クロエ・グレース・モレッツ主演ドラマシリーズ「ペリフェラル〜接続(コネクト)された未来〜」が10月21日(金)よりPrime Videoにて独占配信決定。同作の3種類のティザーアートと場面写真5点、ティザー予告が公開された。

同ドラマははニューヨークタイムズのベストセラー作家ウィリアム・ギブソンによる同名小説の映像化。人類の運命とその先にある未来を幻覚のように描いたSFスリラーとなっている。近未来のアメリカ、忘れられたような田舎町の片隅で何とか家族の絆をつなぎとめようとしているフリン・フィッシャー(モレッツ)。ある日、彼女に未来から接触が訪れる。

毎週金曜日に1話ずつ新エピソードが配信開始され、 12月9日(金)が最終話となる第8話の配信となっている。共演は『ミッドサマー』(19)のジャック・レイナー、『L.A.コールドケース』(18)のルイス・ハーサムほか。製作総指揮、監督は『CUBE』(97)や「ウエストワールド」のヴィンチェンゾ・ナタリが務める。他にも製作総指揮として『シンプル・プラン』(98)でアカデミー賞にノミネートされたスコット・スミス、「ウエストワールド」のジョナサン・ノーランとリサ・ジョイらが名を連ねている。

未来からの接触の先に待ち受けているものとは?人類の運命は?「ウエストワールド」のスタッフが新たな世界観で見せる本ドラマの配信を楽しみに待ちたい。

文/入江奈々