5月末に閉幕した第75回カンヌ国際映画祭を振り返ると、韓国映画が何度目かの黄金期を迎えていることがわかる。コンペティション部門に出品されたパク・チャヌク監督の『Decision To Leave(英題)』が監督賞を、是枝裕和監督が韓国資本、キャストで撮った『ベイビー・ブローカー』(6月24日公開)の主演ソン・ガンホが男優賞を受賞した。また、ミッドナイト部門に「イカゲーム」(Netflixで独占配信中)主演のイ・ジョンジェの初監督、脚本作『HUNT(英題)』、並行部門の批評家週間のクロージング作品としてチョン・ジュリ監督の『Next Sohee(英題)』が上映されている。ある視点部門で上映された『Return to Seoul(英題)』は、カンボジア系フランス人のダビ・チュウ監督によるフランス、ドイツ、韓国ほか5か国の共同製作で、KOFIC(韓国映画振興委員会)の助成を受けてソウルで全編が撮影されている。

■“映画監督”イ・ジョンジェ、鮮烈なデビューを果たす!

映画祭序盤の木曜深夜のミッドナイト・スクリーニングには、世界的大ヒットとなった「イカゲーム」主演俳優の新しい顔を見るため、若いフランス人が大挙して並んでいた。映画祭のメイン会場であるルミエール劇場の収容人数は約2300人。スタンディング・オベーションの時間は計っていないが、口笛と大歓声で祝福された新人監督イ・ジョンジェは、映画監督としてかなり幸福なデビューを飾ったといっていい。「イカゲーム」撮影中にも脚本改訂稿を夜な夜な執筆し、韓国映画の王道ともいえる骨太スパイ・サスペンスを作り上げたイ・ジョンジェのインタビューは、別記事でお届けしたい。

カンヌ国際映画祭が最も盛り上がる週末の夜、ビーチ沿いのレストランを借り切って行われたKOFIC主催のパーティには、前日深夜に初監督作のワールド・プレミアを迎えたばかりのイ・ジョンジェ、彼の親友で主演俳優であるチョン・ウソン、そしてチョン・ジュリ監督とダビ・チュウ監督が登壇し、韓国映画の前途洋々を祝った。韓国作品のレッドカーペットでもよく見かけた赤い髪のYouTuber、「文明特急」のジェジェの姿もあった。韓国映画でおなじみのソジュが振る舞われ、締めには辛ラーメン、そしてお土産に配られたのは「イカゲーム」で世界中の視聴者の目を釘づけにしたダルゴナ(カルメ焼き)の型抜きセット。種類も4柄あり、缶を開けると傘のダルゴナと針が入っていて、ソン・ギフン(イ・ジョンジェ)の気分も味わうことができた。

■躍進止まらぬ韓国作品!『ベイビー・ブローカー』が2冠獲得

コンペティション部門に韓国映画が2作入ることも、その2作品が同じ映画会社(CJ ENM)の製作であることも、そして同時に受賞することも、現在の韓国映画界、ドラマ界の躍進ぶりを見れば驚きではない。

是枝監督の『ベイビー・ブローカー』は、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、ペ・ドゥナ、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨンといったスター俳優を揃え、カンヌ国際映画祭直後に地元韓国で大規模公開されるという超話題作。それほどまでの“期待作”のテーマが新生児を預ける「ベイビーボックス(赤ちゃんポスト)」で、是枝監督がいままでの作品で追求してきたように、市井の人々が無自覚に抱いている視点に疑問を投げかける。

記者会見で是枝監督は、「日本でも韓国でも、(ベイビーボックスの)評価は定まっていない。冒頭でペ・ドゥナさんが扮する警官がこぼす『捨てるなら産むなよ』という、母親に対するバッシングが大半を占めるのではないでしょうか。(ソン・ガンホさんら子どもを売る)ブローカーたちの姿は車の外から見ればただの犯罪者集団ですが、彼女の目線を通じて、2時間の映画を通して揺さぶる。自分が発した言葉について、どんなふうに考え方や目線、母親に対する見解が変わっていくのかを縦軸としました。映画を観たみなさんが彼らの旅に同行しながら、それぞれの価値観をもう一度見つめ直し、少し変化が訪れる。そんな映画を目指しました」と語っている。

