相葉雅紀が8年ぶりに映画主演を務め、「リング」シリーズや「スマホを落としただけなのに」シリーズ、『事故物件 恐い間取り』(20)などで知られるJホラー界の名匠、中田秀夫監督がメガホンをとった『“それ”がいる森』(9月30日公開)。このたび本作の場面写真が解禁された。

本作は不可解な怪奇現象が多発するという実在の森を舞台にしたホラーエンターテインメント。田舎で農家を営む田中淳一(相葉)は、元妻の爽子(江口のり子)と東京で暮らしていた小学生の息子、一也(上原剣心)と一緒に暮らすことに。その頃近くの森では不可解な怪奇現象が立て続けに発生し、住民の不審死や失踪事件が相次いでいた。そんな矢先、森のなかで得体の知れない“それ”を目撃してしまう淳一と一也。2人は一也の担任教師である絵里(松本穂香)とともに怪奇現象に巻き込まれていくことに。

このたび解禁された場面写真には、森のなかに貼られた規制線のテープを前にした淳一と絵里の姿が写しだされている。行方不明になっている一也のクラスメイトを探しに、絵里や町の有志らと共に森へ捜索へ向かう淳一。一体そこでなにを見つけたのか…。相葉は初共演となった松本について「まだ25歳なのに全然物怖じしていない感じがすごいなと思いました」と脱帽。「昔からの知り合いのように親しみを持ってお話しできたので、おかげでとても居心地の良い現場になりました」と振り返っている。

そして公開日より全国の対象劇場にて、4DX、MX4D版での上映も決定。前後左右や上下に動くモーションシートやさまざまなエフェクトの数々が映画のシーンと連動するアトラクション型シアターシステムの4DX、MX4D。通常のシアターでは味わえない大迫力と臨場感が楽しめる4Dで、ホラーならではの不気味な音や気配、そして中田監督の仕掛ける“未知の恐怖”を全身で体感してほしい!

文/久保田 和馬