“ウルトラマン”55周年記念作品『シン・ウルトラマン』(5月13日公開)。斎藤工が主演を務める本作より、外星人ザラブの声を津田健次郎が担当することが明らかとなった。

『シン・ゴジラ』(16)をはじめ、たびたびタッグを組んできた庵野秀明と樋口真嗣が手掛ける本作。主演の斎藤のほか、長澤まさみ、西島秀俊、有岡大貴、早見あかりら豪華キャストが集結し、現代日本を舞台に“ウルトラマン”が初めて降着した世界を描く。

先日公開となった米津玄師による主題歌「M八七」が入った82秒の予告映像に映り込み本作への登場が明らかとなったザラブ。初代「ウルトラマン」に初登場し“凶悪宇宙人”と称されるザラブの声を、第15回声優アワード主演男優賞を受賞し、「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ」の海馬瀬人役や、「呪術廻戦」の七海建人役、「極主夫道」の龍役などを担当する大人気声優であり、「新・情報7daysニュースキャスター」のナレーションや、TVドラマ「最愛」への出演で話題を集める津田が担当。出演に際し津田は「子どもの頃に観ていたウルトラマン、その進化ともいえる『シン・ウルトラマン』に参加させて頂けるとは!そして庵野さん、樋口監督が創りだす世界に参加出来て光栄です」と喜びを明かした。

さらに、6月22日にはキングレコードより「シン・ウルトラマン音楽集」が発売予定。2枚組でとなり、初回限定盤と通常盤を同時発売になるという。

世界中から愛され続ける“ウルトラマン”を新たな視点で描く本作。はたして、映画本編では、ザラブはどのような形で登場するのだろうか?続々と情報が解禁され、期待は高まるばかりだ。

<キャストコメント>

●津田健次郎(ザラブ役)

「子どもの頃に観ていたウルトラマン、その進化ともいえる『シン・ウルトラマン』に参加させて頂けるとは!そして庵野さん、樋口監督が創り出す世界に参加出来て光栄です。面白い役を演じさせて頂きありがとうございます。是非劇場に足を運んで下さい。楽しんで頂けますと幸いです」

文/サンクレイオ翼