■名優ソン・ガンホが最優秀男優賞受賞、イ・ジウン&ペ・ドゥナら女優陣も異彩を放つ

監督の話を聞いていて思い浮かんだのは、近年の韓国ドラマの良作、人気作には、社会派ヒューマンドラマが多いということ。例えば全放送配信作品から選出される百想芸術大賞受賞作には、そういった作品が並んでいる。それらのドラマはわかりやすい解決策や落とし所ではなく、視聴者の視点を揺さぶり、ドラマを観る以前には持ち得ていなかった感情を惹起させる。ポップスターとして知名度の高いイ・ジウン(IU)について、2019年のドラマ部門作品賞受賞作「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」での演技に惹かれた是枝監督が出演をオファーしたという逸話もある。CJ ENMを率いるミキ・リー副会長は、『パラサイト 半地下の家族』(19)でアカデミー賞作品賞を受賞した際に「韓国の厳しい観客が韓国映画を鍛えた」とスピーチしていたが、『ベイビー・ブローカー』は映画を観る目の肥えた観客と世界の映画界に向けて勝負をかけた一作だといえるだろう。

ソン・ガンホの男優賞受賞も大きな意味を持つ。多くの場合、韓国映画は撮影開始時にストーリーボード(絵コンテ)があり、監督が意図する演技、動き、セリフに忠実に演じることが求められるそうだ。映画ファンの間ではよく知られているように、是枝監督の演出はあえて脚本との隙間を埋めずに、俳優とのコラボレーションで作られている。米国での撮影がありカンヌ国際映画祭に出席できなかったペ・ドゥナは、「The Hollywood Reporter」誌のインタビューでこう答えている。「是枝監督とは『空気人形』で初めてご一緒しましたが、それ以来、私の心のなかでナンバーワンの監督です。世界観、役者やスタッフへの撮影現場での接し方など、あらゆる面で非常に尊敬できる方で、まさに彼の人生観が表れているようです。是枝監督は、あらゆる意味で、私がこうなりたいと思える人間なのです。“巨匠”と呼ばれる監督との仕事を想像すると、現場で自分のやり方を要求し、圧迫感を与えるようなイメージがあるかもしれません。でも、是枝監督の場合は、『これでいいのかな』と思うくらい、自由にやらせてくれます。自由を与えてくれるのと同時に、ご自身が求めているものを知り尽くし、それを完璧な形で(映像に)捉えてくれるのです」。

ペ・ドゥナは批評家週間出品作の『Next Sohee』でも、『ベイビー・ブローカー』での役柄同様に、若い女性の事件を追うことで、自身や社会が抱える見えない欺瞞に気づく刑事を演じている。チョン・ジュリ監督は、『私の少女』(15)でもペ・ドゥナに刑事役を演じさせていて、『ベイビー・ブローカー』そして「マイ・ディア・ミスター〜私のおじさん〜」に出演しているソン・セビョクも、『私の少女』組だ。そして、ペ・ドゥナだけでなく、最近ではドラマ「私の解放日誌」で主人公が来店する銀行の担当者を演じていたチョ・ヒジンも『ベイビー・ブローカー』と今作の両方に出演している。『Next Sohee』は、実際に起きた事件をもとに、ニュースを見た時の先入観が覆されていく様をペ・ドゥナが繊細な演技で見せている。脚本も務めるチョン・ジュリ監督の視点はペ・ドゥナ演じる刑事に託され、彼女と同じように監督の視点も揺らいでいることが伝わってくる。今作はカンヌ国際映画祭出品作品群のなかでも”Hidden Gem(隠れた宝石)“と呼ばれ高評を得ているので、日本公開も決まると思われる。

