“マブリー”の愛称で親しまれるマ・ドンソクが主演&プロデュースし、韓国で観客動員1200万人を突破するという異例の大ヒット記録を更新した映画『犯罪都市 THE ROUNDUP』(11月3日公開)。本作の日本版オリジナルビジュアルと、場面写真が一挙に解禁された。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)、『悪人伝』(19)などでド迫力のアクションと、愛されるルックスで国内外から熱烈な人気を博し、マーベル映画『エターナルズ』(21)にも出演してマーベルヒーローの一員となったドンソク。本作は、そんなドンソクが演じる刑事と犯罪組織の死闘を描いたクライムアクションとなっている。

また、“最狂”のヴィランを演じるのは、NETFLIXドラマ「私の解放日誌」で話題を呼んだソン・ソック。今回完成した日本版オリジナルビジュアルでは、怪物刑事のマ・ソクト(ドンソク)と凶悪犯カン・ヘサン(ソック)が全面に映しだされ、「最強VS.最狂」というワードが、大きく表示されたインパクト大のデザインに仕上がっている。

まるで格闘技の対戦カードを彷彿とさせるように、歴戦の貫禄を見せつける刑事ソクトと、強靭な肉体をさらけ出し、不遜な表情を浮かべるヘサンが対に配置されていて、壮絶な闘いを予見させてくれる。マ・ソクトのパワーアップした拳と愛嬌、キレッキレのアクションで魅せるソックの悪役ぶりは必見だ。

あわせて到着した場面写真では、観る者すべてをくぎ付けにしてしまうほど鍛え抜かれた前腕筋の筋肉美や、チャーミングな笑顔、そして重すぎるワンパンを繰り出そうとする瞬間が目を引く。また、柔道の花形技である一本背負い投げを披露するカットも収められており、前作同様にハチャメチャな格闘シーンが展開を予感させる。さらに、凶悪犯を捕まえるために日々捜査を続ける、衿川警察署の強力班の雄姿や、凶悪なヴィランのヘサンが、大蛇のようににらみを利かす最狂カットも。

韓国では5人に1人が観たというメガヒット作となった『犯罪都市 THE ROUNDUP』。規格外のヤバい刑事が、拳一つで悪を叩くという爽快なアクション・エンターテインメントに乞うご期待!

文/山崎伸子