「進撃の巨人」の荒木哲郎が監督を務め、現在放送中の「SPY×FAMILY」で注目のWIT STUDIOが制作する最新作『バブル』(公開中)。荒木のほか、『君の名は。』(16)などのヒットメーカー、川村元気がプロデューサー、「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄が脚本、「DEATH NOTE」や「バクマン。」の小畑健がキャラクターデザイン原案、『プロメア』(19)の澤野弘之が劇伴を担当する、日本が世界に誇るクリエイターが集結したオリジナルアニメーション作品だ。

予告映像からは、スクリーンをところ狭しと駆け回るパルクールを題材にしたアクション、主人公の少年少女らを軸にしたエモーショナルなストーリー展開も感じ取れ、大きな注目を集めている。MOVIE WALKER PRESSでは、本編をいち早く鑑賞したお笑いコンビ、ハライチの岩井勇気へのインタビューを敢行。アニメファンとして知られ、アニメ関連のテレビ番組やイベントに数多く出演し、司会も務める岩井に、本作の見どころやおすすめポイントを語ってもらった。

■「ヒビキの弱い部分や欠けているところを、ウタが補ってあげている」

舞台は世界に降り注いだ泡(バブル)の影響で、重力が壊れた東京。ライフラインが閉ざされたかつての日本の首都は、家族を失った一部の若者たちの遊び場となり、ビルからビルへと飛び移るパルクールのチームバトルのフィールドになっている。ある日、渋谷を拠点にするチーム「ブルーブレイズ」のエースで、危険なプレースタイルで周囲から一目置かれるヒビキ(声:志尊淳)は、無軌道なプレーで重力が歪む海へ落下してしまう。そこへ突如として現れた、不思議な力を持つ少女ウタ(声:りりあ。)が彼の命を救う。なぜ、ウタはヒビキの前に現れたのか?2人の出会いは、東京の運命を変える真実へとつながっていく。

ヒビキとウタ。偶然出会った2人は、彼らだけに聞こえる特別な“音”によってつながり、それが必然的な“出会い”だったのでは?と観る者に思わせる。ヒロインであるウタの印象について岩井は、「謎めいた存在であることも理由なのかもしれませんが、汚れがないという印象を受けました。ウタのようなキャラクターはみんなが好きになっちゃいますよね(笑)。周囲から少し浮いているヒビキの弱い部分や欠けているところを、ウタが補ってあげているような感じがしました」とヒビキとの関係性も分析する。

「ウタはすごくかわいらしいですよね。しゃべりも拙いからか、なにも知らない純粋さを強く感じました。学習能力というか吸収力が高いので、最終的にはすごく流暢にしゃべるようになっていて、ちょっと驚いてしまう自分もいました。と同時に脳裏をかすめたのは、もし、ウタが今後もっと言葉を覚えていったら…。(ヒビキとは)別の人に惹かれてしまうのではないか?と考えてしまいました」。

■「刷り込みみたいなものがあって惹かれる恋愛作品に対して、勝手に寂しくなることがある」

物語の序盤では、ウタがヒビキのことをどう感じているのかが、はっきりとはわからなかったという。「ヒビキがいい男、モテるという描写があるわけではありません。だからこそ、言葉をもっと覚えたら、別のすてきな人を見つけるのではないかという疑念?のようなものがチラつきました(笑)。本作のベースとなった『にんぎょ姫』にも通じる話ですが、刷り込みみたいなものがあって惹かれる恋愛を描いた作品に対して、そのような憶測が入り、勝手に寂しくなることはよくあります。にんぎょ姫も新しい世界を知りたいという好奇心がありますよね。例えていうなら、地方から東京に出てきてすぐの浮かれている感覚。ウタもどこかテンションが上がっていたので、最初に優しくしてもらった人を好きになったのでは?と思いました」。

自分を「にんぎょ姫」と呼び、ヒビキを「王子様」と呼ぶウタ。彼女がなぜヒビキに惹かれたのか。その理由として、ヒビキのキャラクターによるところも大きいのではないかと岩井は続ける。「パルクールのバトル能力はめちゃくちゃ高いのに、鼻につかない感じでエライなと思いました。“俺が俺が”というタイプじゃない。どこか近寄りがたい雰囲気はあるけれど、いいヤツだろうと思えるキャラクターです。(ウタへ接する様子から)恋愛ベタな印象もありましたね」。

■「まだちゃんと理解できていない設定や展開も。しっかり咀嚼するために、あと数回は観るつもり」

日本屈指のクリエイター陣が生みだした圧倒的な映像美も本作の大きな見どころ。水没した東京が舞台ということもあり、水の描写はアニメーターの力量が試されるところでもあり大変な作業だが、やりがいがあるという声もよく耳にする。「常に泡が描かれている作品なので、作画はとても大変だったと思います。水の表現だけでも大変なのに、今回は泡なので球体です。反射もあるし、ものすごい労力だったのでは?と想像しています」。

