スティーヴン・スピルバーグ監督によって生みだされ、世界中の観客を虜にしたSFアドベンチャー映画『E.T.』(82)。いまなお愛され続けている不朽の名作が今年2022年に公開40周年を迎えたことに合わせ、MOVIE WALKER PRESSでは、40周年を記念して発売される公式グッズの最新情報を紹介しながら、本作の魅力を改めて検証する連載企画を実施中。今回は漫画家、コラムニストの辛酸なめ子を直撃した。

辛酸は「少年と宇宙人の友情、1980年代の香りなど、本作には“エモさ”が詰まっている」と惚れ惚れ。エリオットの妹ガーティを演じたドリュー・バリモアとは同い年だという彼女が、バリモアのすごみを語ると共に、「E.T.は、スマホ時代に警鐘を鳴らす存在かもしれない」と辛酸ならではの視点で、いまこそ本作を楽しみたい理由について語ってくれた。

■「E.T.によって、宇宙人にポジティブなイメージを持つことができた」

10歳の少年エリオット(ヘンリー・卜ーマス)と、地球にたった一人置き去りにされた宇宙人“E.T.”の交流を描く本作。1974年生まれの辛酸と本作の初めての出会いは、「小学生くらいの時に初めて観ました。うちは両親が教師で、すごく厳しい家庭で育ったんです。だから子どものころは、ラブシーンなどがある映画は観させてもらえなかったんです。『E.T.』はスピルバーグ監督の作品だし、少年少女の物語ということで『この映画なら大丈夫だろう』と両親も安心できるものとして、観ることができた映画なんです」と述懐。

幼いころの辛酸にとって、「地球の子どもと宇宙人との友情と別れにすごく感動した」と心揺さぶる映画となったそうで、エリオットら兄妹がE.T.と友情を育んでいく過程を目にして、「『宇宙人って怖くないんだ』という新たな価値観を身につけた」のだそうだ。

「当時、両親が『V』というドラマシリーズを観ていて。『V』に出てくる宇宙人は地球に侵略目的でやって来て、見た目も爬虫類っぽくてとても怖かったんです。でもE.T.を通して、宇宙人にポジティブなイメージを持つことができました」と語るが、改めてE.T.の造形を観察してみると「結構、質感がヌメっとしていますよね。首も伸び縮みしたりして、ちょっと怖い。もし小さなころに家にE.T.がやって来たとしても、私だったら触れなかったかもしれません」と笑う。

それでいて映画を観ているとどんどんかわいらしく見えてくるのがE.T.の不思議な魅力で、辛酸は「E.T.は不恰好かもしれないけれど、とても心優しくて、友だちになれる存在。また、目元もポイントだと思います。ここ数年はみんなマスクをしているので、目を見て『この人はどんな人かな?』『友だちになれるかな』と思うこともあるんですが、E.T.はとてもつぶらな瞳をしていて、見ていると『優しそうだな』と感じられる。キャラクターにとって、目ってとても大切なんだなと思います」とE.T.に愛情を傾けながら、「アメリカって宇宙人の存在を信じている人の率が、とても高いんですね。宇宙人と交流してみたいと思っている人が多い。本作にはそういった憧れが詰まっていて、『どこかに友だちになれるような宇宙人がいるかもしれない』という夢を見させてくれる。ロマンが広がります」と想いを巡らせる。

■「ドリュー・バリモアからは、なにがあってもよみがえる“力強さ”を感じる。もはや無敵!」

エリオットの妹、ガーティの愛らしい存在感も、観客のハートをわしづかみにした。E.T.の出現に衝撃を受けながらも、彼に言葉を教えたり、ドレスアップさせてみたりする、世話好きでおしゃまなガーティについて、辛酸は「ものすごくかわいかった」とにっこり。ガーティを演じたドリュー・バリモアは当時7歳にして本作に出演。「天才子役」として世界中にその名を知らしめ、スター街道を駆け上がっていったが、辛酸が彼女の演技で印象的だったのが「初めてE.T.を見たガーティが、驚いて叫ぶシーン」とのこと。

