「スパイダーマン」が誕生してから60周年を迎える2022年。その記念すべきアニバーサリーイヤーの幕開けにふさわしく『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(公開中)が世界中で記録的なメガヒットを飛ばしている。サム・ライミ監督版、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、MCU版と、これまで製作されたすべての「スパイダーマン」映画を手掛けてきたプロデューサーのエイミー・パスカルは、“親愛なる隣人”がこれほどまでに愛されつづける理由を次のように分析する。

■「トム・ホランドはいまでも、親しみやすい少年のままです」(ファイギ)

「スパイダーマンは私たちみんなと同じ。彼は頭がよくて、でもお金がなくて、恋をしています。そして自分が誰であるかがバレると活動ができなくなるという問題を抱え、それでも人々に自分が誰かを知ってもらいたいと思っている。誰かが真実を知るたびに辛いことが起きてしまうという物語は、大人になるための犠牲を描くというクラシックかつ人間的なテーマをもったものだと思います。だからこそ、多くの人々がスパイダーマンに共感するのでしょう」。

一方、ライミ監督版「スパイダーマン」3部作はもちろんのこと、この20年余りに製作されたほぼすべてのマーベル作品に携わってきたマーベルのCCO、ケヴィン・ファイギは「彼は完璧ではないけれど共感ができる、マーベルヒーローの理想的な原型です」とスパイダーマンを形容する。「演じるトム・ホランドは、いま僕とエイミーが言ったすべてのことを完璧に表現してくれていると思います。いまではすっかり大スターになったけれど、トムは並外れた力を持ちつつも、いまでも親しみやすい少年のままです」と、ホランドにあたたかな眼差しを向ける。

それにはパスカルも、「最初に出会った瞬間から、トムはこれまで誰も見たことがないような方法でスパイダーマンを体現しようとしていました。優れた俳優であり、またアスリートでもあり、あらゆる要素を兼ね備えている。そしてなによりも、彼がこの役柄に注ぎ込んだ責任感と情熱は年月を重ねるにつれてどんどん強まっていると感じます。その熱意、ピーターを守りその様々な部分を探求するという意識は、本当に驚くべきものです」と賛辞を送った。

そもそもスパイダーマンをMCUに登場させるための最初のステップになったのは、アイアンマンやキャプテン・アメリカといったほかのマーベルヒーローと対等に渡り歩くことができる、これまでで最年少のピーター・パーカーを見つけること、つまりホランドを掘り当てることにあったのだとファイギは振り返る。「トムはクリス・エヴァンスの目の前で大宙返りを披露し、とても驚かせていた。それにロバート・ダウニー・Jr.と初めて交流した時の化学反応は、まさに若きピーター・パーカーとトニー・スタークのそれと同じでした」。

ファイギはさらに、『ノー・ウェイ・ホーム』の深部へと迫っていく。「『ファー・フロム・ホーム』で描かれた通り、ピーターは完全にアイアンマンの影から抜けだした。本作では、そこからさらにヒーローとして成長する姿が描かれていくんです」と述べる。「何十年も前からのスパイダーマンファンと、トム・ホランドのスパイダーマンから参加したファン、どちらにとっても“正しい”ことを目指し、ベストを尽くしました。その最大の目的は、これまでで最年少のピーターと彼の高校時代を見せることであり、どれほど騒がしい物語のなかにあっても焦点を彼からブレさせないということでした」。

■「MCU版は『ハリー・ポッター』シリーズのようなアイデアから始まりました」(ファイギ)

「『ホームカミング』でスパイダーマンをMCUに登場させる機会を得た時、これまでのスパイダーマン映画では行われなかった2つのことを探求しました。ひとつはスパイダーマンの年齢をもっと若くし、高校生活に入ったばかりで、パワーを持っていることに対処しながら高校生活を楽しんでいるということ。『ハリー・ポッター』シリーズがそうだったように、このシリーズではそれぞれ学校生活の1年が描かれていくというアイデアから始まったんです。この3年間にピーターはすばらしい冒険をし、『ノー・ウェイ・ホーム』ではその最終学年が描かれていきます。彼が望んでいるのは、最終学年になって普通の子と同じような経験をすること。ヒーローであることと普通の男の子であることの葛藤なのです」と、ファイギは語る。

『ノー・ウェイ・ホーム』の物語は前作『ファー・フロム・ホーム』のラスト、ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)によってスパイダーマンの正体が世界中に公にされてしまうところから幕を開ける。ピーターの生活は一変し、さらにそれはMJ(ゼンデイヤ)やネッド(ジェイコブ・バタロン)の大学進学にも影響を与えてしまう。そこでピーターはドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)のもとを訪れ、人々の記憶を消すようお願いする。しかし世界中の全員の記憶から消えてしまうことをピーターがためらったため、ストレンジの魔術は失敗。突然マルチバースの扉が開き、様々な次元から“スパイダーマンの正体がピーター・パーカー”と知る者たちが集まってしまうのである。

