鈴鹿央士と飯豊まりえがW主演を務め、八目迷の同名小説をアニメ映画化した『夏へのトンネル、さよならの出口』(公開中)。とある田舎町を舞台に、欲しいものがなんでも手に入る”ウラシマトンネル”の存在を知った高校生の塔野カオルと花城あんずが、トンネル探索を行うなかで関係が深まっていく、ひと夏の青春物語が展開する。本作は、『この世界の片隅に』(16)の制作プロデューサーを務めた松尾亮一郎が設立し、『映画大好きポンポさん』(21)などを手掛けたアニメーションスタジオCLAPが制作を手掛けている。

MOVIE WALKER PRESSでは、本作制作中のスタジオCLAPに潜入。制作現場の様子を、CLAP代表取締役でもある松尾プロデューサーの解説と共にお届けする。また、松尾プロデューサーと本作の監督を務めた田口智久監督にインタビューも同時に敢行し、本作の制作裏話や、設立から6年を迎えたCLAPの”挑戦”について語ってもらった。

■クオリティをより高めるため、細かな調整もギリギリまで繰り返す!

取材が行われたタイミングでは、本作の制作は佳境を迎えており、アニメ制作の工程でいう線画に着色を施していく”仕上げ”や、カットの修正を行う”リテイク修正”が行われていた。スタジオ内では、取材中も“カット袋”と呼ばれるカット毎に素材まとめて入れた封筒をスタッフたちが探し続け、制作も大詰めであることが感じられた。

スタジオ内での本作の作業スペースは、「大きく分けて3つある」と松尾プロデューサーは説明する。1つ目は監督のデスクや本作の作画を担当するメインスタッフのスペース。壁にはキャラクターの色見本、”美術ボード”と呼ばれる作品全体やシーンごとのイメージをスタッフ内で共有するサンプルなどがびっしり貼られている。

松尾プロデューサーが指し示す、監督のデスクに「確認用」として置いてあった本棚が映るシーンの美術ボードには、どこかで見たことのある背表紙の本が並んでいるのが確認できる。これは、背表紙というもの自体に著作権が発生しないことが多いため、実在する本の背表紙をそのまま使用できる作品もあるという。このとき確認した“ボード”の段階では、タイトルなどは反映されていないが、「本編ではしっかりと有名な作品が登場するので、本作を観る際には本棚の背表紙のチェックも楽しんでほしい」と松尾プロデューサーは笑顔で語った。

2つ目のスペースは、1つ目のスペースと同じフロアにあり、大量のカット袋が置かれたラックで仕切られている。大きなモニターも置かれており、スタッフで映像を観ながら打ち合わせもできるスペースとなっている。大量に積まれているカット袋には、カット番号が印字されており、このカット袋の内容を順次更新していくことで進行を管理しているとのこと。

制作も佳境であったため、スタッフの多数がリテイク修正を行っていた。このリテイク修正は、「作品やカットによって異なるが、ものによっては10回以上リテイクを重ねるものもある」と松尾プロデューサーは説明する。公開までの残り期間が短いなかで、ギリギリまで作業を行い、作品のクオリティを向上させようとするスタッフの熱気が伝わってきた。

3つ目の作業スペースは、照明が消され真っ暗な空間。ここでは、背景やキャラクターの素材を合成し、光や色味の調整など撮影処理を加えて動画データに変換する”撮影”が行われているとのこと。映画作品だと1000カットを超えて撮影を行うこともあり、「出来上がるアニメをよりクオリティの高いものにするために、細かい調整を繰り返し行っている」と松尾プロデューサーは説明する。作業中のモニターをのぞくと、本作の色彩の美しさをしっかり確認することができ、多くの工程を経てアニメ映画が完成していることを実感した。

■「制作フローの見直しが必要なのかなと、今作で新しい課題が出てきました」(田口)

スタジオ見学後には、松尾プロデューサーと田口監督のインタビューを実施。本作の制作で挑戦した”リムライト”と呼ばれる技術など、アニメ制作のテクニックの話からスタジオの今後の展望まで語ってもらった。

――仕上げ作業は大詰めだったとのことですが、本作での特徴的な表現や演出を教えてください。

田口「一つは光の照り返しを使うこと、リムライト(裏からの光を当てることによって光が回り込み、人物の輪郭が強調される効果をつけること)のような表現をしようと考えていました。もう一つはトンネルの中をフル3Dで描くこと。2Dの作画のなかに3Dをいかに違和感ないよう、なじませて演出できるかということに挑戦しています。うまくいっていることを祈りながら最終調整をしているところですが、思ったようにはいかなくて課題は山積みになっている気がしています。アニメーションの作り手としての自分の課題です」

松尾「かなり難しいことをやろうとしているなと思いました。リムライトはある程度工程が進んだ段階でないと、出来栄えをチェックすることができないですし」

田口「現場の進み具合や時間の都合で対応が変わってくる工程なので、試行錯誤しました。レイアウト(絵コンテをもとに作成される画面の構図。キャラクターの配置や背景が描かれている)に背景担当がいろいろな色を入れて、光の反射を入れてくるなかで、どの段階でどこにリムライトをかければ最適に見えるかというタイミングが非常に見えにくて」

