「進撃の巨人」の荒木哲郎監督が、現在放送中の「SPY×FAMILY」でも注目のWIT STUDIOとの強力タッグで世に送りだすオリジナルアニメーション映画『バブル』(公開中)。制作陣には、プロデューサーに『君の名は。』(16)などのヒットメーカーである川村元気、脚本に「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄、キャラクターデザイン原案に「DEATH NOTE」や「バクマン。」の小畑健、劇伴には『プロメア』(19)の澤野弘之といった日本が世界に誇るトップクリエイターたちが名を連ねる。

物語の舞台は、世界中に降り注いだ謎の泡(バブル)によって、重力が崩壊してしまった東京。廃墟と化したかつての日本の首都には、いつしか身寄りのない少年たちが暮らすように。そんな事情を抱えた少年の一人で、特殊な聴力を持つ孤独な少年ヒビキ(声:志尊淳)は、謎の少女ウタ(声:りりあ。)と運命的な出会いを果たし、閉ざしていた心を開き始めていく。

圧巻の映像美を背景にラブストーリーが展開される本作の魅力を紐解くため、映画ライターのSYOへのインタビューを実施。映画・アニメ・ドラマを中心に、レビューやコラムを執筆するだけでなく、トークイベントや映画情報番組にも出演するSYOに、本作で惹かれたポイント、映画館でこそ味わうべき理由について語ってもらった。

■「照明や色彩といった、作品に携わるスタッフの方々の情熱が伝わってきました」

本作の特徴としてまず挙げられるのは、実在のスポーツであるパルクールを題材にした大迫力のアクション。少年たちは地域ごとにチームを組み、生活物資を賭けてチーム戦を行う「バトルクール」に興じている。「進撃の巨人」での立体起動装置の動きを生みだしたWIT STUDIOらしく、縦横無尽なカメラワークと超ハイスピードによる、パルクール・アクションが繰り広げられる。

SYOはかねてより荒木作品のファンだったこともあり、「割と序盤で泣いちゃいました」と振り返る。「『甲鉄城のカバネリ』など荒木さんの作品がすごく好きなので、新作を観られたこと自体の感動もあったのですが、物語の本筋に入る前にとてもクオリティの高い“画”を見せられた感覚があって、反射的にウルっときました」。

荒木監督をはじめ、クリエイター陣の名前を聞いた時から、本作への期待感に胸を膨らませていた。作品を実際に鑑賞してみて、ずっと頭から離れないと語るのは、“メイクアップカット”の美しさだという。

“メイクアップカット”という言葉を初めて聞いた人のために簡単に説明すると、あるシーンを際立たせるためにキャラクターに“化粧”を施すこと。つまり、キャラクターの決めカットに、髪の毛や瞳の質感を足したり、まぶたにアイシャドウをのせたりといった効果を描いていく。2016年に放送された「甲鉄城のカバネリ」で初めて実践され、この工程を専門に行うアニメーターも用意するなど、WIT STUDIOならではの武器にもなっている。

「照明や色彩といった、作品に携わるスタッフの方々の情熱が伝わってきました。もちろん、スピーディで疾走感のあるパルクールのシーンにも引き込まれるのですが、画が動く、その一歩手前の段階でグッとくるものがありました」と映像を観た時の心境を細かく述懐してくれた。

■「あえて“どピュア”なものにしたところもおもしろかった」

映像やアクションのすごさを力説する一方で、最も心を揺さぶられたのは、繊細に紡がれるヒビキとウタの美しくも儚いラブストーリーだという。ヒビキにしか聴こえない“音”にウタも反応することができ、自然な流れで心の距離は縮まっていく。しかし、ウタにはある秘密があり、やがて避けられない宿命が2人の前に立ちはだかる。

「最近は、毒気のある作品が世の中にあふれていて、特にアニメやマンガの世界にその傾向があります。でも、今回は久々にそうではない作品に触れられた気がしました。やろうと思えば、いくらでも毒気のある作品を作れたはずの布陣なのですが、あえて“どピュア”なものにしたところもおもしろかったですし、大きな挑戦だったんだろうなとも想像できます」と、作品全体から漂う“ピュアさ”がとにかく強く印象に残ったよう。

職業柄、どうしてもシニカルに身構え、悲観的な展開を予想して映画を観てしまうことも多いというSYO。しかし、本作に関しては普段とは違う受け止め方をしていたようで、「『こうなったら世界はもうちょっと美しいんじゃないか』とピュアな方向に気持ちを持っていってくれる作品でした。ストーリーもまっすぐで、とても素直な気持ちで観ることができました」。

■「物語の世界に入り込み、ヒビキやウタと一緒に疾走しているような気持ちになれる」

映像に寄り添い、盛り上げる“音”のすごみも大きな魅力だったと説明する。「SE(サウンド・エフェクト=効果音)としての音響、環境音や音楽、セリフが一緒に流れるのですが、そのバランスがすごくよかったです。この作品を劇場で観るべきだと思ったポイントの一つです。物語の世界に入り込み、ヒビキやウタと一緒に疾走しているような気持ちになれるとても微細な(音の)設計をされているという点に感動しました」。

