テレビアニメ化もされた森見登美彦の傑作「四畳半神話大系」と、映画化もされた上田誠の戯曲「サマータイムマシンブルース」が融合して誕生した同名小説をアニメ化する「四畳半タイムマシンブルース」。ディズニープラスにて2022年に見放題独占配信が決定している本作に再編集を施した劇場版『四畳半タイムマシンブルース』が、9月30日(金)より3週間限定で劇場公開することが決定。あわせて新作ミニコーナー「『私』と小津の映画予告」の放送が決定した。

8月12日、灼熱の京都、左京区。「下鴨幽水荘」唯一のエアコンが動かなくなり、「私」が映画サークル「みそぎ」のクールビューティー明石さんと対策を協議していると、モッサリした風貌の見知らぬ男子学生・田村が現れる。彼は25年後の未来からタイムマシンに乗ってやってきたという。その時「私」は、タイムマシンで昨日に戻って壊れる前のリモコンを持ってくることをひらめく。しかし悪友の小津たちが勝手気ままに昨日を改変し、過去を書き換えてしまう。

「四畳半神話大系」の「私」と小津が彼ららしいノリで映画の告知をする新作ミニコーナー「『私』と小津の映画予告」。現在フジテレビ系「ノイタミナ」枠ほかにて再放送中のアニメ「四畳半神話大系」の放送枠のなかで、「四畳半タイムマシンブルース」編の第1弾が4月28日(木)、第2弾が5月5日(木・祝)。『犬王』(5月28日公開)編の第1弾が5月12日(木)、第2弾が5月19日(木)に放送予定。「四畳半タイムマシンブルース」編では、本編映像も初公開となるので必見だ。

また2020年に刊行された森見登美彦著・上田誠原案の原作小説の文庫版が6月10日(金)に発売することも決定。中村佑介によるイラストを使用した書影には、クールビューティー・明石さんの横顔と、本作のキーとなるアイテムや登場人物たちが描かれている。

アニメ「四畳半タイムマシンブルース」は、劇場版公開に先行するかたちでディズニープラスにて配信限定エピソードを含む全6話が順次配信予定。さらなる続報にも注目していきたい。

文/久保田 和馬