松尾「『映画大好きポンポさん』にも「影中色トレス」という特殊な処理がありますが、リムライトはまた違うアプローチで面白いチャレンジだと思いますね」

田口「実写ならその場で反射板を入れたり、ライトを当てる向きまでその場で判断し、調整しながら画作りができるけれど、アニメはいわゆる部署、工程が前に進んでいかない限りはどういう見え方をするのかはわかりません。セルが揃いました、背景も揃いました、撮影も終わりました、という段階で『こんなにつけなくてもいいんじゃないか』とか『もっと内側にあったほうが絶対映えそうだな』って感じてしまうのです。制作フロー自体を変えなければいけないのかな、というのは、今回僕のなかで出てきた課題のひとつです。ここはアニメーションの作り手として、極めたい部分でもあるので、今回生まれた課題と考えるようにしています。次回作に持ち越しです(笑)」

松尾「アニメーション制作って、課題があるからまた新しい作品を作る、みたいなところがありますからね(笑)」

――アニメーションスタジオにはそれぞれ映像が美しい、アクションが強いなど特徴があります。監督が感じるCLAPらしさを教えてください。

田口「松尾さんがグイグイくるなって思いました」

松尾「そうでしたか?」

田口「本作は、背景のクオリティに関しては松尾さんのリクエストに釣られて、どんどん上がっていった気がします」

松尾「本作は田口監督と『美しい作品にしよう!』という共通認識がありました。それを支えるのは、繊細なキャラクターデザインと色、そして美しい背景になります。そこが担保されていなければならない。だからこそ、こだわったというか、確認と調整は何度もしたかもしれないです。田口監督とのお仕事は初めてで、監督は背景チェック時に率直に本音が言えてないかもしれないとも思ったので。『OKと言ってたけど、本当に大丈夫?』という確認は多かったかもですね」

田口「そうそう、そういう意味でのグイグイです。言われた側としてはドキっとする部分もありました。『見透かされちゃったかな』みたいな感じがして。さすが当代きってのアニメプロデューサーだなと実感しました」

松尾「やめてくださいよ。褒められているのかどうなのか…(笑)」

■「唯一無二はやっぱり目指したいところ」(松尾)

――2020年から1年に1本ペースで劇場アニメを制作してきたCLAP。設立から6年が経ちましたが、CLAPとして目指すものは見えてきましたか?

松尾「よそ(他社)でやらないもの、難しいけれど唯一無二な作品を作りたいという想いは、より強くなりました。どこか一つでも新しい、ほかでは見たことない作品を“作り続けて”いければと思っています。『夏へのトンネル、さよならの出口』では、スタジオや僕からのオーダーではなかったですが、監督がリムライトを入れるという挑戦を積極的にやっていました。示し合わせてはいなくても、よそにはない画作りを目指していたことはすごくうれしく感じました。いかに自分たち“らしさのある”画作りをして目立つか、ということを考えていきたいです。例えば、本作のキービジュアルのラフデザインは監督が考えてくれました。三角でトンネルの入り口を想起させるデザインはすごく目立つし、アイデアを出し合って最終的にこのデザインにたどり着けてよかったと思っています」

田口「原作小説の表紙では丸みのある入り口だったイメージがあったからこそ、このデザインが生まれました」

松尾「ほかではやっていないことをやるのは簡単なことではありません。少し捻くれているのかもしれませんが、唯一無二はやっぱり目指したいところです」

――新しいジャンルにも挑戦したいという想いはありますか?

松尾「大いにあります。今回青春モノを選んだのも、僕が個人的にやったことのないジャンルだからです」

田口「僕もやったことなかったです」

松尾「ラノベもあまり触れたことがありませんでした。若い方が読むものと勝手に思っていたのですが、読んでみたら僕ら世代でも楽しめるし、おもしろいし、読後感がすごくよかったので、ストレートに青春モノとして描ける気がして。田口監督は、『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』でオールドファンを含めて幅広い層を喜ばせることができた監督だと思ったので、すぐに相談しました。きっと小説で感じたい読後感を、映画でも出してくれるはずという期待がありました」

田口「うれしいことばですが、いまのタイミングで聞くとプレッシャーを畳み掛けられています…」

松尾「それもあるかもしれませんね(笑)。あまり読んだことのないラノベを手に取るいい機会になったと思うので、今後もし企画が持ちかけられたら、ちゃんと読んでから判断しようと思っています。新しいジャンルに出会える可能性もあるので」

――最後に、今後挑戦したいと思っているジャンルを教えてください。

松尾「ホラーです!」

田口「いいですね」

松尾「おもしろい原作を見つけたと思っても、すでにアニメ化が決まっていたりするものもあって、なかなか実現には至ってないですが。あまりないタイプで自分たちがおもしろがれるホラー作品を、いつか作ってみたいです」

取材・文/タナカシノブ