「“E.T.が死んじゃうかもしれない”というシーンの表情も、すばらしかった。かわいらしさも表現力も抜群で、芦田愛菜ちゃんのよう。天性のスターですよね」と微笑みながら、「調べているなかで知ったことなんですが、ドリュー・バリモアと、劇中でお母さん役を演じたディー・ウォレスとの対談番組があって、ディーが『初めてドリューに会った時に、“私はドリュー・バリモアよ。あなたの膝に乗っていい?”と言ってきた』と振り返っていて。そこでディーは、『彼女はこれから映画プロデューサーになっていくに違いない』と確信したそうなんです。それくらい、ドリューは子どもながらに業界に慣れていたし、自分の役割というものをわかっていたのでしょう」と驚く。

バリモアとは同い年だという辛酸。セレブの動向を追いかけるコラムニストとしても活動している彼女だが、セレブから目が離せない理由は「提供してくれる話題のスケールが大きくて、景気がよさそうというか。庶民の何倍も人生を生きている感じがする」からだという。そんな彼女にとっても、波瀾万丈の人生を送っているバリモアは、興味深い存在だと続ける。

「ドリュー・バリモアは、アルコールやドラッグでものすごい大変な経験をしています。アメリカでスターになってしまうと、成功と引き換えに、自分を見失ってしまうのかなと感じさせてくれるような人。それでいて、ドリューはそこからちゃんと復活を果たしている。ドラッグをやっても廃人にならずに、ハリウッドの真ん中で活躍しているということに、彼女のただならぬ意志の強さと才能を感じます」とコメント。

「その後は映画プロデューサーとしても成功していますし、主演と製作総指揮を務めた『25年目のキス』もとてもおもしろかったですよね。ドリューのなかには野望や情熱、アグレッシブさが渦巻いていて、いつまで経ってもそれを保っている方なのかなという気がしています。アメリカンドリームをかなえ続けていて、なにがあっても絶対によみがえってくるような力強さを感じる。もはや無敵と呼べる存在」と分析しつつ、「そんな彼女の原点として『E.T.』を観ても、味わい深いものがありますね」と語る。

■「E.T.の姿そのものが、人類の予言のような気がする」

独自の感性と鋭い観察眼で、あらゆる事象を取材している辛酸。「現実逃避できる映画が好き」という彼女だが、公開40周年の機会に改めて本作を鑑賞して、「本当に不朽の名作だなと感じましたし、何回観ても感動できる映画だなと思いました。少年と宇宙人の友情、子どもたちの成長や80年代の香りなど、“エモさ”が詰まっている」としみじみ。

またスマホ時代になって、E.T.について新たな見解を持つこともあったと打ち明ける。辛酸は「E.T.の姿そのものが、人類へ向けた予言のような気がしています」と切りだし、「いま、人々はスマホばかり触っているので、そのうち人差し指が伸びてくるのではないかと思っていて。またスマホを見ていると、前傾姿勢になりますよね。人類がこのままスマホやタブレットをいじり続けていると、首が伸びてE.T.のようになるのではないかとも感じます。“スマホ首”という症状もあるくらいですからね。あまり歩かなくなって足が退化していくと、E.T.のような歩き方になるのかもしれないし、ブルーライトの影響で、顔にシワができるのかもしれない。そう考えていくと、もしかしたらE.T.は未来の地球人の姿なのではないかという気がする」と持論を展開。

「スマホ時代に本作を観ると、『このままスマホを見ているとこうなってしまうよ』という警鐘のようになるのかもしれません。また本作を観ると感動の涙が流れるので、ドライアイ対策にも効果的。そういった意味でも、スマホ時代に楽しみたい映画」と提案する。

宇宙人の存在や人類の未来に思いを馳せながら、本作を堪能した様子だが、辛酸は「私の周りにも宇宙人やスピリチュアル系の話題が好きな人たちがたくさんいるので、“人間と宇宙人の友情を描いた映画の原点”として本作を一緒に鑑賞して、ぜひ感動を共有してみたいですね」と笑顔。

新作が続々登場しているグッズにも興味津々で、「グッズに月と自転車とE.T.が描かれていると、それだけでグッと来ます。あとE.T.のマウスパッドを使えば、なんだか宇宙からインスピレーションを受けられそう。充電ケーブルも、宇宙人とつながれそうな雰囲気があっていいですね。スマホの電波がよく入るようになるかも(笑)。いつか植木鉢のグッズも作ってほしいですね。E.T.の力で、植物がぐんぐん育ちそうです!」と期待していた。

■映画の世界観を身近に感じられる、ファン垂涎のアイテムが続々!