「このシリーズでもう一つ探求したことは、より広いマーベル・ユニバースを舞台にし、そこにほかのヒーローたちがいることでした」とファイギは続ける。「最初の数作では、そういったいままでやらなかったことを、どのようにやるかと常に考えていました。だからこれまで描かれたキャラクターのこと、つまりヴィランの復活をやろうとは思いもしなかった」。

本作のコンセプトを見出すための出発点となったのは、もちろん『ファー・フロム・ホーム』でスパイダーマンの正体が明らかになったこと。そこからファイギとパスカルは、ワッツ監督、脚本のエリック・ソマーズ&クリス・マッケナと共に議論を重ねていったという。

「何年も前から私は、もしドック・オクを復活させるとしたらアルフレッド・モリーナを起用しなければならないと言い続けてきました。あの役を引き継ぐことは非常に難しく、簡単ではなかったんです。いつかそれが実現できたら楽しいと思っていました」と、『スパイダーマン2』に登場したドック・オクを復活させたいという願いが、かねてからファイギのなかにあったことを明かす。

「そして、ようやく今回その方法があることに気付いたのです。ピーターの人生はどのように変化し、混乱していくのか。そしてそれが友人たちにどのような影響を与えるのか。大抵のことに対処できるピーターだが、自分の行動で友人たちがアンフェアな影響を受けると精神的に疲弊してしまう。彼ならどうするか、そしてなにができるのか」。正体がバレてからのピーターの歩みを考えながら物語を構築していくことで“マルチバース”という方法論にたどり着き、「スパイダーマン」ファンにとって夢のような企画が生まれたということだ。

■「スタン・リーには、ラストシーンに出てほしかった」(パスカル)

このMCU版「スパイダーマン」の立役者は、主人公を演じたホランドだけではない。シリーズ3作を通してメガホンをとりつづけたワッツ監督もその一人であり、彼の一貫したアイデアがあったからこそ、この3部作はほかのMCU作品と一線を画した魅力を放つこととなった。パスカルは「彼はジョン・ヒューズ監督の映画のように描きたいと言いました」と振り返る。ワッツ監督の頭のなかには初めから、一般的な“スーパーヒーロー映画”ではなく、楽しい音楽にあふれ恋や友情、将来に悩みながらも自分の生き方を見つけていく、ティーンエイジャーの物語としての設計図が出来上がっていたのであろう。

「私たちは最初、大掛かりで贅沢なセットを検討していました。ところがジョンが参加すると、地に足のついた感性をもたらしてくれました。『これはピーターの世界ではない。もし君がピーター・パーカーだとしたら、そんな風ではないだろう』と。彼は大作映画やアクションにも優れていて、俳優にとってもすばらしい監督。親密な関係性や、登場人物の間で起きている真実をとても大切にしていて、正直な気持ちから感情を表現させるのです」。

ファイギもまた、ワッツ監督の成長ぶりに満足そうな表情を見せる。「『COP CAR/コップ・カー』という規模は小さいながらキャラクターを重視したすばらしい作品が、我々が彼に注目したきっかけになりました。それから何年も経ち、彼が成長していくのを目の当たりにしました。マーベル・スタジオで働いていて光栄なことは、俳優や監督、脚本家など携わる人々が常に成長し、変化し、進化していく様子を見られることです。ジョンはその最たる例です。彼は活気ある新人から、活気ある専門家になった。いまではほかの映画の制作者たちから尊敬され、見習いたいと思わせるスキルでアクションシーンをこなす。それを楽しんで見ていられるのは、私がもう年長者になったということかもしれませんね(笑)」。

最後にパスカルは、「私は長い間、この『スパイダーマン』の映画に取り組んできたので、ピーター・パーカーの親戚になったような感じがしています」と感慨深げに語り、「スパイダーマンのすべてに対する祝祭といえるものが『ノー・ウェイ・ホーム』で観られます。それは信じられないほど感動的なものだと確信しています。だからこそ、スタンにラストシーンに出てほしかった」と、2018年に亡くなった「スパイダーマン」の生みの親であるスタン・リー御大へ思いを馳せる。

それを聞いたファイギも「どの場面でもいいからまたカメオ出演してほしかった」と寂しそうにつぶやき、「だけどある意味で、スタンはすべてのシーンに存在している。彼のスピリットは『スパイダーマン』映画のすべてのカット、すべての細胞に生きつづけているのです」。

構成・文/久保田 和馬