King & Princeの永瀬廉主演、池田エライザ、柄本佑が共演する『真夜中乙女戦争』(1月21日公開)の序章となる4分間の本編映像が解禁。あわせて、本作を鑑賞した著名人22名からのコメントが到着した。

同作は10代・20代から圧倒的な支持を集めた作家Fの同名小説を『チワワちゃん』(19)や『とんかつDJアゲ太郎』(20)の二宮健監督が映画化した青春ドラマ。平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争を描いている。

このたび公開されたのは、冒頭東京タワーのカット以降の本編映像で、永瀬演じる“私”が大学で講義を受けるシーンから始まる。生気のない虚無感を抱えた眼差しで授業を受ける“私”が渡辺真起子演じる教授に抗議する様子や、“私”の身に起こっている災難、そして柄本演じる謎の男“黒服”との出会いまでが収められた、“真夜中乙女戦争”が巻き起こるプロローグと言える映像となっている。

“私”が大学で教授に抗議する長台詞のシーンについて「たくさん練習して、イメトレも何度もしてきたのに、いざ実際に教授の前に立つと全然違いました。“私”がどんな人物か観客が知る大事なシーン。台詞も長いので、一番気合入れて挑みました」と永瀬が明かす渾身のシーンが本映像では垣間見ることができる。また、柄本は「“私”と“黒服”の出会いのシーンは、青天の霹靂じゃないですけど、あっこいつって感じるそういう存在。この2人はどこかで繋がっている、2人で1人という人物造形なんじゃないかなと思います」と語っており、“茎わかめ”をきっかけに話しかける場面からは想像のつかない展開が待ち受けている。

また、本作を鑑賞しコメントを寄せたのは、門脇麦、栗原類、松本穂香ら二宮監督作品出演の俳優・女優のほか、映画監督の松本花奈といった映画界はさることながら、芸人、タレント、アーティスト、クリエイターまでバラエティ豊か。年齢も立場もバラバラながら、彼らが口を揃えて賞賛を贈る本作に期待が高まる。

<著名人コメント>

●宇垣美里(フリーアナウンサー)

「若さゆえの焦燥感、全能感、破壊への距離の近さ 脆いほどに繊細で危うげなあのひと時の激情が あまりに美しく陳腐を超えてスタイリッシュに描かれていて もう死んでしまったかつての自分を見てちくりと胸が痛くなった」

●宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)

「岡崎京子ワールドを現代に蘇らせてみたり、とんかつ DJ でアゲてみたり、これまでムチャなことばかりしてきた二宮健監督がまたしても。2020年代東京で『ファイト・クラブ』スピリットを引き継ぐという無謀な試み。でも、恋愛パートの切なさは本物でした。最後のビリー・アイリッシュはズルい(笑)」

●大島育宙(芸人・映画評論 YouTuber)

「政治の季節もバブルの熱狂も体験できなかった世代による、世代のための架空叙事詩。世紀末にまだ子供だった 89 年生まれの作家、91 年生まれの監督による新約『ファイト・クラブ』。映画化されなければならなかった小説が、映画化すべき監督の手で映画になったことを幸せに思う」

●沖田遊戯(映画YouTuber・芸人)

「"わたし"は世界が終わると言われた 1999 年に産まれました。同年に誕生した破壊的な怪作「ファイト・クラブ」が大好きなわたしに今一度破壊のチャンスが訪れたのです。決行の時は 2022年1月21日、作戦の名は……」

●門脇麦(女優)

「こんな青春映画をずっと欲していた!この高揚のために映画を観続けているのだと思う瞬間に満ち溢れた幸福な 113 分でした」

●栗原類(俳優・モデル)

「2020年、世界に対しての不安が生まれてしまいました。今作を見た時に己の不安や戸惑いを受け止めてくれたような気がして心境が少し変わったような気がしました。 ビリー・アイリッシュの主題歌も濃い味を出しているので最後までお見逃しなく!」

●くれい響(映画評論家)

