでは?

柄本「映画館に観に行ってますね。それこそ細田守監督の『竜とそばかすの姫』も行きましたし、『クレヨンしんちゃん』は毎年、娘と観に行ってますからね。あと家ではアニメの映画をつけていたりするんですけど、そういった意味では『ポケットモンスター』なども全部観ていますね。でもやっぱり『クレヨンしんちゃん』はおもしろいですね。今年の『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』は特によかったですね」

伊藤「私も『クレヨンしんちゃん』は毎年行きます。“天カス”も観に行って、超泣きました」

柄本「もうボロ泣きですよね。今回のやつは特に出来がいいと思いました。「クレヨンしんちゃん」シリーズのなかで、高橋(渉)監督とうえのきみこさんペアの『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』もとても好きで、やはりキャラクターの作り方が上手いと思いました」

■「絵に合わせてぴったりな声や言い方を探したりするのもすごく楽しい」(伊藤)

――柄本さんは、湯浅政明監督の最新作『犬王』に声優として参加していますし、ここ最近は声優業が増えていますね。

柄本「そうですね。ただ声優の仕事自体はそれほどやっていなくて。土屋太鳳ちゃんが声優をやっていた『僕だけがいない街』というテレビアニメに少し出たのと、あとは実写映画ですけど、廣木隆一監督の『きいろいゾウ』という映画でヤギの声をやったくらいですね」

――ヤギの声ですか。

柄本「ちょうど、僕が結婚したころだったんですよ。そしたら廣木さんが、結婚祝いにヤギの声やりなって。それでうちの妻が犬の声をやることになって。だから廣木さんからの結婚祝いだったんですよね(笑)」

――伊藤さんは最近、声優のお仕事が多くなってきていると思いますが、心掛けていることはありますか?

伊藤「思ってるより大げさにやっても、意外とそれがちょうどよかったりするんだな、というのは、毎回やらせていただく度に感じるところです。例えば普段の自分が映像や舞台でお芝居をする時には、絶対にやらないようなテンションでやる時もあるんですけど、普段だったら出さないような声も、出してみると意外と楽しいというか。自分の知らない部分を知ることができますね。もちろん難しいですけど、でもそれこそ画に合わせてしゃべるわけだから。そこにぴったりくるような声や言い方を探したりするのもすごく楽しいですね」

――今作の吹替えにおもしろさや難しさをどう感じていますか?

柄本「僕はそんなに声優をやったことがないんですけど、収録しながら感じたことは、フランス語のスピードに慣れるのが大変ということ。日本語はわりとゆっくりしゃべっていいのかなと思うんですけど、耳から聞こえてくるフランス語が早いので、そっちに引っ張られてしまって大変でしたね。ただオリジナルの音声は、モノマネするというわけではないですが、ものすごく参考にさせていただきましたね」

――伊藤さんは海外アニメの『小さなバイキング ビッケ』などでも吹替え声優をされていましたが、その時もオリジナルの言語を聞きながら吹替えをしたんですか?

伊藤「そうですね。『小さなバイキング ビッケ』の時も原音を聞きながらでした。今回も同じスタイルですね。確かに言葉の長さが本当に合わないんですよ。実写の場合、外国のお芝居ってちょっとアクションが大きいというイメージがあるんですけど、アニメになると、意外にリアクションが薄かったりして。だから原音をどこまで参考にするのか、そしてどこから自分のオリジナルを挟むのか、というその塩梅がいつも気になります」

柄本「いま、思いついたんですが、『チェブラーシカ』に新吹替えがあるとしたら、伊藤さんに絶対オファーが来るね(笑)」

――それこそまた2人でできますよね。柄本さんはワニのゲーナ役で。

柄本「いいですね。僕は『チェブラーシカ』好きなんでやってほしい」

伊藤「私もやりたいですね(笑)」

取材・文/壬生智裕