「スタジオ地図」初となる細田守監督全6作品のオーケストラコンサート「スタジオ地図 シネマティックオーケストラ2022〜『竜とそばかすの姫』公開1周年記念〜」が、8月14日(日)に国際フォーラム ホールAにて開催されることが決定した。

細田守監督作品の企画製作プロデュースを行うアニメーション映画制作会社として、2011年に設立された「スタジオ地図」。今回のコンサートは、昨年大ヒットを記録した『竜とそばかすの姫』(21)の公開1周年を記念して、細田守監督の『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)、『未来のミライ』(18)、そして『竜とそばかすの姫』の全6作品を、スクリーンに映しだされる各作品の名場面とともに、東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏で堪能できるオムニバス形式のオーケストラコンサートとなる。

また演奏では、『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』の映画音楽を手掛けた音楽家で映像作家の高木正勝(ピアノ)が出演。さらに、ゲストヴォーカルとして『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」や挿入歌「変わらないもの」を歌い注目を浴びたシンガーソングライターの奥華子、また『おおかみこどもの雨と雪』などの映画主題歌を歌うアン・サリーの出演も決定している。

また、スタジオ地図作品を象徴する“入道雲”をデザインとして取り入れたアイテムや、『竜とそばかすの姫』の仮想世界“U(ユー)”の歌姫「Belle」のイラストを使ったアイテムなどオリジナルグッズも販売。アイテムは後日発表されるとのことで、こちらの貴重なグッズ商品にも注目が集まりそうだ。なお、チケット販売情報についてはオフィシャルWEBサイトをチェックしてみてほしい。「スタジオ地図」10周年のフィナーレを飾る豪華なオーケストラコンサートで、ぜひ細田守監督作品の世界を体感してみてはいかがだろうか。

文/富塚沙羅