■『Decision to Leave』で監督賞を受賞!制作秘話を明かした鬼才、パク・チャヌク監督

他方、パク・チャヌク監督の『Decision to Leave』は、コンペティション部門で監督賞を受賞。『オールド・ボーイ』(03)は2003年の第57回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第62回に出品された『渇き』(09)での審査員賞に続く受賞となった。パク・チャヌク監督と何作も組んでいるチョン・ソギョンが脚本を務め、『ラスト、コーション』(07)のタン・ウェイが殺人事件の重要参考人である未亡人、『殺人の追憶』(03)などのパク・ヘイルが事件を追う刑事として、ラブ・サスペンスを演じている。

パク・チャヌクが率いたともいえる韓国映画の激しい暴力描写や、『お嬢さん』(16)のようなフェティッシュな描写を期待していた観客は、少し肩透かしをくらうことになる。その代わり、スクリーンに映される映像美、壁紙の一枚まで考え抜かれた美術、うっとりするような音楽に酔いしれる。同様の質問が記者会見でも出たが、パク・チャヌク監督は、「この作品において、暴力もヌーディティも必要ないと考えたからです。大人のための映画を作りたいと企画を始めた際に、『エロティックでセクシーな映画になることでしょう』と言われました。私は、『大人向けの映画を作ろうとしているのに、観客がそんなものを期待していると考えるのは見当違いだ』と言い、逆のことをやろうと思ったまでです」とはっきりと答えている。

同様に、増村保造監督の『妻は告白する』(61)やアルフレッド・ヒッチコック監督の『めまい』(58)の影響が質問されたが、パク・チャヌク監督の答えは、「逆に、なぜこれらの映画を彷彿とさせたのかをお聞きしたい。音楽に関しては、『ベニスに死す』でも使われていたグスタフ・マーラーの交響曲第5番がインスピレーション源となりました」と答え、クラシック音楽と韓国の古い歌謡曲が印象的に使われている。また、監督賞受賞後の会見では、スウエーデンのミステリー作家、ヘニング・マンケルの「刑事ヴァランダー」シリーズの影響を認めている。

ダビ・チュウ監督の『Return to Seoul』は、子どもの頃に韓国からフランスへ里子に出された女性が、大人になってソウルに戻りルーツを探す物語。外側から眺めていた祖国に実際に足を踏み入れ見えてくるものを、監督自身の成長過程と重ねているような映画だ。『ベイビー・ブローカー』のアナザーストーリーとも解釈できるし、韓国映画、ドラマでこの設定はさして珍しいものでもなく、設定の先にある感情の動きと監督の視点がシンクロするところが映画的醍醐味だと感じた。『ベイビー・ブローカー』にも出演している、「愛の不時着」で北の人民班長を演じたキム・ソニョンが、“ロスト・イン・トランスレーション”しながらも歩み寄る叔母役を、見事なコミカルさで演じている。

■日本公開も?期待作が続々出品される“マーケット”

映画祭には、公式上映やレッドカーペットと同じくらい重要な、マーケットが付設されている。メイン会場のパレ内にある会場では、カンヌ国際映画祭に出品された作品をはじめ、今後の作品、制作待機作などの海外販売が行われている。そのなかには、『ベイビー・ブローカー』で銀幕デビューしたイ・ジウンと、マーベル・シネマティック・ユニバースへの参加が発表されているパク・ソジュン共演、『エクストリーム・ジョブ』(19)のイ・ビョンホン監督による『Dream(仮題)』や、『10人の泥棒たち』(12)などのチェ・ドンフン監督によるSF2部作の大作映画『Alienoid(英題)』など、海外市場でも引きが強そうな作品がたくさん並んでいた。これらの作品は各国配給会社の手によって、今後それぞれの市場に届けられる。

カンヌ国際映画祭で直接話を聞くことができた監督や俳優たちの言葉からも、常に変わり続けようとする韓国映画界の視座が伝わってくる。韓国映画黄金時代はまだ序盤で、さらに進化した作品が世界の観客に届けられることだろう。

文/平井 伊都子