荒川弘の人気コミックを、Hey! Say! JUMPの山田涼介主演で実写映画化した『鋼の錬金術師』(17)。その続編にして、原作の最終話までを描く二部作『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー/最後の錬成』が、それぞれ5月20日(金)と6月24日(金)より連続公開。このたび本作の“完結予告”と最新ポスタービジュアルが解禁。あわせて原作者の荒川からコメントが到着した。

『復讐者スカー』では原作の人気キャラクター“傷の男(スカー)”(新田真剣佑)を中心にした物語が描かれ、『最後の錬成』では“お父様”との戦いと、その後のエド(山田)やアル(声:水石亜飛夢)、仲間たちの姿が描かれていく。国家錬金術師ばかりを狙った連続殺人事件が起きる中央(セントラル)を訪れたエドとアル。犯人は正体不明ながら、額に十字傷を持つことから“傷の男(スカー)”と呼ばれていた。兄弟も命を狙われ応戦するものの、圧倒的な強さの前に機械鎧を破壊され絶体絶命の危機に…。

このたび解禁された“完結予告”は、エドの「ちょっと行ってくるわ 鋼の錬金術師 最後の錬成にな」という名台詞とともに幕が上がる、『復讐者スカー』と『最後の錬成』の二部作をつなぐ映像に。かつて国家錬金術師が“人間兵器”として駆りだされ多くの市民が犠牲になったイシュヴァール殲滅戦の凄惨な場面に始まり、“傷の男”スカーやアメストリス軍の大総統キング・ブラッドレイ(舘ひろし)、そして“完全な存在”になることを企てる最後の敵“お父様”(内野聖陽)の姿が次々と映しだされていく。

またあわせて解禁されたポスタービジュアルは、エドとアル、そして“お父様”を中心に総勢14名の登場キャラクターたちの表情を切り取ったデザインに。一足先に『復讐者スカー』を鑑賞した荒川は「自分で描いたお話ですけど、終始新鮮な気持ちで楽しむことができました」全部が見どころなので、原作ファンの皆様にも是非観ていただきたいです!」と太鼓判。圧巻のフィナーレを是非とも劇場のスクリーンで見届けてほしい。

<コメント>

●荒川弘(原作者)

「原作が凝縮されているので、イベントが目白押し。本当に全部が見どころなので、原作ファンのみなさまにも是非観ていただきたいです。『最後の錬成』が楽しみです!期待しかないですね!エドたちとシン組が戦うシーンからワクワクし通しでした。なかでもランファンはとてもカッコよかったです!エド役の山田くんも、益々演技の感情の幅が豊かになって、とても魅力的な主人公になっていました。あと翼ちゃんの泣く演技には、もらい泣きしてしまいました。でも、一番泣いたのはフ―爺さんのところ。あぁ、実写だとこうなるんだなと。自分で描いたお話なんですけど、CGの進歩の凄さと相まって、終始新鮮な気持ちで作品を楽しむことができました」

文/久保田 和馬