なにわ男子の長尾謙杜が映画初主演を務めるAmazon Original『HOMESTAY(ホームステイ)』(2月11日より世界同時配信)。Amazon製作としては初の日本映画となる同作より、本予告とキービジュアルが到着した。

本作は、森絵都の人気小説「カラフル」を実写化した感動のミステリー。一度死んでしまった高校生、小林真の身体に乗り移る=ホームステイすることになった魂“シロ”が、100日間という期限の中で真の死の真相を探ってゆく。長尾が真を演じ、山田杏奈、八木莉可子が共演する。監督は『ジオラマボーイ・パノラマガール』(20)の瀬田なつき、主題歌はずっと真夜中でいいのに。の書き下ろし新曲「袖のキルト」。

本予告は真が病院に搬送されるシーンからスタート。真の体で学生生活を送るシロが幼馴染の晶(山田)や、密かに憧れている先輩の美月(八木)と戸惑いながらも楽しく高校生活を送る様子が映しだされる。しかし、そもそもの死の原因を突き止めるよう告げられたシロが、真の部屋にしまい込まれていた日記に不穏な言葉を見つけたことで物語は一変する。そして何かを隠しているような様子の家族がミステリアスに描かれる一方、何らかの事実を知ったシロが真に「生きて欲しい」と願い始めたことで爽やかな感動を予感させる映像に。また併せて解禁されたキービジュアルでは、笑顔の“シロ”と窓ガラスに物悲しそうな顔で写る真の姿、そして意味深な表情を浮かべながら遠くをそれぞれに見つめる晶と美月が切り取られている。

長尾は「僕も思い返してみると、自分が知らないところで人が傷ついていたり、誰かが陰で助けてくれていたりすることがあったなと実感したし、共感できる点がとてもたくさんありました。僕と同じくらいの年齢の方はもちろん、誰が見ても共感できる作品でありながら、若い世代と大人では、感じ方が異なるような物語にもなっていて、奥の深い作品です。ぜひ多くの方に見ていただきたいです」とコメントを寄せている。

真が死んだ本当の理由とは?シロがたどり着いた真相は一体何だったのか。感受性豊かな高校生たちが織りなす感動作に期待が高まる!

文/足立美由紀