中島健人主演のNetflix映画『桜のような僕の恋人』(3月24日配信スタート)の追加キャストが解禁。あわせてキーアートも到着した。

原作は2017年発売の宇山佳佑の同名小説。泣ける恋愛小説として話題となり、さらにTikTokで人気に火がつき発行部数60万部を突破した。主人公の朝倉晴人を演じる中島はかねてより原作ファンを公言し、本作の制作発表時には「震えるような感動と同時にずっしりと重い責任を感じました。僕の役者人生の中でもっとも泣いた宝物のような脚本です。僕の26年の人生の最高傑作にしたいと強く思っています」と熱いコメントを寄せた。晴人が恋する美容師の有明美咲役には松本穂香。美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症。好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができない、という現実を前に晴人と美咲が出した“二人の歩み方”を描く切ない物語となっている。

一挙解禁となった追加キャストは、永山絢斗、桜井ユキ、栁俊太郎、若月佑美、要潤、眞島秀和、及川光博ら個性的な俳優陣。永山は美咲を溺愛する兄の有明貴司役を、桜井が貴司の婚約者で美咲の良き相談相手でもある吉野綾乃役を演じる。晴人の先輩カメラマン高梨健三役に栁が、同じく先輩カメラマン市川真琴に若月が扮する。美咲の主治医、神谷役には要、美咲の働く美容院の店長、辻役を眞島が、そして晴人が師事する有名カメラマン、澤井恭介役を及川が務める。

あわせて解禁となったキーアートには、中島演じる晴人が笑顔でカメラを構え、背中合わせに松本演じる美咲が晴人の方を振り返る姿が写り、同じ速度で歳月を重ねられない2人の儚くも切ない運命を想起させるビジュアルとなっている。

カメラマンとして修業を重ねる晴人と難病と闘う美咲。2人のドラマとともに、2人の人生を彩る個性豊かな俳優たちにも注目だ。

※辻役の「辻」は一点しんにょうが正式表記

文/タナカシノブ