脚本が虚淵と聞いて、以前から本作に注目していたという。「アニメ好きの僕としては、観ない選択肢はありませんでした。(劇中で) “犠牲者”という言葉も出てきたり、命懸けのバトルクールを繰り広げたりもしているのですが、意外にも残酷さを感じなかったのは本作の特徴かもしれません。虚淵さんにしては珍しかったですね」。

本作を観る前は、恋愛描写や人間関係よりも主軸となるストーリーが気になっていたそう。「実はすでに2回観ているのですが、まだ自分のなかでちゃんと理解できていない設定や展開がある気がしています。もちろん、完全に理解しなくてもいいタイプの作品だとは思います。映像がとても美しく、それだけでも楽しめる作品ですから。僕自身はしっかり咀嚼するために、あと数回は観るつもりです」。

■「荒木監督の作品に登場するキャラクターは、泥臭いというか魂の叫びみたいなイメージ」

クリエイターだけでなく声優陣も、「DEATH NOTE」の宮野真守(シン役)、「進撃の巨人」の梶裕貴(カイ役)、井上麻里奈(アンダーテイカーのリーダー役)、「甲鉄城のカバネリ」の畠中祐(電気ニンジャのリーダー役)、千本木彩花(ウサギ役)ら荒木監督作品で重要なキャラクターを担当してきた豪華キャストが集結している。

「荒木監督の作品に登場するキャラクターは、生っぽい印象を受けます。アニメらしい演技というよりも、泥臭いというか魂の叫びみたいなイメージですね。本作でもとてもナチュラルな印象を受けました。だからこそ、普段それほどアニメ作品に触れていない方でも観やすいのではないでしょうか。個人的に気になるのは、宮野さんが演じたみんなの頼れるアニキ的存在のシンさん。宮野さんをキャスティングしたからにはなにかあるのだろうと思って観ていました。シンのバックボーンにもすごく興味があります」。

■「縦横無尽の動きにだんだんと天地がわからなくなっていく感覚になる」

劇中で描かれるパルクールのチーム戦は「バトルクール」と呼ばれ、ゴールに設置されたフラッグを先取すべく、各チーム5人のメンバーが貴重な生活物資を賭けて競い合う。このバトルクールも物語を動かす重要なカギを握っている。

「重力を感じない軽やかさがありました。バトルクールをプレーするキャラクターの動きはとても爽快です。ビルの瓦礫がたくさん浮かんでいるなかで繰り広げられる攻防戦に、かなりドキドキしました。パルクールについては、障害物を自分の身体能力だけで走ったり跳んだり登ったりして、クリアしていく競技、というくらいの認識しかなかったのですが、本当にスポーツ観戦をしているような感覚になり満喫できました。特に、序盤のバトルクールの対戦で、ヒビキが活躍するところは、本作での僕のお気に入りのひとつです。もし、僕にもヒビキくらいの身体能力があるなら、ちょっとやってみたい気もします(笑)」。

続けて、「画面のなかで縦横無尽に動くけれど、その動きがすごく滑らかなんです。だんだんと天地がわからなくなっていくような感覚になり、大きいスクリーンで観るとすごく楽しいと思います」ともコメント。圧倒的な映像表現で描かれるバトルクールは、劇場で体感してこそだと熱く語ってくれた。

■「僕と澤部は得意なことと苦手なことが真逆。足並みが真逆なので、逆にそろっている感じ」

劇中には、「ブルーブレイズ」のほか、秋葉原を拠点とする「電気ニンジャ」に、練馬を拠点にする不良っぽいファッションのメンバーが集う「関東マッドロブスター」。強力なスポンサーがバックにおり、高性能ブーツやマスクを身に着けた正体不明の「アンダーテイカー」といったユニークなチームが登場。勝利するために全員でゴールを目指すのではなく、相手チームを妨害したり、味方をゴールさせるためにあえて自分が踏み台になったりといったチームプレーも展開する。

チームプレーについて、岩井が相方の澤部佑との関係で大切にしていることも聞いてみた。「僕が苦手なことは基本、全部澤部にやらせます(笑)。でも、澤部も自分が苦手なことは僕に投げているはずです。僕たちは得意なことと苦手なことが真逆なんです。足並みが真逆なので、逆にそろっている感じですね。子どものころからずっと、そんなバランスの役割分担ができていた気がします。だからコンビを組んだところもある。これが僕たち2人の形なのだと思います」。

取材・文/タナカシノブ