テレビドラマ化もされた直木賞作家・重松清の同名小説を、阿部寛と北村匠海の共演で映画化した『とんび』の公開日が4月8日(金)に決定。このたび最新予告映像とポスタービジュアルが解禁され、今年でデビュー25周年を迎えるゆずが主題歌を手掛けることが発表された。

『護られなかった者たちへ』(21)の瀬々敬久監督と『あゝ、荒野』(17)の脚本家・港岳彦がタッグを組んだ本作。瀬戸内海に面した町で運送業者として働くヤスは、愛妻の美佐子との間に息子・アキラが生まれて幸せの絶頂に。しかしそんな折、美佐子は事故でこの世を去り、父子二人きりの生活が始まる。自分を責め続け、仲間たちに助けられながらアキラを育てあげるヤス。そしてある日、母の死の真相を知りたがるアキラに、ヤスは大きな嘘をついてしまう。

1997年10月のデビューから今年で25周年を迎えるゆずが、子から親への愛と感謝の気持ちが詰め込まれた本作のために書き下ろした楽曲のタイトルは「風信子」。青いヒヤシンスの花言葉は“変わらぬ愛”であり、まっすぐな歌詞が本作で描かれる親子の絆や家族愛を優しく彩っていく。ゆずの北川悠仁は「親を想う子の気持ちや、子を想う親の気持ち。さまざまな“愛の形”をイメージしながら楽曲を書き上げました」とコメント。

またこの主題歌「風信子」が使用された最新予告映像もこのたび解禁に。破天荒なヤスが、“とんびが鷹を生んだ”と町の人々から囃されるほど愛らしい息子のアキラと美佐子と3人で仲睦まじく暮らす姿に、突如として悲劇に見舞われる様。そしてアキラが深い愛と周囲の人々の暖かい手で成長していく姿が、ゆずの伸びやかな歌声に乗せて映しだされていく。是非とも劇場で、胸を熱くする家族の絆の物語をじっくりと堪能してほしい。

<アーティスト・キャストコメント>

●ゆず・北川悠仁

−親子の絆そして家族の愛を描く本作『とんび』の主題歌オファーを受けられた際のお気持ち
「『とんび』は原作の小説を読んでいて、とても大好きな作品でした。お話をいただいたときはびっくりしましたが、同時に『この映画に最高に合う楽曲を作りたい』と強く思いました」

−本作『とんび』をご覧になられてのご感想
「心の芯がとても温かくなり、何度も涙が溢れました。不器用だけど深い愛情。たくさんの葛藤やぶつかり合いがありながら、真の愛を確かめあっていく親子の姿に感動しました」

−楽曲に込められた想い
「僕は既に父が他界しているんですが、若い頃に想う親への気持ちと、いまこの年齢になったからこそわかる親の気持ちみたいなものがあって。それでもやはり、計り知れない想いもたくさんあります。そんな親を想う子の気持ちや、子を想う親の気持ち。さまざまな”愛の形”をイメージしながら楽曲を書き上げました」

−映画公開を待つファンの皆様へメッセージ
「きっとこの映画を観終わったとき、多くの方が自分の原風景や親への想い、また子への想いが湧き上がると思います。そのとき皆さんの心に、この『風信子』がそっと寄り添えられればいいなと心から願っています。ゆずとしても、今年開催するコンサートのなかでも披露する機会があると思います。ファンの皆さんも、是非楽しみにしていてください」

●阿部寛

「映画のエンドロールにゆずのお二人が作ってくださった『風信子』が流れたとき、自然と穏やかな温かい気持ちに包まれました。子を想う親、親を想う子、普遍的な親子の原風景を描いた『とんび』に、『風信子』という素敵な花を添えていただき、とてもうれしく思っております」

●北村匠海

「ゆずのお二人に、映画主題歌を担当していただき、うれしいです。『風信子』には『とんび』に描かれている不器用な愛情、特に父からみる息子への温かさが滲んでいるように感じられました。そして、ゆずのお二人の声が作品全体を優しく包んでくれているようで、どこまでも飛んでゆくトンビの親子を想いました」

文/久保田 和馬