映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ3部作が2022年、日本公開20周年を迎え、その記念として日本初のIMAX上映が行われることが決定した。さらに各シリーズ本編の4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター版を収録したBlu-rayセット「トリロジー・フィルムコレクション」が6月3日(金)より発売されることがわかった。

J.R.R.トールキンの原作を基に、ファンタジー映画の金字塔を打ち立てたピーター・ジャクソン監督の「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ。冒険の始まりを描く1作目では2002年のアカデミー賞で作品賞を含む計13部門にノミネートされ最多4部門を受賞。翌03年には2作目の『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』、04年には完結編『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』が公開され、同年度のアカデミー賞で作品賞含む11部門を受賞し伝説的なシリーズとなった。

このたび、日本公開20周年を記念し公開されるシリーズ3部作のIMAX上映は、ピーター・ジャクソンによって4Kリマスターを施されたもの。なお、上映はスペシャル・エクステンデッド・エディションではなく劇場版の映像にて、IMAX日本語字幕版での上映となる。また、公開日などの情報は決定次第公式メディアより発表される。

あわせて、6月3日(金)より同シリーズ3作と60年前の前日譚を描く「ホビット」シリーズのトリロジー・フィルムコレクション(4K ULTRA HD&HDデジタル・リマスター版Blu-ray)」が期間限定生産でそれぞれ発売される。

20年の時を超えて鮮やかにスクリーンで蘇る旅の仲間たちの活躍。日本初のIMAX上映を心待ちにしたい。

文/鈴木レイヤ