ヒビキを志尊淳、泡を調査する科学者のマコトを広瀬アリスが演じ、荒木作品で重要なキャラクターを担当してきた宮野真守、梶裕貴、畠中祐、千本木彩花、井上麻里奈、三木眞一郎ら、人気実力派声優たちも参加している。そして、ヒロインのウタの声を担当するのは、Z世代から圧倒的な支持を集めるシンガーソングライターのりりあ。だ。

「志尊さんは、めちゃめちゃ上手いと思いました。志尊さんだとまったくわからなかったです。広瀬さんには、ヲタ仲間が好きな監督の作品に出てくれているみたいな感覚で(笑)、すごく好感を持ちました。りりあ。さんも本当にすばらしかったです。この声じゃないとダメだろうと思えるところも絶妙に表現されていて、志尊さんとの化学反応もすごくよかったと思います」。

俳優が声をあてる理由には、作品に生っぽい演技を盛り込みたいからなのでは?とコメント。「その生っぽさが時として生んでしまう画と肉体の“ズレ”みたいなものは、この作品には感じませんでした。そして、僕のような荒木作品ファンからすると『ありがとうございます!』としか言いようがないキャストが並んでいます。ほぼ声優さんの友情出演に近いキャラクターもいたりして、荒木作品常連組の絆が感じられてよかったです」。

■「自分がもう、ヒビキたちと同じ世界にいられないということが、わかっているから」

SYOは普段アニメを観る時には、憧れるキャラクターや自分を同化させるキャラクターがおり、ある意味で作品のなかに入り込んでいることも多いという。しかし、本作では一歩引いた目線で、登場人物たちの織りなす営みを見守っていたそうだ。

「目線でいうと、宮野さんが演じたシンと、ヒビキや彼が所属するバトルクールのチーム、ブルーブレイズのメンバーたちとの間くらいの立ち位置で観ていたと思います。僕の年齢的にもちょうどそのあたりがしっくりくるのですが、そのポジションに立ってみて思ったことが、『どうか幸せになってほしい』ということでした。ちょっと保護者のような気持ちもありますね」と分析。

そのような想いを抱いたのも、作品から感じた“ピュアさ”が影響していると笑みを浮かべる。「自分がもう、ヒビキたちと同じ世界にいられないということが、わかっているからかもしれません。誰かを信じて走りだすことは、自分にはもう起こらないこと。王道な演出だけど、当初はチームメイトなのに溝があった梶さん演じるカイとヒビキがしだいに友情で結ばれていく展開には、少年マンガ的なアツさを感じました。でも、そういう熱は汚辱に塗れた世界に生きる僕には、もう起こりえない(笑)。だからこその“見守る”目線だったのかもしれません」と素直な気持ちを口にし、まっすぐなヒビキたちをまぶしく感じているようだった。

■「自分がなにを感じるか、映画の楽しみ方ってそれでいいと思う」

本作のような話題作、注目作ともなれば様々なコメントがネット上にあふれ、そのことが作品を観るか否かの判断材料にもなっている。

このようなSNS事情についても触れ、「作品をおすすめすることを仕事にしているので、矛盾している部分もあるのですが(苦笑)」と前置きしつつ、「皆さんそれぞれが作品を観て、そこで得た感想がすべてだと思っています。自分がなにを感じるか、映画の楽しみ方ってそれでいいと思うんです。それを“発信”するかどうかは、また別の問題かなと」と一石を投じる。

「もちろん、誰かが『おもしろい』と発信しているのを見て、『観に行こう』となるのは、すてきなことです。ですが、誰かのコメントや評価だけを見て作品の良し悪しを判断するのはあまり好ましい傾向ではないかなと思っています。周囲の意見に左右されることなく、自分で観て感じたことを信じてほしいし、大切にしてほしいという想いがあります。そうしないと、自立的な感性が育っていかない」。

そんな想いを踏まえて、SYOに『バブル』を映画館で観るべき理由を尋ねてみると、「『映画館で観ればわかります』ということに尽きます」との回答が。

「映像も綺麗だし、音響もすごくいいし、映画館という没入空間で世界観に入り込む感覚はなににも変え難い時間、体験だと思います。僕はこの映画によって忘れかけていた気持ちを思い出し、心が浄化された感覚があるので『すごく好きです!』と言いたいです」。

続けて、「映画館で観る利点というのかな、劇場でこそ、ストロングポイントが活きてくる作品だと思います。音の連なり、パルクール・アクションの映像のすごさはもちろんですが、僕は作品が持つ“どピュア”なところに連れていってもらい、向き合わざるを得なくなる感覚を味わいました。それは劇場という外界と遮断された空間だからこそ。スクリーン映えもしますし、せっかくなら映画館の大きなスクリーンで音を浴びながら楽しんでほしいと思います」と絶賛。

爽快感ある映像、心を震わす音楽や音響が魅力の『バブル』。それに加えて、SYOが語るように、“ピュアさ”にあふれた世界観によって忘れかけていた淡い感情も思い起こしてくれる。崩壊した東京で、ヒビキたちはなにを感じて日々を生きているのか?彼らの物語をぜひ劇場で確かめてほしい。

取材・文/タナカシノブ