『余命10年』(公開中)の藤井道人監督がオリジナル脚本でのぞむ『ヴィレッジ』の制作が決定。2023年に公開予定となっている同作の主演を横浜流星が務めることがわかった。

本作は、日本人の原風景である“村”という閉ざされた世界を舞台に、現代社会の闇を投影したサスペンス・エンターテインメント。横浜は過去のある事件によって周囲に蔑まれながらも、“血縁”によって村に留まることを余儀なくされるゴミ処理施設の作業員の片山優に扮する。

神秘的な「薪能」の儀式が行われる一方、近くの山には巨大なゴミの最終処分場がそびえ立つ夜霧が幻想的な霞門村。母親が抱えた借金の支払いに追われる優は、処分場の同僚に目をつけられ、希望のない日々を送っていた。そんなある日、幼馴染の美咲が東京から戻ったことをきっかけに状況が一変する。

横浜は「藤井監督が何度も何度も書き直しされていた、愛のある最高な脚本です。日々のつらい状況から逃げたくても逃げられない。我慢しか出来ない青年を生き、身も心も削られましたが、彼の変化を楽しみにしていただきたいです」とコメント。

対する藤井監督は、「事なかれ主義、同調圧力、慣例や秩序。とても難しい題材でしたが、いま、僕らの周りに起きていること、感じたことを気負わずに書きました。横浜流星という俳優の進化と、素晴らしいキャスト、スタッフの技が詰まった観たことのない映画になっていると思います」と語り、エグゼクティブプロデューサーであるスターサンズの河村光庸は「皆さんは恐らくこの映画が完成した時に驚愕することでしょう。監督率いるキャスト、スタッフのスクリーンからあふれ出る熱量、そして、未だかつて観たことのない映像に…」と自信をのぞかせている。

横浜が藤井監督とタッグを組むのは、amazarashiの「未来になれなかったあの夜に」MV、映画『青の帰り道』(18)、『DIVOC-12/名もなき一篇・アンナ』(21)、ドラマ「新聞記者」に続き本作で5度目となる。“ダークサイドに堕ちた青年”という新境地となる役柄で、藤井監督とどんな化学反応をみせるのか。期待感が高まる!

<キャスト・スタッフ コメント>

●横浜流星(片山優)

「藤井監督との出会いは、いまから7年前の映画の打ち上げでした。その後お互い先の仕事が決まっておらず、頑張りましょうなんて話していた矢先に『青の帰り道』でご一緒することができ、その後も定期的に作品を一緒に創り、今回長編で主演を務めさせて頂きます。とても感慨深いです。藤井監督が何度も何度も書き直しされていた、愛のある最高な脚本です。日々のつらい状況から逃げたくても逃げられない。我慢しか出来ない青年を生き、身も心も削られましたが、彼の変化を楽しみにしていただきたいです。今まで見た事の無い作品になっていると思いますし、とても考えさせられる内容になっています。公開は来年です。お楽しみに」

●藤井道人(監督、脚本)

「横浜流星と出会ってもう7年になります。お互い、全く売れていないころからお互いを鼓舞し合って切磋琢磨してきた同志です。そして今回、流星の主演映画を監督出来ること、とても嬉しく思っています。河村プロデューサーからの今回のお題は『村社会』でした。事なかれ主義、同調圧力、慣例や秩序。とても難しい題材でしたが、いま、僕らの周りに起きていること、感じたことを気負わずに書きました。横浜流星という俳優の進化と、素晴らしいキャスト、スタッフの技が詰まった観たことのない映画になっていると思います。是非来年の公開を楽しみにしていてください」

●河村光庸(企画、制作、エグゼクティブプロデューサー)

「『村』。その集落構造はまさに日本社会の縮図と言えるでしょう。有力者(もしくは象徴的存在)を頂点とした序列の下、集団としての秩序が保たれ、表面的には穏やかな社会に見える。しかし、内在的に抑圧されていることに多くの人は気付かず、一方、そういった閉鎖的な集団に疑念を持ち、はみ出さざるを得ない人間がどんどん異形になっていく事で、社会的混乱が増幅してゆく…。このテーマは、あなたとあなたの周りに起きている物語なのである。この映画は藤井監督と制作したかつての2作品(『新聞記者』『ヤクザと家族 The Family』)とはまた違う人間集団のディープな物語になったと思います。皆さんは恐らくこの映画が完成した時に驚愕することでしょう。監督率いるキャスト、スタッフのスクリーンからあふれ出る熱量、そして、未だかつて観たことのない映像に…」

文/足立美由紀