ゴールデンウィークを目前に控えた4月23・24日の週末映画動員ランキング。国民的アニメの劇場版が安定の強さを見せている。

■「名探偵コナン」に「クレヨンしんちゃん」、「Free!」も!人気アニメがトップに続々

先週1位スタートを飾った『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が土日2日間で動員62万4000人、興収8億9400万円をあげ、順位をキープ。累計成績は、動員254万人、興収36億円を早くも突破している。

続く2位には、1992年のテレビ放送開始から30周年となる「クレヨンしんちゃん」の劇場版第30作『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』が、動員25万3000人、興収3億1200万円をあげ、2位に初登場。公開3日間の累計は、動員28万人、興収3億5000万円となっている。主人公の野原しんのすけの出生にまつわる謎を、おなじみのギャグと共に忍者アクションを交えて描きだす。

同じく新作では、京都アニメーションが制作を担い、競泳に打ち込む青年たちの絆と成長を描いたヒットアニメシリーズの最終章となる劇場版2部作の後編『「劇場版 Free!-the Final Stroke-」後編』が4位にランクインしている。

■3位の『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が累計興収28億円に迫る

公開3週目となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は、土日2日間で動員21万6000人、興収3億3200万円をあげ、先週より1ランクダウンの3位とするもトップ3をキープ。累計では動員185万人を突破し、興収28億円に迫っている。

このほか既存作品では、公開6週目で5位に入った『SING/シング:ネクストステージ』が、累計で動員228万人、興収28億円を突破。また、ともに公開8週目を迎える『余命10年』が7位で興収28億円、『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』が8位で興収25億円に迫っている。さらに、今週トップ10圏外としている『劇場版 呪術廻戦 0』だが、興収記録を135億円まで伸ばしており、歴代興収ランキングでは15位にランクアップした。

今週末には、窪田正孝が主演を務めたテレビドラマを映画化した『劇場版ラジエーションハウス』、創作集団CLAMP原作のコミックを神木隆之介と柴咲コウのW主演で映画化した『ホリック xxxHOLiC』、小林聡美を主演に迎え、隕石にぶつかった主人公に訪れる小さな奇跡の物語を描く『ツユクサ』といった作品が控えている。

文/サンクレイオ翼