何年経っても色褪せない数々の名シーン、そして見れば見るほど愛らしいE.T.の存在感は、老若男女を魅了するもの。公開40周年を迎えた今年は、『E.T.』の世界観を身近に感じられるグッズが続々と登場している。

劇中で主人公のエリオットたちが乗り一躍有名となった日本のBMXブランド「クワハラ」。公開当時にも『E.T.』モデルの商品が発売され、20周年や30周年の際にも復刻版が発売されてきたが、この秋、新たな復刻版の公式モデル「E.T.40」が発売される。当時のイメージを忠実に再現しながらも、パーツやスペックがパワーアップ。さらに乗りやすさや快適さを追求した1台となっており、ユニバーサルの公式アイテムの証でもある『E.T.』のロゴにもテンションが上がる。このBMXを目にすれば、映画の感動がよみがえること必至だ。詳細な仕様は、特設ページを参照してほしい。

E.T.の愛らしさに胸を打たれたならば、ぜひ手元に置いておきたいのが、ぬいぐるみメーカー「サンアロー」から発売中の、E.T.のぬいぐるみだ。少し微笑んだ表情と、大きくて丸いブルーの瞳がとてもキュート。手足やシワシワの首周り、おなかも見事に表現されており、いまにも言葉を話しだしそう。デスクやベッドのそばに座らせたら、心にホッと癒しをくれること間違いなし。そっと手に取って、優しく包んであげたくなる。ぜひ公式サイトでチェックしてみてほしい。

■E.T.といつでも一緒に!アパレルアイテムも充実

さらに、『E.T.』コラボアイテムは、ファッションブランドにまで拡大。40周年を祝う様々なアパレルは、ファンならずとも手に取ってみたくなること間違いなしだ。

「niko and ...」からは、『E.T.』とのコラボアイテムとして、アパレルや雑貨、インテリアなど生活を彩るアイテムがズラリとお目見え。クッションやアクセサリートレーなどの雑貨や、ウィメンズのTシャツ。さらにマットやルームシューズなども含めた“E.T.だらけ”のコレクションが誕生した。辛酸が気になっていたのはACアダプターや、エリオット兄妹&E.T.がプリントされた傘。この傘があれば、気分がどんよりと曇りがちな雨の日もハッピーにしてくれそうだ。そのほか、実用的かつ、ノスタルジックな味わいもたまらないグッズは、特設サイトで確認することができる。

「BEAMS」では、かねてより『E.T.』のファンだった人気アーティスト、NAIJEL GRAPH(ナイジェルグラフ)を迎えた特別プロジェクトがスタートした。映画の40周年を祝したオフィシャルコラボレーションとして、NAIJEL GRAPHが新たに24点のキャンバス作品を制作。GALLERY TARGETにて、同作品シリーズの展覧会が行われている。このシリーズでNAIJEL GRAPHは、新しい取り組みとして、自らがコラージュしたキャンバス上にぺイントするという手法で全作品を仕上げているという。本日からは、BEAMS T HARAJUKUにてこの新作を用いたアパレルアイテム各種、シルクスクリーンプリント、シルクスクリーンスケートデッキが数量限定で発売されている。いずれも、おしゃれで温かみあふれるアイテムばかりで見逃せない。

そして、ユニバーサルが贈る映画好きのためのオフィシャルオンラインストア「Universal Filmarket」では、ここでしか手に入らない『E.T.』40周年デザインの商品をラインナップ。『E.T.』フェイストートバッグは、E.T.の顔が中央に付いたなんとも愛くるしいトートバッグ。使わない時はE.T.の顔にまとめてコンパクトに収納できるのもうれしい。2パターンのデザインで発売されているゴブラン織りトートバッグは、ガーティがE.T.にキスするデザインもステキ。そのほか、缶バッジセットに掛け時計、フィルムアートがプリントされたTシャツなど、『E.T.』の世界観を日常に感じることができるアイテムに注目だ。

最後にご紹介する、「Amazon.co.jp」のユニバーサル公式ページでは、ここまでに紹介したアイテム以外もゲットすることができる『E.T.』商品特集を展開中。まだまだ続く40周年イヤーでは、今後も新たなアイテムの発売が予定されているため、ぜひこまめにチェックしてみてほしい。

取材・文/成田 おり枝