リーアム・ニーソンと言えば、69歳にしてアクション映画を安定供給し続ける“ハリウッド最強のお父さん”である。もともとはスティーヴン・スピルバーグがホロコーストを題材にした『シンドラーのリスト』(93)で、第66回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされるなど演技派だったが、2008年の『96時間』で、誘拐された娘を救い出す元特殊部隊のお父さんを演じたあたりからアクションスターとして開眼。いまでは毎年2、3本の主演作が公開されているが、その大半がアクション映画であり、もはや「ニーソン映画」という一ジャンルを築いていると言っていい。

■王道の「ニーソン映画」こと『マークスマン』

2022年1月に日本で劇場公開され、早くも5月20日にBlu-ray&DVDが発売となった『マークスマン』(21)。本作はそんな「ニーソン映画」のなかでも王道のストーリーを持つ、西部劇を意識したロードムービーだ。ニーソンが演じるのは、アメリカとメキシコの国境沿いで細々と牧場を経営する孤独な老カウボーイ、ジム。ガンを患った妻に先立たれ、借金で牧場も失いそうになっている。

ある日、ジムは麻薬カルテルにねらわれていたメキシコ人の少年ミゲルを助け、親戚がいるというシカゴまで彼を送り届けることになる。しかし、カルテルの殺し屋が累々と死体の山を築きながら迫ってくる。はたして、ただの牧場主でしかないジムはミゲルを守れるのか?いや、ジムはただの牧場主ではなかった!かつて海兵隊に所属し、高度な狙撃技術を身につけた超一流の“マークスマン”だったのだ!

■人生の悲哀を感じさせるバディと抑制の効いた演技

と、まるでヒーローものみたいに紹介してしまったが、「ただのオジサンが実は○○でした!」というのはニーソンがもっとも得意とするパターン。ニーソンは身長193cmの巨漢だが、マッチョを売りにしたアクションスターとは違ってリアリティが持ち味で、人生の辛苦が刻み込まれたしょんぼりした雰囲気を身にまとっている。本作のジムというキャラクターも、愛妻を亡くした悲しみからアルコールが手放せないなど、人生のどん底状態が実に板についている。

そして、ジムと逃避行を共にするミゲルもまた、麻薬カルテルに母親を殺された悲しみをぐっと堪える、感情をモロ出しにしない子どもだ。ミゲル役に抜擢されたジェイコブ・ペレスは、演技経験は乏しかったものの、反抗心を感じさせる独特の存在感を買われて大抜擢された。ニーソンとは50歳以上離れているにもかかわらず、人生の悲哀を飲み込んだような2人のストイックなコンビネーションが、王道のストーリーに独特の個性を与えている。

ジムとミゲルのキャラクターに宿っているストイックさは、『マークスマン』という作品全体にも及んでいる。ニーソンは押しも押されもせぬアクションスターだが、本作はド派手な見せ場で埋め尽くすタイプの映画ではない。そもそもジムは元軍人ではあるが、銃を使うのは狩りの時くらいで、犯罪とも無縁で生きてきた実直な一市民でしかない。

しかし麻薬カルテルの殺し屋に追い詰められるなかで、ギリギリのところで反撃のチャンスを見いだす。その瞬間、あくまでも冷静な判断力で、追手を一人ずつ仕留めるプランを立てて実行に移すのだ。それまではくたびれた老人だったのに、突然殺戮マシーンのスキルを発揮。その変貌がギリギリまで抑えられ、ついに静かな炎として燃え上がる。ニーソンの抑制の効いた演技力があってこその、渋くてアツいクライマックスがすばらしい。

■リーアム・ニーソンが語るミゲル役ジェイコブのすばらしさ

40年以上のキャリアを誇り、本人談によると63〜64本の作品に出演してきたニーソンにとっても本作への参加は新たな経験だったらしい。Blu-rayにはパッケージの特典映像として彼へのインタビューも収録されており、そのなかで「ジェイコブとは楽しく演じた」と撮影当時11歳だったジェイコブの演技についても振り返っている。

「彼は経験が少ないが表情が実にすばらしかった。瞳の奥に悲しみが宿っていて、年齢に合わない経験を積んでいるように感じ、ジェイコブからは多くのことを学びました。非常に感傷的なシーンに挑む時でも落ち着き払って、ありのまま演じていて演技していないかのようでした」と、ジェイコブの純粋で自然な演技に触れたことがなんとも得難い体験だったようだ。

このインタビュー映像でのニーソンは、グリーンのネルシャツを着たカジュアルなスタイルで、自室と思われる場所で爪楊枝を手にしながらインタビュアーの質問に答えている。リラックスした穏やかな雰囲気で、劇中でのシリアスさとのギャップがなんともおかしい。一方、撮影風景を捉えたメイキングも特典映像として収録。こちらではカメラを前に真剣な眼差しのニーソンの姿が確認できる。

■クリント・イーストウッド作品に通じるストイックなヒーロー像

ちなみに本作のロバート・ロレンツ監督は、長年クリント・イーストウッド作品の助監督やプロデューサーを務め、イーストウッドが主演した『人生の特等席』(12)で監督デビューした人物。ニーソンが『マークスマン』について「イーストウッドが80年代に主演したような映画だと思った」と語っているように、本作はイーストウッドが演じ続けてきたストイックなヒーロー像を受け継いだ映画だといえる。

イーストウッドへのオマージュは劇中にもある。シカゴに向かう道中で泊まったモーテルで、ミゲルが1968年にイーストウッドが主演した西部劇『奴らを高く吊るせ!』を観ているシーンがあるのだ。まもなく92歳という年齢ながら、現役で活躍するイーストウッドはもはやハリウッドの長老的存在だが、若い頃から誰かに頼ることなく、自分自身の正義を貫くヒーローを演じ続けてきた。『マークスマン』は、そんなイーストウッドの系譜を継ごうという強い意志を感じさせる。

そんなイーストウッドも近年はさすがにおじいちゃん度が上がっており、アクションスターを演じるのはさすがに難しくなった。しかし、イーストウッドの後継者になれる人材は滅多にいない。ただマッチョなだけでなく、人間としての弱さを繊細に演じる表現力があり、せつない哀愁を感じさせる佇まいも欠かせないからだ。

その点、今年70歳になるというのに現役感バリバリで、なおかつ枯れた風情を強めているニーソンが『マークスマン』の主演に選ばれたことは当然のチョイスだっただろう。思えば引退状態の元殺し屋を演じた『ラン・オールナイト』(15)、老いらくの恋に落ちて犯罪から足を洗ってセカンドライフを目指す『ファイナル・プラン』(20)、不況に苦しめられるトラック運転手を演じた『アイス・ロード』(21)など、近年のニーソン映画はままならない人生を描いたものが多い。

ニーソンの年齢でアクションスターを背負っているだけでもすごいが、これからのニーソンは「哀愁老人アクション」という前人未到の道を切り拓いてくに違いない。今後も新作が多数待機中なので、ますます深みを増すであろう「ニーソン映画」を追いかけていきたい。

文/村山 章