ローリング・ストーン誌が2008年に発表した「史上最も偉大な100人のシンガー」で、ジョン・レノンやフレディ・マーキュリーら名だたるシンガーたちを抑えて第1位に選ばれた“ソウルの女王”ことアレサ・フランクリン。彼女のキャリアの成功と苦悩の日々を『ドリームガールズ』(06)でアカデミー賞に輝いたジェニファー・ハドソン主演で映画化した『リスペクト』のBlu-ray&DVDが3月25日(金)に発売される。

少女の頃から抜群の歌唱力で“天才”と称され、一躍きらびやかなショービズ界の華となったアレサ。しかしその裏に隠されていたのは、尊敬する父C.L.フランクリンや愛する夫テッドからの束縛や裏切りだった。極限まで追い詰められるなか、すべてを捨てて自分の力で生きていく覚悟を決めたアレサ。不当に扱われているすべての人々へ捧げるため、自らの心の叫びを込めたアレサの歌声は、世界を歓喜と興奮で包み込んでいく。

2018年に逝去したアレサ・フランクリン本人から直々の指名を受けてアレサ役を演じたハドソン。歌手としてグラミー賞を制した経験もある彼女の歌唱力と息を呑むパフォーマンスは熱烈な賛辞を集め、第94回アカデミー賞の重要な前哨戦として知られる全米俳優組合賞では主演女優賞にノミネート。またC.L.役には『ラスト・キング・オブ・スコットランド』(06)でアカデミー賞主演男優賞に輝くフォレスト・ウィテカー。テッド役は脚本家やプロデューサーとしても活躍するマーロン・ウェイアンズが演じている。

このたび発売されるBlu-ray&DVDには、アレサ・フランクリンの功績やメイキング映像などを収めた約22分の特典映像を収録。また、Blu-ray本編の英語音声はドルビーアトモス対応となっている。是非とも自宅で魂を震わせる圧巻の歌声を何度も堪能しながら、本作を隅々まで味わい尽くしてほしい。

文/久保田 和馬