「ルール、その 1。『真夜中乙女戦争』について口にするな。これまでになく、妖しげな池田エライザ。これまでになく、不気味な柄本佑。そんな 2 人に挟まれ、危うさに溺れていく、これまで見たことのない永瀬廉。彼らのアンサンブルと二宮健監督のブッ飛んだセンスが、“トーキョー・ファイトクラブ・ストーリー”を生み出した!」

●ごめん(イラストレーター・漫画家)

「非現実の中に確かにある現実。恋も生きることも下手で、一見偏屈だが真っ直ぐな『私』の物語が、どうにも他人事とは思えない。美しい言葉や映像の中に、儚さではなく静かな強さを感じました」

●酒村ゆっけ、(酒テロクリエイター/作家)

「東京破壊という衝動のような世界と儚げな言葉で紡がれたたおやかで詩的な世界を同時に味わった真夜中の映画時間。もし自分が退屈で色のない生活を送っていて、目の前に危うさをまとった黒服の柄本佑さんが現れたら光を求めて問答無用に手を伸ばしてしまうだろう」

●SYO(物書き)

「カッコ悪いものなんて、死んでも映さない――。 そんな熱意と衝動が、画面の端々で蠢いていた。 この映画は、若者たちを刺激し、大人たちを挑発する」

●修一朗(動画クリエイター)

「池田エライザの色気は最高。そして何よりも柄本佑の役柄が作品のダークな雰囲気にとてもマッチしていた。「東京を破壊する」という一見非現実的なテーマも、彼の自然な演技により常に緊張感が張り詰めていた。原作は読んでいなかったが、ストーリーも十分に理解でき楽しめる作品だった」

●高山亜紀(フリーライター)

「真夜中とは? 乙女とは? 戦争とは? 想像をやすやすと超えてくる演技、映像、物語。 これがいまの若者、若者のいまなのか」

●武田静加(モデル)

「少しわかってしまうような人間の悪い心や行動、 自分自身や世間と闘うような若い頃の繊細な気持ちなど、 共感できることが多く、また現代のSNSが出てきたり、 終始その世界に入り込んでしまいました。 なにより素敵な役者さんばかりで目が楽しかったです」

●テラシマユウカ(GANG PARADE)

「東京破壊計画とひとつの恋…。詩的な言葉によって真夜中の妖しさに魅せられ、退屈に絶望し屈折した感情が日常、社会、人間へと反逆しぶっ壊していく」

●新田さちか(タレント・俳優)

「「自分の居場所に馴染めない感」から、退屈に絶望し日常を壊したくなる…。 最初は誰にでも当てはまるこの感情は徐々にエスカレートし、常に物語は奇想天外に!一時も目が離せない作品でした! 個人的には物語だけでなく、東京タワーを映し出す美しい映像が世界観にぴったりで、夜景が好きな方にも是非観ていただきたい作品です...!」

●ニャン(作家)

「この映画は 愛されるか、憎まれるか、 その二択しか無い。 誰よりも愛されたかった あの頃の一人きりだった僕が 映画の中に居た。 人は優しく寄り添われると 流れる涙があるということを 思い出した。 爆破シーンがあるのに、 世界一優しい映画でした」

●松本花奈(映画監督)

「昔からよく、真夜中にふと目が覚めると考えていました。 いつの日か必ず、自分も皆も死んで、いなくなって、やがて無になるはずなのに、 どうして孤独であることがこんなにも怖いのだろう、と。 この映画を見て、やっとその答えを見つけられたような気がしています」

●松本穂香(女優)

「壊れていく世界の中で、徐々に人間味を帯びていく「私」の目が好きでした。 あなたがいて、私がいる。そのことだけがどうしようもなくリアルで、美しかった。 二宮さんの唯一無二の世界観。やっぱり好きです!」

●ものすごい愛(エッセイスト・薬剤師)

「他力本願のモラトリアムの自覚がない。“何者”にもなれないことを受け入れているようで、どこか「自分だけは特別」だと信じて疑わない。そんな姿を遠いところから眺めて「青くてかわいいね」と思わず口に出してしまったわたしは、彼らから見れば平和ボケしたつまらない大人なのだろう。でも、わたしにも心当たりがあるんだ。だから、少しだけ心臓が痛い。もう決して戻れないあの頃が、どうしようもなく恋しい」

文/入江奈々